とんぼ日記2011年

2011年1月~12月の日記です。現在の日記へお帰りの方は上のリンクからどうぞ。

そんな気分よ(12/31)

 12月はあっというまに去ってしまいました。ずっと更新できなかったのに見に来てくれたみなさん、どうもありがとうございます。拍手をチェックするたびに申し訳ない思いをしていました。個人的な事情とか愚痴とかはキリがないのでやめといて、とりあえず現状から。

 先日から考えていたエルヘブンのお話はだいたい形になりました。インスパイア元となったのは、ミクオリジナル「ロミオとシンデレラ」です。とんぼが書いているボカロ二次と同じように歌詞を入れ込んだバージョンを今のところ考えていますが、全体の最後に出てくる予定です。ドラクエにはなじんでいてもボカロは知らないと言う方も当然いらっしゃると思うので、歌詞をまったく入れないページもいっしょにつくって選んでいただけるようにしようかと思っています。年が明けたら準備ページをつくって一月の内に必ずスタートしますので、どうかよろしくお願いいたします。

 今回、ちょっとした工夫をしてみました。過去のエルヘブンのパートはそこへ行った5主がメインの語り手となりますが、現在のパートではヘンリーが語り手になります。実はヘンリー視点の三人称で書くのは、以前「主ヘン十題7恐怖」で一回採用したきりです。視点を持った役は、いわばワトソン役です。ヘンリーはホームズ役であることが多かったのでめったに語り手になりませんでした。この次のお話で謎解きをするのは、実はマリアです。元ネタがシンデレラですからね。

 さて、この日記は来年からまたページを入れ替えようかと思います。最後になりましたが、ここをご覧になっているみなさん、どうかよいお年をお迎えください。

フォークでかいしんのいちげき(12/6)

この週末はちょっと忙しかったのですが、相棒がさらにトラウマをのっけにきてくれました。ファミリーマート製青スライムの虐待ネタです……。トラウマの方は置いといて、実物を見たくてうろつきまわったのですが、さすがに近所のコンビニからはなくなってました。いや、実物を見たいと言うか食べたかったというか、やっぱり虐待かもしれない。うまく手に入れたらこのあいだのお土産ページに掲載したかったのですが、無理っぽいです。

現在、このあいだのパパスネタをひねっています。(メディアクエリーのほうは研究中。難しいです。)資料として久々にオフィシャル小説のDQ5読み返しました。今回は特にエルヘブン関係の文章を繰り返し見ています。4人の長老の名前が設定されてるんですね。これはオフィシャル通りの名前で進行しようと思ってます。なんか、オフィシャルでは神々しいような舞台なんですが、お話はややお笑い方面へ流れております、すいません。

>装い新たに、の方、引っ越し前からのお客様でしょうか。いらっしゃいませ。なんか照れまくりますが、とりあえずまだ書き続けていたりします。ええと、いつのまにか10年やってますね。以前ほど頻繁に更新しているわけではないのですが、読みに来てもれえたらうれしいです。こちらこそよろしくお願いします。

携帯サイト?(11/27)

>いつも楽しく~の方、メッセージありがとうございました。ドラクエ展のページのパンくずリストのほうは単純なミスだったようで訂正してきました。さて、この夏のサイト改装の時は携帯で王宮を見られるようにするというのが大きな課題だったのですが、とても追いつかずにPC版だけで力尽きてしまいました。というか、cssをスクリーン用しか用意しておかなかったため、今になってあわてています。いちおうトップページに携帯用(横230)のトップへのリンクをご用意しました。それだけは見えるというお話だったので、最終更新の行に置いています。けれど、携帯トップから先が全然用意できていません。携帯用cssの導入はぼちぼち研究してみます。とりあえずここだけこう直して、のようなご意見は歓迎しますので(特に横幅)、よかったらまたコメントしてみてください。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

もじもじもじもじ……(11/20)

>白石さま、いらっしゃいませ。DIVAは相棒がやはりセカンドをプレイしてます。ロミシンは有名な曲なので素材にさせてもらうのは緊張しますね。本家では、恋を知り初めた少女が身も心もひとつにと願う初々しさが身上だと思うのですが、それをマーサで表現するあたりに苦戦しています。なにせこちらのサイトではドラクエ健全二次を心がけているものですから、マーサのほうから「ねえ、私と」と切り出すときに露骨な感じにしたくないわけです。うまく象徴的に表現する方法がないものか。もう少し悩んでみようかと思います。メッセージありがとうございました。

強き心を!(11/13)

現在、エルヘブンイベントについて鋭意調査中です。プレイ動画というものがこの世にあるんですね。10年前には考えられませんでした。いい時代になったものです。ただ小説のネタにするとなると、やっぱり自分で再プレイしたいという意欲が湧いてきます。ここんとこWiiばっかりだったのが、PSを出そうかなとうれしく考え中です。しかし、過去のエルヘブンはクリア後のイベントだし、一回しか見られないし……。根性出してもう一周してきましょうか。

>初めまして~の方、メッセージありがとうございました。さきほどつながらなかったリンクを修正してきました。不通になっていたページは全部同じひな形から作ったおぼえがありますので、最初にちゃんと直しておかなかったのがいけなかったらしいです。不通のままになっていたらたいへんな赤っぱじでした。ご指摘ほんとにありがとうございました。数年前からのお客様ということですが、これからもどうかよろしくお願いいたします。とんぼが少々風邪気味につき、お返事が遅くなりまして失礼いたしました。

ねえ、私と生きてくれる?(11/9)

↓に書いたDQ展のお土産の件ですが、こちらにアップしました。興味のある方はどうぞ。

さてだいぶ前になりますが、「神の塔」一階の幻影イベントをネタにできないかとメッセージをいただいきました。DQ5青年時代のイベントのひとつで、5主がヘンリーとマリアといっしょに初めて神の塔へ入った時若きパパスとマーサの幻を見る、というものでです。このときはネタにしきれずにそのままになってしまいました。

ところが先日動画サイトをまわっていたとき、きっかけをつかんだような気がします。「ロミオとシンデレラ」、言わずと知れた有名なミクオリジナルのことですが(sm6666016)、その冒頭。「私の恋を悲劇のジュリエットにしないで、ここからつれだして」。

“ここから連れ出して”ほしかったのは、マーサじゃないのか?

