とんぼ日記2012年

2012年1月~12月の日記です。現在の日記へお帰りの方は上のリンクからどうぞ。

楽屋御披露(12/27)

先日のDQ2二次テパ編を終わって以来、有形無形のエールをいただきましてどうもありがとうございます。先日とんぼは仕事先のラッシュが一段落しましてなんとか落ち着きました。これからゆっくり大掃除です。

>いつもながら~の方、お返事が遅くなりましてすみません。とんぼの大ボラを気に入っていただきまして、ありがとうございます。お尋ねのページは、後で「月と海神の王国」になったお話の創作メモというか準備ページです。楽屋をお見せするようでちょっと気恥ずかしいですが、もう一度アップしておきました。ただし年内いっぱいとさせていただきます。

地味でもあとから美味しい(スルメ)を目指して(12/12)

>一気に読みました、の方、いらっしゃいませ。気に入っていただいて何よりです。今回全12話ですが、サリューがネタを暴きだすのが6話めでした。全体の半分がつまり仕込みということになりまして、辛抱して読んでくださった方にはほんとにありがとうございます。町シリーズのラストにしては地味だったかなと思っていたのですが、“歴史燃えの楽しさ”なんて言ってもらって、あー、ほんとうれしい。目指していた何かをびしっと指摘してもらったような爽快感でした。マホカトールの件ですが、呪文を使ったシーンを確認するためにダイ大のコミックを探して、結局一気読みしたあげくに大好きなエンディングテーマを動画で聞きにいったりしました。やっぱドラクエはいいです。またなんか始めたらどうかお付き合いください。コメントありがとうございました。

アイテムバブル(12/10)

>萌黄さま、いらっしゃいませ。話を膨らませて、と言っていただいてうれしいです。今回のテーマは出来るだけ大きなホラ、でしたので。ボカロネタはここのとこさぼっていたのでちょっとリキ入ってます。DQ5のお話は、ボカロネタを進行しながらぼちぼちネタ出しをやろうと思っています。毎度の例だと現在やっているドラクエからネタを拾ったりするのですが、今回の10は手を出していないのでそれが使えないのですよ。ともあれ、本年は御世話になりました。来年もお見捨てなく、よろしくお願い申し上げます。

テパ編最終話(12/9)

DQ系二次創作「月と海神の王国」最終話アップしてきました。すいません、首狩り族がくれた石板の「マホ……」はミスリードの一種です。この結界の魔法、マホカトールの出典は「ダイの大冒険」。アバン先生とポップが使用しました。うちのサマル君は、立ち位置はちょっとポップに似ていますが、専門の魔法使いではなくMPも足りませんで、一回使っただけでへとへとです。

書きあげた時に相棒から、もうDQ二次は書かないのかと聞かれました。確かに町シリーズは終わりかもしれませんが、ひとつだけ手をつけてない場所があります。正確には町とは呼べませんが、残った場所はロンダルキアです。ただ、住人が一階のモンスターたちのほかは悪霊の神々と大神官だけというメンツで、どうやってお話にしようか考え中です。付き合ってやろうという方は、どうか気長に見守ってください。

さて、本年のアップ予定はこれで終了です。ミラーサイトのへの搬入はもうちょっと続けます。年明けには、前から考えていたボカロ作品、Bad ∞ End ∞ Nightをネタにした二次を計画しています。次回予告に簡単な告知を出してきました。これがまた……エラいブツで……キャラ多いし、複雑だし、死ぬし……うまくいきますように。

昔取った杵柄(12/2)

>素敵な「月のかけら」~の方、ありがとうございます。フェルトはこういうとき大変たのみになります。ほかに貯めこんでいたビーズやワイヤなどで楽しく造りました。ひとつ造るともっと……と欲が出てしまうのが難と言えば難でしょうか。

あともう少し(11/29)

DQ系二次創作「月と海神の王国」第11話アップしてきました。前回のアップ以来、拍手してくださったみなさま、どうもありがとうございます。残るは一話のみとなりました。フラグを全部回収するのでちょっとたいへんかもと思ってます。風邪の方はなんとか声が出るようになりましたが、マスクが手放せません。今年の風邪は長引くようです。皆様もご自愛ください。

風邪をひきこみました(11/19)

思い切り風邪をひきました。ちょっといろいろやばい状態です。とりあえず今回のアップはやってきました。DQ系二次創作「月と海神の王国」第十話です。なんとか年内にかたをつけられそうです。すいません、薬飲んで寝てきます。

文字化けの件ですが(11/14)

>文字化けについて知らせてくださった方、わざわざありがとうございます。ミラーサイトの文字コードですが、テパ編と他のページはすべて統一テンプレから作っていて、コードはutf-8です。比較的文字化けを起こしにくいようです。