この場合、ロミオをつとめるのはパパスということになりますね。本家では歌の主人公が素直でいいのねと歌ってロミオに助けを求めます。エルヘブン一の高塔に幽閉されていた一族の神聖少女マーサが素直になると決心してパパスを求めたまさにその瞬間を、5主たちは幻影に見ていたのだとしたら?

ちょっとマーサのキャラを見直す必要があると思いました。なんとかネタにできたらまたアップしますのでよろしくお願いします。

20題完結(10/31)

ロトシリーズ20のお題で、DQ3二次創作「それを捨てるなんてとんでもない!」をアップしてきました。ほんとうはリムルダールのお話なのですが、意地でラダトームが舞台です。これで二十題を完結しました。思えば、このサイトで書いた初めてのロト編ネタがラダトームの籠城戦のお話だったので、何かの御縁かもしれません。

さて、相棒が六本木でやっているドラクエ展へ行くと言っていました。お土産を買ってきてくれるそうなので、たのしみにしています。写真撮ったらまたどこかに使いましょう。それと、すっかり忘れてた。思いっきり80万ヒットしてました。そんなにお話アップしてないのに、たくさん読みに来ていただきましてありがとうございます。今度は天空編、できれば5ネタをやりたいと思っています。よかったらまた、おつきあいください。

次はオルテガさんの予定(10/17)

ロトシリーズ20のお題で、DQ2二次創作「ゆうべはお楽しみでしたね」をアップしてきました。ロトトリオが楽しそうにしている情景は書くほうも楽しいです。お題はあといっこ。最初と今回のが偶然ラダトームだったので、最後のも意地でラダトームにしようかと思っています。

さて、今回のネタ元のひとつがバトルロードビクトリー中のリッカ(DQ9)のとどめの一撃『宿王誕生』だったとアップしたページの下に書いておきました。ネットにあがっている動画を何度か見て、今でも楽しんでます。うち、次回、オルテガさんネタなんだ。覆面パンツ……いや、いいんだ、勇者の父、オルテガさんなんです!つい興奮して失礼しました。

新世界の破壊の神(10/12)

先日、うちの勇者君(2)は、サマルトリアの王子とムーンブルグの王女といっしょにハーゴン神殿を訪れていました。ご存知のように初めて入るとここではハーゴンが作り出した幻を見ることになります。なんとなくおもしろかったので、その幻のローレシア城の人々の台詞を書きぬいてみたのですが、なんだか、だんだん……。というか、これはハーゴンのつくった幻影なんですよね?つまり全部ハーゴンの書いたシナリオということなんですよね?

ハーゴンは自分のことを「ハーゴン様」または「ハーゴン殿」と言ってほしいらしいです。なおかつ「いい人」と思われたいみたいです。「強い人」や、「怖い人」、「賢い人」、ではなく、「いい人」。幻のローレシア王は「実に気持ちのいいひと」と彼を呼んでいます。ハーゴン様を信じれば幸せになれる、ハーゴン様の部下になればもう安心だなどという台詞をみんなから聞かされます。

「なんでも世界中の人々が幸せになるために働くのがハーゴンさまの夢だそうです。」(兵士とデートしている女性)

もちろん、ハーゴンがロトトリオをだましているということなのだと思います。思いますが、もしかしてハーゴンは、本当に世界を幸せにしたかったんじゃないでしょうか。最初ハーゴンはどこかクリフトのような純粋な神官で、がんばって修行して、みんなのためにいろいろやってみたんじゃないかな、と。しかし万人が幸せになる方法などそうそうあるわけもなく、いろんなことが空回りしていった結果、自分の“善意”を受け入れてもらえずにロンダルキアに閉じこもり、頑迷無知な人間世界を憎み呪うようになったのでは、けれどせめて自分の城の中に理想の世界をつくりあげて楽しんでいたのでは、などと妄想してしまいました。イメージはデスノート。

けっこうDQ二次を書いていますが、ハーゴンのことをまじめに考えたのはこれが初めてかもしれません。

>王宮のトランペットに~の方、いらっしゃいませ。五年前からのお客様とはたいへん恐れ入ります。DQ2の三人組を気に入ってくださってありがとうございます。彼らのお話は、よく表情を考えながら書いています。というか、場面ごとの主役の顔をイメージできるようになると書きだすことができる、という感じです。今はまだはっきりしないのですが、きっとサマくんたちが笑っているシーンを思い描けるようになる……といいな、と思っています。新作できたらまたどうぞおつきあいください。コメントありがとうございました。

相棒は“要らない子”パーティがいいと言う(10/3)

ロトシリーズ20のお題で、DQ1二次創作「しかし、何も起こらなかった」をアップしてきました。あいかわらず竜王→ローラ姫→←勇者という関係で、同じ20のお題の中の「竜王」の続きのようなお話です。

現在とんぼと相棒はSFC版のロトシリーズをプレイ中です。DQ2はテパネタをひねり出したいとんぼがテパに通いまくって終わらないのですが、いちおう次はDQ3へ進みたいと思ってます。現在、どんなパーティで始めるか考え中。3はこのメンバー選びと言う楽しみがありますね。2のようにデフォルトメンバーで行くのもいとおしいのですが、3や9のような進め方も嫌いじゃない。たとえ世間様ではとっくに終わっても、とんぼ(と相棒)はアレフガルドできゃっきゃっと遊んでいます。

旋風のマサ(9/28)

 先日ロトシリーズ20のお題の目次部分を更新した時にうっかり17.サマルトリア王子~アーサーを二重にしてしまったようです。今回の更新で訂正しました。どうも済みませんでした。

 さて、現在プレイ中のDQ2@Wiiですが、サマルトリアの王子が「トンヌラ」、ムーンブルグの王女が「サマンサ」になりました。それぞれとんちゃんとさまちゃんと呼んでました。が、王女がさまちゃんだとどうしてもサマルトリアを連想してしまうので、相棒と二人で何か別のサマルトリアっぽくない名前はないかねと考えていました。結局ふた文字目のマと最後のサで、「マサ」になりました。

 そのせいでもないと思うのですが、王女は急に張りきったように見えます。王子二人より先にバギを放つ、まどうしの杖で殴ってとどめを刺す、気合いが違います。最初のマサ姫から呼び名がかわって“火の玉のマサ”とか”旋風のマサ”というイメージになりました。モンスターに眠らされた王子二人を背後にかばってバッサバッサとバギで敵を切り刻み、薬草を横ぐわえにして回復しつつ、うっかり近寄ってきた魔物を杖で殴りつけるかっこいいお姐さんです。きっと敵を倒した後で、杖でがんと殴って従兄弟たちをたたき起すのだろうと思います。

>お引越しの完全終了~の方、いたわってくださいましてどうもありがとうございます。完全!と言いきってみたものの、よく見るとあっちこっち修正が必要だったりして面目ないです。とんぼは↑のとおり、ゲームもサイトのほうも楽しくすすめております。またおつきあいよろしくお願い申し上げます。

フィールド(≒路上)出たら「仮免勇者」(9/25)

 ちょっとだけ竜探しから帰って来ました。久しぶりに据え置き型のハードでのドラクエだったので相棒といっしょにわいわいゲームやるのが楽しかったです。ドット絵っていいよね、落ち着くね、と言いながらのプレイでした。ちなみに勇者のレベルがひとつ上がるとリモコン交代です。さて天空編では、キャラクターが特別な行動をするとそれなりの称号がついたのを御記憶でしょうか。またDQ5だと主人公のステータスがかなり細かく変化していました。今回WiiでDQを遊びながら、このステータスとか称号をDQ1かDQ2でやるとこうかな、ああかな、と言いながら遊んでいます。↑の「仮免勇者」もそのひとつです。それと現在DQ2で竜王城についたところですが、ついつい無口な主人公や旅の仲間たちに台詞をつけてます。ドラクエの楽しさってこういうところだったのかな、と再認識しました。というか、とんぼの書くものはだいたいこのへんが原点なんだろうと思います。

え~今回、次回予告を更新いたしました。ロトシリーズ20のお題で新作を書きますのでその予告を出したりしています。これでついに、当サイトの現行のページすべてが完成しました。引っ越しの終了です。けっこう、長かった。よかったらまた見に来て下さい。よろしくお願いします。

言うまでもなく(9/16)

ホームページに書いたのは、限りなく本当に近い冗談です。管理人はちゃんといてサイトの更新に努めております。が、当分の間浮足立っておりますので、このページに妙なことを書いてもどうか温かい目で見てやってください。

>こんにちわ、以前~の方、またお目にかかれてうれしいです。あのときは楽しい設定をいただきましてどうもありがとうございました。とんぼの出した答えがお眼鏡にかなうようなら幸いです。あのときはロト編発売までまだまだ先と思っていたのですが、早いものですね!お楽しみはこれからだ、と思っています。コメントありがとうございました。

拍手御礼(9/13)

>はじめまして~の方、いらっしゃいませ。ニコ動のup主様とお話する事は珍しいのでうれしいです。「ドラクエメンバーでじょーじょーゆーじょー」、視聴させていただきました。好きなキャラがたくさんいてすごく幸せです。ベストフレンドのところで”奴隷王族コンビ”が出てきて、液晶の前できゃーきゃー言っていました。とちゅうでイケメンヘンリーが何を悩んでいるのかと思ったら、5主への手紙を書いていたとは……こちらまで照れてしまったり。少年時代の5主が青年時代の5主に替わるところも楽しくて、堪能しました。
 DQ4お好きなのですね。ヒャダインさんとDQ4の組み合わせはロイヤルストレートフラッシュ以来視聴者の方が訓練されてますのでまったく違和感ないです。グラサンスーツのピサロがいい味だったので驚きました。導かれしみなさんに、むらむらとスーツ作ってみたくなったりしています。
 さて拙作ですが、お読みいただきましてありがとうございます。4-5コラボはもっとやってみたいのですが、今のところ寿命の関係で魔族とエルフぐらいしか登場できていません。「ドラクエメンバー~」のカオスっぷり、楽しさ、おもしろさがうらやましいです。小説ももっと精進しますので、また見に来てくださったら幸いです。コメントありがとうございました。

>蒼夢さま、いらっしゃいませ。先日はお邪魔いたしましてすいませんでした。いろいろご無沙汰申し訳ありません。今月はあちこちでロトシリーズが強調されているので、「空の樹の下」さまを思い出す機会がたくさんありました。どうかこれからもよろしくお願い申しあげます。

追記:↓で書かなきゃいけなかったのに忘れていたこと。元ネタはDQ5二次、「強き心は」です。

そーっと(9/10)

今日はうれしいことがありました。なんかすごい絵師さんが、とんぼの作品を漫画化してくださるとメールをくださいました。わ~い。未完成原稿を拝見しましたが、やたらかっこいいです。お許しが出たら詳細ご説明します。(2011年9月6日)

↑のが、先日トップに出したお知らせです。えーと、お伺いをたててみたのですが、とんぼのはしゃぎすぎが絵師さんのプレッシャーになりかねないということがわかりました。というわけで、少しこのお話はそーっとしとく、ということにさせてください、すいません。