ただお知らせを頂いて調べてみたのですが、auのみSJISというコードがメインとか。残念ながら今使っているホームページソフトではauの携帯のブラウザシミュレーターがありません。テパ以外のページで文字化けしたのは、ページ全体でしょうか、それとも特定の部分でしょうか。後者なら、機種依存文字の可能性があるかと思いました。それならその文字を避ければよいだけなので、どのページのどの部分が文字化けしたか教えていただけませんでしょうか。 御手数ですが、よろしくお願い申し上げます。

検索おそれいます(11/7)

>久々に検索したところ、の方、いらっしゃいませ。はい、いまだにこんなことやってますw。自己満足の極みですが見に来てくださる方がいらっしゃるのはとてもうれしいです。広いネット世界には、一つぐらいこんなサイトがあってもいいじゃないか、と思いまして。ヘンリーのお話は現在ネタ出し中です。あれこれ考えているだけで幸せという、たいへん安上がりな体質のとんぼですので。これを機にまたおつきあいいただければ幸いです。コメントありがとうございました。

勇者に似た人(11/1)

>最新話、の方、こんにちわ。くびかり族が気になる方がいらしたと知ってうれしかったです。もちろんいろんな解釈があるとは思いますが、今回はストーリーに沿って曲げていった観がありますね。“魔王を倒せなかった勇者”という解釈が凄く新鮮でした。笑っているように見える(けど、笑っていない)顔とか、敵味方問わず攻撃する狂気とか、そうかも、と思えるところがたくさんありました。今回のはもっとありきたりな展開なのですが、ぐっとくる解釈を教えてくださってありがとうございます。作品もがんばりますのでよろしくお願いします。

きらりと冷たく……は別のお話(10/29)

DQ系二次創作「月と海神の王国」第八話アップしてきました。はっはっは、大風呂敷を広げてしまいました。さて、ハッピーエンドの鍵は、どこに落ちてるのかな……なんとかしなきゃ。

恥ずかしながら(10/25)

さきほど「旅人の服あります」内の既使用web拍手お礼画面にNO.10不定期をくわえ、展示していなかった画像を乗せてきました。このごろサボリ気味でほんと申し訳ないです。愛と感謝はありますので、どうかお許しください。

>月のかけら!のかた、こんにちわ。最新のWii版では月のかけらは名称だけでイメージは掲載されていません。古いガイドブック、とんぼはイラスト集としても大事にしています。DQアイテムはデザインも楽しいですよね。コメントありがとうございました。

超庶民的物質(10/24)

先日日記に書いた月のかけらですが、先ごろなんとか仕上がりました。現在web拍手においてあります。そのうち既使用のweb拍手お礼画像一覧に加えようと思っています。フェルトなので、超自然的物質のはずがなかなか庶民的な味のある月のかけらになりました。

>面白かったです!~の方、DQ5仕様の拍手は昔取った写真を使った物で、見損ねて残念と言っていただけると恐縮ですが、そのうち過去拍手に掲載させていただきます。リクエストと感想、どうもありがとうございました。

拍手ありがとうございます(10/19)

がんばってホラを吹いた甲斐がありまして、おおぜい様から拍手ありがとうございました。後半、気合い入れて書いて行きますのでよろしくお願いします。

↓で書いたアイテムの計画は進行中です。できあがったらweb拍手のお礼画面にすることを考えています。実はとんぼ自身、色合いについてちょっと勘違いしてまして、テパ編第五話ではきっちりまちがったことを書いてました。さきほど訂正してきました、すいません。

フェルトでつくる月のかけら(10/18)

DQ系二次創作「月と海神の王国」第七話アップしてきました。今回の原稿のために古いDQ2のガイドブックを調べて、アイテム月のかけらの色と形を確認してきました。実はその前にグーグルの画像検索で調べたのですが、月のかけらのある場所の地図などはでてきますが、かけらそのものは上の方には出てきませんでした。まあ古いゲームですし、どんな形かなんて気にする人は少ないということでしょう。

そんなわけで、ちょっと根性出してフェルトとブローチ台をつかって月のかけらを造ってみようと思います。だいたいこんなもんだ、と思っていただければ幸いです。

ちょっとだけお祝い(9/28)

昨日(2012年9月27日)は、DQ5の20周年にあたる日でした。大好きなDQ5、ずいぶん時間がたったんですね。長いことプレイヤー&二次書きを楽しませてくれてほんとにありがたいと思います。お礼の気持ちをこめて、拍手はちょっとだけDQ5仕様になってます。家族とモンスターに愛を捧げた20年。でも40年たってもとんぼは忘れません。

忘れてた、DQ系二次創作「月と海神の王国」第六話アップです。七話は来月の中ごろの予定です。

とんぼは仕事でした(9/18)

みなさま、三連休はいかがおすごしでしたでしょうか。さて、DQ系二次創作「月と海神の王国」第五話アップしてきました。ミラーサイトの方のアップはちょっと時間かかりそうです、すいません。