>萌黄さま、いらっしゃいませ。とんぼもドラクエでオンラインは不安です。なんか普通の、というか、王道RPGを求めているんですが、それじゃだめなんでしょうかと思います。はあ……。シブいお話はおいといて、漫画化計画は絵師さんのところで公開になる予定です。でもお忙しい方なので、ちょっと遠くから見守ろうかなと思ってます。小さい声でがんばれ~とかね。引っ越しの方はおおかた片づけが終わりました。またおいでくださればうれしい限り。これからもよろしくお願いいたします。

昨日の続き(9/6)

 昨日は混乱のあまり、いただいたご連絡の半分だけ見てお返事してしまったようです。すみません、本日、お返事の残り半分です。

>ごーすとばばやん様、リンクの貼り替えありがとうございました。青髪王女、フローラさんとこのお嬢さんですね。早くお母さんと一緒に写真におさまるといいですね。がんばってくださいまし。

>容疑者ピエールを~の方、いらっしゃいませ。原作キャラ、オリキャラともにかわいがっていただきましてありがとうございます。「容疑者ピエール」はこのサイトの二次の中で最も難航した作品ですが、できあがってしまうとすべていい思い出です。ヴェルダー卿とヘンリーは……それぞれパパスと5主という、自分とまったく性格の違った人間を大好きだという……ある意味で似た者どうしなのだと思います。楽しんでいただけたようでうれしいです。コメントありがとうございました。

とんぼは混乱している……(9/5)

ドラクエ10は、オンラインなんですかっ?!どうしよう……おろおろおろ、という感じでとんぼは混乱しています。とんぼに欠けているものはひとつやふたつじゃありませんが、なかでも“時間”というものがとにかくありません。だからRPGはとんぼにとってゆっくりじっくりマイペースで進めるものだったんですが、今度はそんなことしていられないんでしょうか。ま、まだ情報不足です。もうちっとようすを見たいと思います。ナンバーのついたシリーズ作品をスルーするなんて辛いです。

さてお話変わって、先日から当サイトとおつきあいのあるサイトさまへ引っ越しの御連絡をさしあげていました。丁寧にお返事を下さったみなさま、どうもありがとうございます。メールをくださった皆様、こんなとこにお返事を書かせていただいてます。見てくださってるかどうかわからんというのに……自己満足ですみません。これからもよろしくお願いいたします。

>あきと様、わざわざのお返事恐れ入ります。どうかこれからもよろしくお願い申し上げます。

>そらはち様、「いつまでも、あると思うなそのサイト」。もう座右の銘にしようかと思います。ロトの100題見てくださってありがとうございます。というか、ちょくちょくおいでいただいていたとは。お題攻略中ではお忙しいと思いますが、またどうかお立ち寄りください。

>望月三円様、リンクページの件はお気になさらず。こちらも身辺が落ち着くまでは新しい相互リンクは遠慮させていただく方針です。そのへんが自由なのが個人のホームページのいいところ、ということで。「四つ葉の姫君」、のっけから王子様二人がたいへん豪華ですてきでした。またお邪魔させていただきますね。

>星出 幻様、正直言って、「とんぼって誰だ?」と言われてもしかたないほど御無沙汰しておりましたのに、お返事ありがとうございます。DQ10の発表、ありましたね。オンラインで何人か勇者ヨシヒコが現れるのではと思ってます。

>白石 妙奈様、お返事ありがとうございました。ボカロ二次とはうれしいお話を うかがいました。正統派しかも文章力の高いもの書き様がボカロ二次を書いてくださるのは本当にうれしいです。とんぼの知ってる歌があるかなっと今から勝手に期待しています。(実は長いこと「呪いの眼鏡」の二次化を狙っているのですが、なかなか手ごわいです。)これからもよろしくお願いします。

拍手御礼(9/3)

>わー、藤原さんだー。お返事までいただきましておそれいります。サイトの管理は楽しいことばかりとは限りませんが、やりがいがありますね。でもお体にはほんとに気をつけてください。ロト編復刻版は、とんぼ的にたいへん楽しみにしています。どなたかセンチメンタルプレイ日記をやってくださらないかしらん、なんて煽ってはいけませんね。コメントありがとうございました。

>最近ドラクエ5に~の方、ようこそいらっしゃいました。とんぼの書くヘンリーをかっこいいと言ってくださってありがとうです。どうもうちのヘンリーは、ゲームバージョンよりいたずら度二割増、腹黒さ三割増となっております。こんなもんでよかったら、どうぞまたおいでください。お待ちしています。

>改装お疲れさま~の方、ソースコードをいじり続けていたので、ストレートなお言葉が胸にしみました。十年も何やってたんだ、ワタシは……と思っていましたが、なんかまた次の十年も頑張れそうな気がします。元気をいただきました。ありがとう。

胸躍る百題(9/2)

先日、拙作「ロトシリーズ20のお題」を改装していたとき、ローカルのフォルダにもともと発表された100のお題が残っているのを見つけました。しばらく改装の手を休め、うっとりと読みふけってしまいました。↓でロト編復刻のことを書いた時もう一回見に行って、楽しかったので相棒にも見せびらかしました。

そのとき相棒からこの元の百題、ネット上にもあまり残っていないのではと指摘を受け、まさかと思い、ぐぐってみました。……探し方のうまい下手もありましょうが、どうも相棒の言うとおりのようです。配布元様のページが削除されたのは知っていましたが……。でも自分だけでこの百のお題を楽しむのはもったいないような気がしたので、突然ですがページをつくってしまいました。興味のある方はDQ小説一覧→ロトシリーズ20のお題一覧へどうぞ。

ただし、とんぼはオリジナルのお題を制作したわけではありません。そのへんはちょっと気が引けますので、今年の10月を過ぎたら削除しようと思います。

拍手御礼(8/30)