>久々に~の方、犬夜叉とはなつかしい。だいぶ前に書いたものですが今でも大好きな世界です。というか、犬二次のために勉強したことがずいぶん役に立ったし、日本的なもののおもしろさにめざめるきっかけになりました。少年時代の殺生丸の性格については、たぶん原作のイメージを大きく損ねたかもしれません。でもけなげなお兄ちゃんとして描くのはとても楽しかったのです。 時間ができたら、横にコミックスを積み上げてのんびり一気読みをやりたいと思ってます。ネタが浮かんだら書かせていただきますね。コメントありがとうございました。

拍手御礼(9/12)

お返事遅くなりました―。

>ドラクエ5二次の~の方、ご質問は「DQ5主人公×ヘンリーで10のお題」の件でしょうか。あのお題は最後の「親分子分」だけ残っているのですが、トリでもありますし、内容に悩んでいるところです。また「ヘンリー20のお題」のほうは、正直言ってひらめき待ち状態です。などというお答えでよろしいでしょうか?とんぼとしては、DQ5は大好きな世界なので、もういちど書きたいという気持ちに変わりはありません。気長にお待ちいただければ幸いです。

>梅鈴さま、いらっしゃいいませ。まっさきにおいでくださったとは光栄です。テパのお話は気に入っていただけましたでしょうか?前振りの長い話になりますので、謎解きまでもうちょっとお待ちください。モチベーションあげていただいてありがとうございました。

スマホでもお使い中(9/7)

DQ2系二次創作「月と海神の王国」第4話アップしました。すごい速さでイベント進めています。お使いの連続なんで、このへんで時間をかけられませんで。第六話あたりでいち段落の予定です。

さて前にご紹介したスマホサイト(http://moredaru.com/)ですが、連載中の「月と海神の王国」に限りこちらでも公開しています。今第一話から第四話まで置いてあります。同時アップってけっこうきついです。どっちがどっちかわからなくなりまして。何とかしないとと思っています。

>萌黄さま、いらっしゃいませ。そう言えば、検索サイトさんに「連載始めました~」ってお知らせ出すのを忘れていました。ええもう、とんぼはいっぱいいっぱいです。フィッツのパッケは取ってありますよ。写真も撮りました。ちょっとスライム味を噛みしめて元気出さないとね。DQ10は、駅なんかに大きなポスターが貼ってあると気持ちがもやもやします。こんな気分は初めてです。でもやはり当分距離を置くかな……。さっそくのご来店ありがとうございました。第四話も出したんで、よかったらどうぞ。

先生、とんぼさんが息をしていません!(9/2)

先月は先生について、「スマホで閲覧できるサイト」についてずっと勉強していました。なんとか月末までにミラーサイトのテンプレができましたのでお知らせいたします。場所は http://moredaru.com/ です。トップページと、二三のページができたので置いてありますが、二次創作などのコンテンツはこれからせっせと搬入することになりそうです。物理的に疲労のくる生活とミラーサイトに熱中した日々が重なって、ちょっと体力限界です。次のアップまでちょっと自分探ししてきます……。

>元ネタを~の方、お返事が遅くなってすみません。コメントにあったDQを元ネタにオリジナルを、という件、やってみたことはあるのですが、あまりうまくいきませんでした。ヘンリーをモデルにしたキャラがいたのですが、家庭環境まで再現しようとしてあちこちに無理が来て、”これはだめだ”と投げてしまったいきさつがあります。オリジナルを書くには、オリキャラを造る力がないとだめみたいです。でも応援ありがとうございます。いつかそのうちとんぼがどっかで見たキャラを書き始めたら、ぬるめの視線で見守っていただければ幸いです。

スで始まればいいんかい?(8/28)

DQ2系二次創作「月と海神の王国」第三話アップしました。このところちょこちょこ拍手してくださるみなさん、ありがとうございます。読んでるよ!という意思表示と考えて、モチベーションあげてます。日記のタイトルはあれです、コンビニで買ったフィッツマジック・スライム味。スっぱいライム味でスライム味だそうですが、スィートなライム味でもいいじゃん。スマートなライム味とか、スリリングなライム味とか。あとの二つはどんな味か想像つきませんが。

夏はサスペンスの季節(8/17)

DQ2系二次創作「月と海神の王国」第二話アップしました。ええと、ばればれだなと思いつつ、現在伏線を張りまくりです。本物の推理小説家の人はすごいなと思うのが、そういうところです。だって、あとから筋に使う部分が完全に埋没しちゃ意味がないし、でも悪目立ちしても困るし。

関係ないけど、少し前からニコ動で、「Bad∞End∞Night」、「Crazy∞Night」を何度も聞いています。音楽に乗って、なおかつ伏線……て神技ですね。

冷や汗(8/10)

今日は冷や汗をかきました。このところスマートフォンで見られるサイトを目指しています。この「王宮のトランペット」のミラーサイトをスマホ用につくろうと別のドメインを取ったのですが、アップロードのやり方をまちがえて既存王宮のトップページが消えるという事態になりました。なんとか元に戻りましたが、いやな汗をたっぷりかきました。ホームページは難しいです。妙なトップページをご覧になった方、バカなやつめと笑ってやってください。