WiiとDQ25周年記念I~III、予約しちゃいましたっ。今月になってから虎視耽耽とねらいつつ、財布とそうだんしていたのですが、ついにゲットできそうです。相棒から、Wiiのお初はDQだからっ!と言われて今まで封印してきたものもようやく日の目を見そうです。来月、楽しみです。

>改装、お疲れ様~の方、ねぎらっていただきましてありがとうございます。ただいまちょっと浮かれておりますが、またきっと小説書きたくなってくると思いますので、そのときはまたお立ち寄りください。

人形サイトは改装終了(8/25)

人形写真を展示する別館は改装を終了しました。長年の懸案だったページの整理ができたので、当初の目的はこれで達成です。あとは残っている二次テキストの改装ですが、8月いっぱいには終わると思います。正直ちょっとバテました。とりいそぎ、ご連絡まで。

冷や汗(8/21)

このところ主として「とんぼの福袋」に収めた二次創作小説のページの改装を行っていました。一度アップしてしまうとあまり見に行かなかったせいで、いまさらになって誤字に気付いたりしています。それでなくても「ああっ、こんなこと書いている!」という魂の悲鳴を上げ続けていました。今日の関東は涼しいのに冷や汗だらだらです。若いってのは、ある意味恐ろしいです。

さて、当初、今月の26日をめどに引っ越しという計画でした。現在改装の残っているページの内、リンクの方は引っ越しの形がついたころからぼちぼち御挨拶を差し上げたいと思っています。それから小説でない文章の特に台詞集ですが、今見るとちょっと見づらいものがあります。これに関しては行間や背景などを含めて少し時間をかけたいと思います。それらを除いたページは予定通り8月26日には改装を終わることができ……るといいなあ。改装終了と同時に旧「王宮のトランペット」は役割を終え、ある程度の時間を置いてフェードアウトしたいと思います。

もうそろそろ本気で小説書きたいです。Wiiも欲しいですっ。

追記:人生初の~の方、いらっしゃいませ。愛を読みとっていただきましてありがとうございます。ほんとにアニメとかになってキャラが台詞をしゃべってくれたら、残りの人生の寿命、半分くらいあげてもいいかなと思います。お初拍手も何かのご縁、これからもどうかよろしくおつきあいください。

改装の間に(8/19)

現在改装は、「とんぼの福袋」にとりかかっています。この日記で進捗状況を御報告しようと思いましたが、はかばかしくないものでまた今度とさせていただきます。改装の合間にちょっとネタをいただいてしまいまして、そちらに夢中になっていました。でもがんばってます、マジです。

>16日の「こんにちわ~」の方、楽しいネタを投下していただきましてどうもありがとうございました。ここ三日ばかり夢中でひねくりまわしてみました。ご質問は、「3の神竜や4のダークプリースト、5のエスターク……といったクリア後のエクストラステージを1や2に用意するなら?」というものでした。

さて、問題点はまずシナリオにあると思います。4のダークプリーストや5のエスターク、言及がありませんでしたが6のダークドレアムもシナリオに名前があったり登場していたりしました。天空編独特のラストステージです。ところがDQ1はきわめて、2もあるていどシナリオがシンプルでエクストラボスの出番がありませんでした。

参考にすべきは3の神竜、そして7の神様でしょうか。味方の大物が敵として登場するステージです。理由はやっぱり「○ターン内に私を倒したら、××をしてあげよう」という約束だろうと思います。

味方の大物。これが意外に難しい。まず、難易度低い方からいきます。DQ2のクリア後ステージでは、クリア直前のセーブポイントに新しい旅の扉が現れ、そこから飛んでいくと世にも美しい花咲く草原に着きます。呼び声に答えていくと炎のような赤い髪の女神が現れます。「よくぞ来ました、ロトの子孫たちよ。我こそは精霊ルビス……」なんていうシナリオでいかがでしょう。

御褒美はそうですね、ムーンブルグの復興なんてところから始まって、武器や防具の性能が飛躍的にあがるとか、どうでしょうか。実は闘うたびにルビス様もめちゃくちゃ強くなり全体攻撃技でがんがん削ってくる、というのも考えました。そこで!掟破りの4人パーティを提案します。すでに対ルビス戦をクリアしている場合に限って召喚アイテムをもらっている、というのはどうでしょう。一回使うと一人助っ人が来てくれます。伝説の勇者ロトだったり、大賢者だったり、あるいは竜王だったり。遊びすぎを許していただけるなら、竜王のひ孫、盗賊ラゴス、オリビアの亡霊なんていうのも、シナリオとしては楽しいかもしれないなと思いました。

さて、DQ1エクストラステージ、どうする?!DQ1には、実は精霊ルビス様はいなかったんじゃないでしょうか。“味方の大物”さえ使えません。最初の勇者は本当に孤独な旅人なのです。そこで、エクストラのラスボス戦と言う設定そのものを捨てます。クリア後の彼の闘いはローレシアの建国でどうでしょうか。世界各地をまわり移民を集めて町(ローレシア)を作っていくプロセスです。

今、国にどれだけの人がいて、これからどんな職業の人がほしいとかはローラ姫に聞いてプレイしてください。あと、どこへ行くと移民がいやすいとかも知っていると思います。なにせ、勇者の居場所をずっと掌握していたんですからね。お手のものでしょう。ローラ姫とともに国をつくり、民を守り、産業を奨励し、兵士を育て、国力をあげていく。もちろんその国はやがて三つに分かれ、サマルトリアとムーンブルグになるのだが、ローレシア王の眼は常に海の彼方のロンダルキアをにらみ、来るべき闘いを予感している……なんて、すごく時間のかかるエクストラステージだこと。

御趣旨に添うものになったかどうかはわかりませんが、いただいたネタを元に楽しく遊ばせていただきました。最後になりましたが、拙作もお読みいただきましたそうでありがとうございます。ペルポイ編とマイラ編でがんばったところをほめていただいたのがうれしかったです。これからもよろしければ、末永くおつきあいくださいませ。

ドールページ更新(8/16)

ドールのほうで、シャークアイのドールの写真とタロットカード計画の改装を終えました。ドールはあともう少し。そろそろDQ以外の二次創作小説のほうにもとりかかっています。すべて引っ越し終わるのを8/26と予定しているので、もうちょっとペースを上げたいところです。お盆はずっとPCの前でした。

先日、そのお盆にもかかわらず、DQ小説同盟さまに修正をお願いしに行きました。そうしたら修正依頼を出したすぐ次の日、とんぼのところに「修正30件」という記録がついてました。もっと小出しに少しづつお願いすればよかったんですが、本当に申し訳ありません。

あの、今度、未登録の作品をお願いしにいっていいですか……?

DQ5ページ(ドール)、「魔王様の作り方」全通(8/13)

昨日の12日は楽しい夏のお祭りでしたが、みなさまいかがおすごしでしたでしょうか。とんぼはあいにく仕事が入っていましたが、相棒が西ホールへ寄るというので、お土産を買ってきてもらいました。やっぱりドラクエは楽しいです。

DQ5ページ、全部改装終わりました。いろいろ細かく分かれていたのを整理整頓して、1ページにだいぶ詰め込んでしまいました。ローカルでの記録に寄ると、一番重いのが14KBだということです。魔王様の作り方(ピサロ人形のメイキング記録)も開通しました。

ぼちぼち検索の登録の方も変更を始めています。相互リンクしていただいているところにも、変更のお願いに上がる予定です。まったりとまいりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

人形のDQ5ページ開通しました(8/10)

人形館のDQ5ページにリンクを貼りました。といっても、生きているリンクは9のヘンリーまでです。そこまでは意地でやりました。残りのリンクは、工事中のページへつながりますのでご注意ください。

改装以来、こちらへの御訪問ありがとうございます。御意見やご指摘は歓迎しています。不具合などありましたらトップページに置いたメルアドか拍手ボタンのメッセージなどでお知らせください。

日記を引き継ぎました(8/7)

8月になったところで、一気に改装のペースがあがりました。本日、旧「王宮」から、こちらへ日記を引き継ぎました。よろしくお願い申し上げます。

こちらのサイトでは、前に会った自己満足っぽい自己紹介などを消し、できるだけジャンルを整理しました。その結果行き場のなくなった更新の記録は、この日記からご覧いただけます。と言っても、ここ数カ月いかにさぼっていたか一目瞭然というものですが。

ドールサイトのほうはフレームそのものをやめにしたいので改装に手間取っています。本気で写真をもっと上手にとれるようになりたいです。

そろそろ7月終わります(7/30)

明日を勘定に入れないとすると、もう7月も終わりです。今のところ二次創作ページの改装は、DQ5系終了、DQ2系半ば、というところです。ドールページの改装にも手をつけました。8月になればもう少し改装ペースがあがるはず。すべてのリソースをHP改装に取られていて、小説を書くことができないのがけっこう辛いです。

お商売で文章書く人は、どんなふうに時間使ってるのかなとこのごろ思います。たまたまいきあたったブログで、外出時にネットブックを持って行って原稿書いていると言う人がいてあこがれました。お金ができたら、モバイルな入力装置をなんかほしいかも、と現実逃避的に空想しています。

小説「トランペット」は改装終了(7/20)

整理いっしょうけんめいやったのに、うちの看板作品はファイル59個分ありました。とにかくやっとDQ5系が終わったので、今度はDQ2系やってきます。目標は8月!というか、DQ2系が全部改装できたらWii買っちゃおうかな、と思ってます。

関係ないですが、このあいだ動画サイトへ行って、ルカさんの「魔女」を聞いてきました。前に一度聞いて以来かなりの中毒となってしまい、ひまがあると聞きにいってます。いつだか二次創作小説でルカと人形を火あぶりにしてしまったのでどうも寝覚めが悪かったのですが、天下のすずきPさんが曲を作ってくださってちょっとほっとした気がします。「魔女」のラストでルカは、解釈によっては焼死ではなく黒い鳥と化して逃れていったようにも取れるので。作者様はわりあいと自由な解釈を許しておられるようです。さてここで、タイトルとなった魔女とは、実は火刑を命じた尼僧(PVではミク)の意、という解釈はどうでしょうか。

少し進みました(7/12)

小説「王宮のトランペット」は、ページの整理が終わりました。以前は回線が細かったので2ページにわけていたのを1ページにするなどの作業です。これからあらかじめ決めておいたテンプレにあわせて一ページづつ改装を進めます。読んでみて思ったのですが、ヘンリーの性格が変わってきているようです。若いころはけっこうケンカっぱやい感じで描写していたのですが、あとのほうになるとぐっと陰険になってます。たぶん書いているとんぼにあわせて彼が年を取っているんでしょうね。ちょっとした発見でした。

>これから暑い盛りを~の方、なかなかお返事できずにすみません。こちらは関東にいますが、昨日今日の暑さにくらくらしております。7月の内は一ページでも進めばよし、という気でやってます。お気づかいありがとうございました。

経過報告(7/7)

現在、DQ二次小説のページは、百ページほど改装が終わりました。でも、うちの看板「王宮のトランペット」は手つかずです。んでもって、ロト系とか他のDQもまだ。それが終わっても、ドールサイトと「とんぼの福袋」が待ってます。

今ちょうどTVで「魔女の宅急便」やってます。自己嫌悪にかられたキキのように、ベッドにばたっと倒れて顔をうずめたいと、真剣に願ってみたり。今は一日に1フォルダ改装できればラッキーなほうです。なんでこんなもん、こんないっぱい書いたんだ、ワタシは。