テパ始めました(8/8)

DQ2系二次創作「月と海神の王国」第一話スタートしました。のっけから捏造全開です。冒頭は6歳の王女と、ゲーム本編では人魂しか出てこないムーンブルグ王とそのお妃(王女のママ)、そして10歳若いドン・モハメです。いきなり地震と津波で申し訳ないです。でも、”水位をあげることのできるアイテム”って、実は大量虐殺兵器になりうるのでは、と思っています。

必勝!(8/1)

>頑張って~の方、は~い、がんばりま~す。5日の日曜日にとある検定試験を受ける予定で今勉強中です。それが終わってちょっと準備したらスタートです。考えてみるとあんまり余裕ないので、ちょっと焦りました。応援感謝です。

果てしなき世界(7/29)

お返事の間があいてしまってすみません。新作はテパ、とこのあいだから言ってますが、イベントの性質上「世界中へお使いに行かされるお話」になっております。DQ2ワールドは大好きな世界なので、楽しく書いております。応援よろしくお願いいたします。

嵐、嵐、ハーゴン(7/27)

>‘ルプガナの嵐'の~の方、「嵐、嵐、ハーゴン」……すごい三題話ですね。ルプガナの嵐は、DQ3のオリビアにからめてしまったので、ザハンの嵐も彼女のせいということになりますでしょうか。ちょっと冤罪かもしれない。いや、無理にルプガナで嵐をおこしたためにザハン周辺の気象が……すいません、予習してきます。記憶をなくした漁師のことはペルポイの話に入れられなかったので、ずっと気になっていました。エンディング後に彼はザハンへ戻ってますよね、確か。

ハーゴンですが、とんぼ的にこのキャラをあまりつかめていないのです。ただの悪役、世界を征服してやる!というキャラだけではもったいない。温存しているところです。逆に、ハーゴンを把握できて、破壊の神々との関係もつかめたら、ロンダルキア編を書いてみたいものです。

ちょっと弱気になってフィナーレとか書いてしまってすいません。細々とでもDQ2は続けていきたいと思っています。こうしてネタを下さる方もあることですし。拍手ありがとうございました。

スマホで見るために(7/26)

>いつもこっそり~の方、いらっしゃいませ。え~、例のページは「携帯やスマホでこのサイトを閲覧するには」という御質問に答えようとサイトを改造しかけた名残です。それがかなり前のことで、サイト内のページ数の多さに泣いて、あきらめかけていました。今回勉強し直すことにして、やっと改造のめどがつきました。そのため、以前の名残は一応御破算にしようと思って削除しました。

実際の改造は、とんぼの苦手なスタイルシートをいじることになりそうです。教えてくれる方がいらしてそちらできっちり修行してきますので、もう少々お待ち下さい。

>丸山先生、というわけです。マジお願いします。

がんばるよ(6/28)

DQ2系二次テパ話のページを更新したところ、早速リアクションをいただきまして、本当にありがとうございます。これがモチベーションというものだと心に納得しました。うん、がんばるよ、ラストまで。

>いつもながら、の方、早速のコメントありがとうございます。とんぼは何と言うか、この下調べの時間がとても好きなのです。うまく作品に生かせるよう頑張ります。応援ありがとうございました。

>テパ楽しみに、の方、DQ2イラスト見ると、とんぼも心の中で思わず台詞をつけてしまったりします(゚∀゚)人(゚∀゚)!拙作ですが、「違和感を感じさせない」と言っていただき、ほんとにうれしいです。うちのロトトリオは書き始めてもう10年ほどになりますが、彼らのことを書くのは今でもとても楽しいです。テパのお話ではとりわけ大ボラ吹きまくりですので、どうか呆れずにラストまでおつきあいいただければ幸いです。コメントありがとうございました。

ドラクエ2とナウシカ(5/29)

先日のこと、相棒がドラクエ2とナウシカの話を持ち込んできました。DQ2の主要メンバーがナウシカのイメージでキャラデザインされたのでは、という件で、相棒が言うには噂話だそうです。ただ王子たちのゴーグルやムーン姫の頭巾などなんとなくそうかも、と思わせられるところもあって、噂としても楽しい噂でした。

ナウシカは、もちろんテレビで何度も放映していたのと、実は家に原作がありまして、そのイメージでとんぼは語っております。ナウシカの舞台になる世界ですが、真っ先に思い浮かぶのが腐海……異形の植物が繁茂し、奇怪な生態系を持つ大森林です。それと同時に、とんぼは砂漠のイメージも持っております。これはたぶん、アニメ版オープニングの影響でしょう。