とは言え、昔書いたものをまとめて読み返すいい機会でもありました。読んで思わず赤面する文章もありましたが、懐かしかったです。今月を乗り切れば改装もペースがあがると思います。誰よりも自分に言い聞かせるために、ここに書いてみました。

拍手御礼(7/4)

現在サイト改装中で、ずっとソースいじりの作業が続いています。プライベートな事情で自分のHPにさける時間が減ってしまいました。先週までで改装したページは50ページ以上……でもまだDQ小説の5系列終わってない……(でもドリームウィーバーには少しだけ慣れました)。改装作業はとりあえず進んでいますが、ここんとこ小説を書いてないっ!ちょっとしたストレスです。

>はじめまして、の方、ようこそおいでくださいました。いつも思うのですが、ドラクエの町の中って、きっといろいろな人がいるにちがいないと思うのです。容量が足りないのでゲームには出てこないだけで。いろいろな人たちがいて、それぞれドラマがあり、主人公といろいろな場面で出会っているんだろうなと考えるのが好きです。このサイトのお話はそんな想像から生まれたお話です。一生懸命書いたところを読みとっていただいて、二次創作者冥利につきます。ちょっと心が疲れたところへ、「生き生き」していると言っていただいてうれしかったです。コメントありがとうございました。こちらこそ、これからもおつきあいよろしくお願い申し上げます。

人はそれをツンデレと呼ぶ(6/10)

>萌黄さま、いらっしゃいいませ。世代交代と言う話になると、確かにパパス→5主ですから、ヴェルダー卿→ヘンリーともいえるパターンかもしれません。新旧友人どうしが集まっていろんな話をするなんて、想像すると楽しいですね。ヘンリーも5主に対して、ほんとは大好きなのにぶっきらぼうだったりすることがありますが、案外ヴェルダー卿もそんなもんかもしれません。「パパス殿下、いつもいつもそのような……!」みたいに怒るのがヴェルダー卿の役、「あ~わかった、わかった。大目に見てくれ、な?」みたいな反応するのがパパスの役、のような感じでしょうか。連載開始から終了までたいへん時間がかかりましたが、ずっと応援して下さってありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

御感想ありがとうございました(6/4)

>容疑者ピエール~の方、コメント頂戴いたしました。引きこまれるお話と言っていただいてとてもうれしかったです。書いた方は、なんとも理屈っぽいブツになってしまった、と落ち込んでいたのですが、気持ちがぱぁっと晴れました。改装と引っ越しはゆっくりやるつもりです。改装が終わったらあちこちへ登録しに行こうと思います。引っ越し後もおこしいただけるなんて恐縮です。どうかこれからもよろしくお願い申し上げます。

>八識一さま、いらっしゃいませ。5主がナウシカパワー(?)全開になってます。ヘンリーが彼の正体を昔から知ってる、というのは、旧作(「運のいい男」と「恐れ」)で使った設定を使いまわしてしまいました。これで三回目なんで使い過ぎですかね。予想を上回ったと言っていただけると書いた甲斐がありました!なんか書いている間に例の頑固爺さん、ヴェルダー卿がだんだんかわいく見えてきました。ある意味で、ピエールの人間版です。敵役が必要になってひょこっとわきだしたキャラなんですが、いつかそのうちパパス様のお話を書くときに出番がないかな、などと今から思ってます。気合いの入ったコメント、どうもありがとうございました。

引っ越し先は漏れ樽(6/3)

「容疑者ピエール」最終話、無事にアップすることができました。構想したのは、ちょうど第一話に出てくるように春先でした。丸一年、あるいはそれ以上かかりましたが、なんとか無事に連載を終えました。変わらぬ応援ありがとうございました。特に長い休止の間に「忘れてないよ」「待ってるよ」と言ってくださったみなさんには、声を張り上げて御礼申し上げたい気分です。最高のタイミングでの燃料補給、とてもうれしかったです。また、こんなところをご覧になっているかどうかわかりませんが、法律上のアドバイスをくださった「ぽち」様、お忙しいところをおつきあいくださいましてまことに恐縮です。心の中で手を合わせております。

 さて、引っ越しの件ですが、以下のようになりました。

新サイト    http://leaky-barrel.com/ 
新しい連絡先   info@leaky-barrel.com 

 この独自ドメインですが、leaky barrel つまり水漏れする木の樽です。ドメインを決める時、候補に用意した単語がほとんど先に取られていたり、いろんな理由でパスしたりしたあと、とんぼは軽くヤケになっていました。で、キテレツな単語だったら先に取得している人もいないだろうという理由でこの「漏れ樽」を選びました。旧作「王宮のトランペット」の中でヘンリーがラインハットの新造帆船につけた名前、というか、ゲーム本編で5主人公、ヘンリー、マリアの三人がその中に入って大神殿から脱出したヨシュアの樽が命名の由来です。とんぼにとっては覚えやすい名前だったので、これになりました。でも今考えると、ストレートにmoredaru.com でよかったんじゃね?……orz

>改装はいろいろと~の方、いたわっていただきまして恐れ入ります。10年も無節操に駄文を垂れ流し、ページを増やし続けたツケが今になってまわってきてます。二か月ほど時間をいただくことにしましたので、なんとかやってみます。コメントありがとうございました。

改装やります(6/1)

 今年の8月、ドールサイトを置いているところがサービスを終了するそうです。とんぼは8月で契約を終わり、そのあとべつのところへ移転することにしました。すでに独自ドメインを取得しました。いろいろ迷ったのですが、この小説サイトもいっしょに引っ越ししようかと思います。これから2カ月かけて改装と引っ越しを行う予定です。移転先URLなどは今週の金曜日のアップのころまでにちゃんと用意してご案内します。また、それにともなってメールアドレスが変わります。御連絡のある方は、よろしければweb拍手の方でお願いできませんでしょうか。