相棒と話したあと、懐かしくてコミックス引っ張り出してつまみ読みをしていました。アニメージュ・コミックスの「ナウシカ」第五巻、人工的に作り出された粘菌の合流地点へ王蟲筆頭に虫の群が続々と集まってくるシーン、人類にとってはほとんど世界の滅亡に等しいスペクタクルな情景が展開されます。「助けを求める森」、ナウシカはそう悟り、崖の上でそのときを待つのですが、その情景のあまりの静謐さ、壮大な美しさに改めて胸を打たれました。「世界はこんなに輝いているのに」……。

もちろんお話はさらに続き、神聖皇帝のたくらみ、土鬼の人々の動向などどんどん複雑になっていきますが、とんぼにとって「ナウシカ」は崖の上のあの情景、迫り来る滅亡を迎える主人公の静かな表情、の印象が強いのです。

さて、ここでドラクエ。ロトトリオがナウシカの世界に行ったら?世界の滅亡に立ち会うのちょっと無理があり、そもそもタイトルロール主人公に譲るべきですが、滅亡の迫る世界で生きようとあらがう人々の生活の中になら、彼らの登場も可能かもしれません。

アニメージュ・コミックス「ナウシカ」第二巻、剣士ユパが工房都市の酒場で腐海行きの船を探すシーン。雑多な旅人でごった返す酒場が描写されています。小心者の店主、虫使いを毛嫌いする客たち、すれっからしの酒場の娘。 
「剣士さまはお食事?」
「飯、三人前な。ひとつ大盛りで」
(本当はユパが聞かれるのですが、ロレ王子の答えを空想で書いてます。酒場の奥の丸いテーブルの上に縁のすりきれた古い地図を広げ、三人で話し込みむのはどうでしょう。

「おれたち今ここだな。塩の海の海岸か」
「エフタルという国があるはずなんだけどね」
「滅びた、と思うべきかしら」
それまでもさんざん異文化の中を歩き回ってきた三人は、周囲の視線を気にもとめない。酒場の娘が大皿を運んでくる。
「はい、おまちどう」
「お、うまそう」
たぶん、気配りのサマル君がお財布から金貨を出してチップにします。
「これ、とっといて」
酒場の娘は受け取ってから店主と二人、裏表眺めるかもしれません。
「見たことねえな。トルメキアのともちがう」
(ロトの紋章のついた、ゴールド金貨ですから。)

このへんただの空想で、落ちもなにも考えてません。あとなんとなくですが、ロトトリオは立派なメーヴェ乗りになれそうです。三人で三角形の編隊を組んで空をいく、なんてシーンを想像してしまいます。場所は風のマントの影響でやっぱりドラゴンの塔がよいですよね。空想話におつきあいくださり、ありがとうございました。

苦しくったって~(5/18)

萌黄さま、いらっしゃいませ。ゴールデンウィークはお楽しみだったようで、たいへんけっこう……クッキー召しあがりましたか?あの手のお土産にしてはかなりおいしいですよね。

こちらはDQ2の中の、テパのお話を進行中です。シーンに分けて、一番書きたいところをちょこちょこ書き始めていますが、今まで勝手が違ってけっこう難航してます。忙しい中、音楽を聞いたりあちこち出かけたりして、気分をかえながら進めていこうと思います。世間様はDQ10だそうですが、当サイトは昭和だったり……。

いつもながら、コメントで元気をたっぷり注いでいただきましてどうもありがとうございます。めげずに書いてますよ~。

火に油を注いできます(4/2)

>私も見ました~の方、レスありがとうございます。昨夜は相棒といっしょにあっちこっち試して笑い転げていました。ああいう、虚構と現実がちゃっかり重なり合うシーンを味わうと愉快がこみあげてきます。九州とか、それぞれの地方の人が御当地バージョン造ったらすごいことになりそう。とんぼは竜王様を何回も変身させて喜んでました。DQ2ネタに応援ありがとうございます。心の中でなんか燃やしてがんばってきます。

燃料投下にもほどがある(4/1)

すいません、ほんとにちゃんとDQ2ネタつくるつもりだったんです。それなのにとあるところで、というかグーグルマップでー!ドラクエがー!ファミコンなのにー!と、心の叫びが折り重なって、まともにネタ出しできやしねえ……「ドラクエ風ぐーぐるまっぷ」の紹介動画を見たせいで、テンションのベクトルがへんなほうへ曲がってしまいました。エイプリルフールでもいいです。なんか、すっごいうれしい。バグったときとか、音楽がいちいち……、いちいちはまるんです。Google様、楽しい燃料をありがとうございました。

準備ページ、またの名をしつこい自分語り(3/30)

先日のテパネタですが、あの地方一帯の捏造を画像にまとめる作業をただいま行っています。ちゃんとできたら、テパ準備ページをつくってそこに貼ろうと思います。きっと捏造ゆんゆんとしたページになりますが、もしよかったら、おいでくださいませ。

>3/24の日記~の方、なんと、10年前からの常連様とは。ようこそいらっしゃいました。とんぼがDQ2に惹かれるのもたぶんそれ、「いろいろな解釈ができる」というところにあるのだと思います。ロト編として設定されているが、設定されすぎていない。微妙なバランスがいいですよね。今、いろいろこじつけて遊んでいますが 楽しくてしかたないです。拍手とコメントでモチベーションをあげていただきまして、どうもありがとうございました。

ハイテンション(3/25)

>素晴らしい~の方、さっそくのエール、どうもありがとうございます。ちょっとハイテンションで風呂敷広げてみましたが、どうやって閉じようかと悩んでおります。また何かネタがあがったら日記に書きますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

テパ計画始動(3/24)

日記御無沙汰しております。生存報告を兼ねて、今あっためているネタについてちょっと語らせていただこうと思い、日記を開いてみました。

10年くらい前から書き続けているDQ2ものなのですが、ワールドマップにある町のほとんどを訪問して、残っているのはテパひとつだけです。ずっと前からテパテパ言ってきました……が、なにせフィナーレになるかもしれないと思うとさくっとネタが決まらないです。ひとつだけ有望なのがあったのですが、とある理由で没にしました。いちおう書くだけ書かせてください。

テパとくれば水の羽衣。この「水」を四大精霊の一つと考えると、実は他のアイテムがけっこうさらさら決まります。「地」はガイアの鎧(デルコンダルの入手)、「風」は風のマント(ドラゴンの角で使用)。ここまではいいとして、火属性らしきアイテムが存在しません。ただ、時系列上DQ2の前になるDQ1に炎の剣があったので、「今は失われたが火属性を代表するアイテムは炎の剣」ということする、と強引にこじつければできなくもありません。ならばドン・モハメは、水の精霊の加護を受けた特別な職人で、細々と先祖伝来の技を守る孤高の人という立ち位置でしょうか。

しかし!このネタ、以前使ったことがある感じです。DQ5ネタでその中に出てくるアイテムのみで春夏秋冬を代表させたことがありました。というわけで、できれば四大精霊説は使いたくなく、これが没にした理由です。

この手を封じてからというもの、暇さえあればじっとテパ周辺をにらんで考えていたのですが、一つ思いついたことがありました。実はだいぶ昔にゲーム「キャラバンハート」をプレイしたことがありました。御存知の通り、このゲームはDQ2のワールドマップを使い、DQ2以後を時代背景にした作品です。さて、テパはキャラバンハートにも登場します。なんともありがたいことに、「川をさかのぼってぐるっとまわりこむ」などということをしないでムーンブルグ西の関所からダイレクトにテパへ入ることができました。

これが本来のテパだったのではないか?
というのも、DQ2現在のテパはアクセスが悪すぎるのです。
どうしてあんなところに棲んでるんだ?

捏造、もとい、二次創作魂が燃え上がる!………そう、テパからムーンブルグ(に向かう関所)へ続くルートが、DQ2に存在しているとしたら。そのことを村人が他処からきた三人の旅人に教えなくてはならない義理はない、というか大切な秘密のルート、水路が使えない今、生命線に等しいインフラではないですか。ムーンブルグ壊滅後は、テパがひそかにムーンペタから援助を受けていた可能性もあると思います。ここにキーワードがありました。「ムーン」、「月」、「満月」……満月の塔と、月のかけら。なんとなくですが、つながりが見えてきた気がします。こっちのネタは、もうちょっと育ったら書いてみます。

さて、テパ周辺の水路地帯の地図をにらんでいたとき、思いついたことがありました。もともとこの地域に繊維産業を想定していました。根拠はドン・モハメが「羽衣つくりの名人」だったからです。それに繊維産業につきものの染色に豊富な水は欠かせません。しかし、かなり妄想してみても、テパ一つだけでは繊維産業の一大中心地、というには不足があります。

この地域一帯にもっとたくさんの町や村があったらどうでしょう?テパ周辺は踏破できない岩山と河川によっていくつかの地域に分かれています。その中で森になっているところに一つづつ町があったとしたらどうでしょう。森には桑が豊富にあり、養蚕業が栄えている、町のいたるとこに機織舎があり、朝から晩までかしゃんかしゃんと音が鳴っている、川ではできあがった反物に染色を施し、長々と下流に流して糊を洗い落としている、完成品を世界の市場へ運ぶために大きな船が水路を上り下り……。

DQ2現在、このような光景はまったくありません。理由をつけるなら、「首狩り族が跋扈して、すべての町を襲撃し、滅ぼした」というのはどうでしょう。大きな町の織物職人の頭だったドン・モハメはテパへ疎開し、聖なる織り機は人に持たせてザハンへかくまってもらったとしたら。故郷の町も家族も失い、職場再開のめどもたたず、テパにこもってしまったドン・モハメは、偏屈な老人にならざるを得なかったのです。さてここまでお膳立てをしたところで、三人の若者がやってくることになります。どんなふうにお話を組みたてましょうか……。

ホラはでかいほうがいいよな?

旧サイト閉鎖(3/15)

毎度お世話になっております。え~、移転前のサイトは、こちらへの御案内のためにトップページだけリンクをつけて残しておいたのですが、そろそろアカウントを廃止して完全閉鎖したいと思います。今月末を持って閉鎖の予定ですのでよろしくお願い申し上げます。

○十代を越えると月日がたつの早いです……(3/9)

>萌黄さま、まいどどうもー。こちらこそおそれいります。ネタにつながるリクエスト、ありがたさの極みでございました。もともとオフィシャル小説(久美バージョン♪)読んで二次始めたみたいなものなんで、今回原点に返った感がありました。新作もまったりとネタを集めておりますので、またどうかおつきあいお願いいたします。コメントありがとうございました。

ミク寄り設定(2/28)

>黒鋼朝陽さま、いらっしゃいませ。風邪気味につきお返事が遅くなりました。今回マーサさんの性格はお話の都合上、かなりフリーダムに設定しております。本編とうまく整合するかどうかが問題だったのですが、結構良かったと言っていただいて安心しました。コメントありがとうございました。

遅刻もいいところでした(2/24)

>萌黄さま、いらっしゃいませ。はい、神の塔の一階の中庭にパパスとマーサが出てくるシーンでなにか物語ができないでしょうか、とアドバイスくださったのは、萌黄さまでした。というか、今チェックしてみたら2010年の10月の日付でございました!わー、すいません、漠然と去年あたりにリクエストしてもらったネタとか思っていたんですが、なんとおととしでした。まことに遅筆です。もう呆れていらっしゃるんじゃないでしょうか。というか、思えばほんとに長いおつきあいありがとうございます。これからもよろしくおねがいいたします。

ワクテカ(2/18)

昨日完結したパパシンに、たくさんの方から拍手をいただきましてありがとうございました。最初は少し心配していたのですが「DQにボカロを持ち込まないで」という御意見がなかったのでほっとしました。御理解いただきまして深く感謝しています。

>完結おめでとう~の方。一分刻みに何度かコメントいただきました。全部同じ方と思ってよいでしょうか?いちおうそういうことだと思いましてお返事させていただきますね。恋暴走と言っていただきましてありがとうございます。シンデレラの激走というか、大巫女様の暴走です。こういう状況で二人っきりにする、うれし恥ずかしの告白タイム。記憶が強烈過ぎて魂に焼き付いちゃったんじゃないでしょうか。でもヘンリーパパとサンチョは、部屋の扉に貼りついて、中のようすをワクワクテカテカとうかがっていたかもしれません。え~フローラ派とうかがいまして、うちのサイトのデフォがビアンカさんで申し訳ないです。最初の設定を動かせないので、花嫁はずっとビアンカさんのままになってます。ともあれ、楽しんでいただけましたら幸いです。コメントありがとうございました。

>いつも楽しく~の方、いらっしゃいませ。なんとパパス、マーサ、サンチョ、エリオスの道中ですか。たまたまDQ8やってるんで妙にイメージが被ります。ん~、サンチョがヤンガス、エリオスがククールのポジションでしょうか。そう思ったら楽しくなりました。ほんとにいつか、このネタを育てられるといいですね。

肉体言語(2/17)

DQ5系二次「パパスとシンデレラ」最終話×2をアップしました。考えてみると最近ボカロ系のアップをやってないですね。ネタはいっぱいあるというのに。ちょっと反省しています。パパシンのあとがきにも書きましたが、なんとなくパパスとマーサのカップルが気になってます。これ、言ってみれば、ライアン×アリーナみたいなギャップを楽しむカプではないかしらん。

相棒が最近、何周めかのDQ8をプレイしています。とんぼも錬金釜を稼働させるために代理で走っています。今回、格闘スキルを中心にあげていき、レベルの制限で格闘へポイントを振り分けられない時に限って固有スキルをあげております。剣など無用、杖など要らぬ!でもせっせと鎧と上薬草をつくっています。8の画面は美しいですねえ。リメイクするときがあったら、スクリーンショットを撮ってゲーム機の待ちうけにするくらいの追加があったらいいななどと思いました。

拍手御礼(2/8)

>萌黄さま、おいでませ。そういえば今回、カプだらけですね。書いてるうちにビアンカの性格にマーサのイメージのほうが引きずられていって、この義理の母娘が(嫁と姑ですが)、なんとなく似ている気がしています。つまりマーサも実は、元はけっこうアウトドア派の明るい元気な女の子だったのではないでしょうか。最終回楽しみと言っていただいてありがとうございます。ただいま鋭意ブラッシュアップしておりますのでよろしくお願いします。最後になりましたが、丁寧なご挨拶おそれいります。こちらこそ今年もおつきあいよろしくお願いいたします。

滑り込み(2/7 8)

DQ5系二次「パパスとシンデレラ」第三話をアップしました。20分遅刻で滑り込みならず。すいませんでした!

私の愛は緑色(1/26)

DQ5系二次「パパスとシンデレラ」第二話をアップしました。今日は一日忙しい予定だったので日付が変わるとすぐにアップしたのですが、今(午後五時)になって眠くてしょうがないです。

私ごとですが、うれしいことがあったので、ちょっとだけ。前回アップのあとに、古いドラクエ仲間のきょうじつかささん@「かえる商店街」様から拍手とコメントをいただきました。さっそくおうかがいしたところ、トップにかえる愛にあふれたヘンリーがいて、すごくうれしかったです。わーい、わーいとモニタの前でしばらく踊っていました。すいません、たぶんこれからもとんぼはずーっと親分とかえるに愛を注いでると思います!

アマノジャク(1/16)

DQ5系二次「パパスとシンデレラ」第一話、魂の記憶をアップしました。今回のお話の中心はエルヘブンになりますが、青年時代前半のパーティ、特にマリアが参加しているこの時期は大好きで、いつプレイしてもあっちこっちへマリアさんを連れてって、かわいい、時には天然ちっくなことをしゃべってもらっています。とんぼにとっても青春でございます。

関係ないですが、昨日相棒とおしゃべりをしていた時、何かのひょうしにDQ8のことになりました。もう一周したいね、と言われて思わず、うん、と。世間様はすでにDQ10へ移っていかれるようですが、そこがアマノジャクというものです。ほんとにやっちゃうかもしれません。

オイスターソースが味の決め手(1/12)

この一週間ほど、なぜか首の皮一枚で助かるという状況になっています。昨日はクレームになりそうな一件をぎりぎりで事前に阻止できましたし、その前はうっかり切らした調味料を買おうとして棚にあった最後の一つを買物バスケットへ入れました。いつまで続くこの幸運……。いきなり運命に裏切られそうで怖いような一月です。さて先日は新作の目次をつくったところ、拍手をいろいろいただきましてありがとうございます。「ここまで引っ張った以上、ちゃんと書けよな?」という御意見だと解釈して、粛々と準備を進めております。いや、まじで。

>黒鋼朝陽さま、いらっしゃいませ。お返事が遅くなりましてすいません。DQ5二次読んでくださいましたそうで、どうもありがとうございました。もともと5から始めたのでとんぼにとっては原点です。応援ありがとうございます。またどうぞお立ち寄りください。

あけましておめでとうございます(1/1)

新年のご挨拶を申し上げます。昨年は、大は世界経済、日本の大災害から、小はとんぼ個人の再就職騒ぎまで、たいへんな年でした。今年はもうちょっと穏やかだといいなと思っています。

さてちょっとはお正月らしいこともしようかと思い、ほったらかしだった更新記録の年末部分を書きなおし、日記のページを交換しました。新年の予定は、昨年の最後の書き込み↓の通りです。松が取れたら新しい連載に向けて地道にがんばっていくつもりです。どうか今年もよろしくお願いします。また、サイト「るんな館」様、閉鎖とうかがってリンクからはずさせていただきました。あなたの描くイラストも小説も大好きでした。ご卒業おめでとうございます。お疲れ様でした。

追伸:昨年始めたメディアクェリーの勉強は、本一冊読み始めて挫折してます。もうちっと内容の初歩的な解説書を見つけるとこから始めます。PCとスマートフォンでサイトを見られる、あたりが当面の目標です。

そんな気分よ(12/31)(重複)

12月はあっというまに去ってしまいました。ずっと更新できなかったのに見に来てくれたみなさん、どうもありがとうございます。拍手をチェックするたびに申し訳ない思いをしていました。個人的な事情とか愚痴とかはキリがないのでやめといて、とりあえず現状から。

先日から考えていたエルヘブンのお話はだいたい形になりました。インスパイア元となったのは、ミクオリジナル「ロミオとシンデレラ」です。とんぼが書いているボカロ二次と同じように歌詞を入れ込んだバージョンを今のところ考えていますが、全体の最後に出てくる予定です。ドラクエにはなじんでいてもボカロは知らないと言う方も当然いらっしゃると思うので、歌詞をまったく入れないページもいっしょにつくって選んでいただけるようにしようかと思っています。年が明けたら準備ページをつくって一月の内に必ずスタートしますので、どうかよろしくお願いいたします。

今回、ちょっとした工夫をしてみました。過去のエルヘブンのパートはそこへ行った5主がメインの語り手となりますが、現在のパートではヘンリーが語り手になります。実はヘンリー視点の三人称で書くのは、以前「主ヘン十題7恐怖」で一回採用したきりです。視点を持った役は、いわばワトソン役です。ヘンリーはホームズ役であることが多かったのでめったに語り手になりませんでした。この次のお話で謎解きをするのは実はマリアです。元ネタがシンデレラですからね。

さてこの日記は来年からまたページを入れ替えようかと思います。最後になりましたが、ここをご覧になっているみなさん、どうかよいお年をお迎えください。