 そのあいだ、原則としてドールサイトはお休み、ただし小説はすべて閲覧できるようにしておきます。が、ときどきリンクが切れたりするかもしれません。御不自由をおかけいたしますが、どうかよろしくお願いします。

>みぃめ様、いらっしゃいませ。御感想いただきました。「それぞれの正義」ってテーマをずばっと突いたいい言葉ですね。小説から何かイメージを受け取ってもらえた気がしてうれしかったです。「大神」のほうは、公式サイトまで行っていろいろ楽しんできました。どうもWiiというとアクション重視と言う気がしていたのですが、がんばってみます。コメントどうもありがとうございました。

 知ってる曲なのに歌詞が出てこない。先日大きな幹線道路の脇を歩いていた時、どこか遠くの方で車がゆっくり走りながらメロディを流していました。それほどテンポは速くないけど明るくて人を元気づけるような旋律でした。なんだったかなあと思っていると、車が近づいてきました。まだ距離があって歌詞は聞き取れなかったのですが、たしかにボーカルがついていて、高めの子供のような声でした。

 頭の中でメロディにあわせてラララで歌い、知っている歌詞がやっとでてきてメロディにぴたっとあいました。かゆかったところに手が届くようで、あれはなかなか心地よいものです。次の瞬間、大音量をあげて練馬区●●と書いた車が傍を通り過ぎて行きました。

「よっこら、せっ……」

練馬のみなさん、あれは区の広報車だったんですか?なんて、カオスな街なんだ。練馬なめてました。まことに申し訳ありません。

太陽は昇る(5/23)

 ピエールのお話第12話、アップしてきました。さて、相棒にWiiを買うかもしれないと言ったら、金は少し出す、口も多いに出すと言ってくれました。CAPCOMの「大神」をプレイしたいのだそうです。「大神」は未プレイ、簡単なあらすじとテーマソングだけは知ってます。「大神」ならとんぼもやってみたいので、Wiiが来たら楽しくなりそうです。でもリモコン難しいですかね。

アンナに会えるのか、とんぼは……。

Wiiへドラクエ1~3移植というお知らせを聞いて、最初にそれを考えました。だってFCのDQ2が入るというんですから。おおお、なんてこった。ペルポイにちゃんとアンナを置いておけばよかったよ。それにテパもプレイし直すことができそうです。モハメのじいさまにも会えますし、なかなか楽しみです。
 人によっては次は天空編の移植という説もありますね。え、4もFCが入るのかな?ピサロ様は「引き上げじゃあ!」と言ってくださるんでしょうか。今年の9月が楽しみです。

でろでろでろでろ~はナシの方向で(5/19)

 いらっしゃいませ、萌黄さま。ロト編三部作、どうも中高年ホイホイみたいですね。懐古趣味と言わば言え、ひたすらにうれしいんだ!と力説したい気持ちでいっぱいです。特にファミコン版がつく、というのは、そういう世代を対象にしているんだと頭ではわかっていますが、のせられますね。同年代の者が集まると、「最近パチンコ屋さんのポスターで知ってるのが多くて困る」という話になったりします。ドラクエはなんかパチンコになってほしくなかったので、別ゲーム機に移植、おおいにけっこうと思ってます。ただ冒険の書は、消えないでいただきたい……。天空編でもやられましたからね。例の特典のほうは、DQ10のデモだという話を聞いただけで異説は知らないです。それにしても20周年の時は何もしなかったような気がするんですが、25周年になるんですね。ちょっと心が騒いでおります。

やっぱりWiiを買う方向で(5/13)

……行こうかなと思います。だって、もうリメイクはないよねとあきらめていたロト編が出るというんですから。グラフィックとか元のままだよね?追加要素特にないよね?まったく大丈夫、問題ありません。唯一の障害はお金だけだ。その辺はいろいろと自助努力でがんばりましょう。話がすっかり前後しました。ピエールのお話第11話、アップしてきました。準備とアップに時間のかかったこの企画ですが、それもあと2話ぶんです。根性入れて行きたいと思います。

 ドールサイトのサーバがサービス終了するという知らせをもらい、新しいサイト用地を手に入れるべく、とんぼは独自ドメインを取得することにしました。独自ドメイン最大のウリは「短くて覚えやすい」名前だそうですが、さてさて。

第一候補:tabifuku.com 元のサイト名が「旅人の服あります」だったので。でも足袋とは関係ないし。

第二候補:castle-trumpeter.com 将来この小説サイトもそちらへ併設する可能性があるため、これも考えました。検索したら、この名前はまだ使われていないそうです。が、もともとこの名前はすぎやまこういち先生の考えられた曲名ですから、私物化したらいけないような気がしてやめました。

ほかにもいろいろ考えてみました。ちなみにtonnboはだめでした。サイトがちゃんとできたら、ドメイン名をご紹介できるからと思います。よろしくお願いします。

ふらふら(4/30)

 今回のアップ、間に合うかな?こんなぎりぎりになるはずではなかったのですが、“一番起きてほしくないことは起きるものだ”という法則の通りになりました。いろいろ偶然がかさなったあげく、へろへろです。あ、でも、お知らせがひとつ。新しいドールサイト予定地が決まりました。独自ドメイン、取得してきました。サーバもレンタルのめどが立ちました。少しづつ引っ越ししていく予定です。

原稿に集中できない時、とんぼはときどきネット上のジグソーパズルをしに行きます。無料ゲームみたいな言葉で検索して見つけたところで、種類がたくさんあるのが魅力です。もうずいぶん通っているのですが、自分が完成したパズルを見てみると、風景が一番多いのがわかりました。しかも水平線が見えていて夕陽とか朝日が映った写真を300近いピースにしたパズルを一番プレイしているようです。で、その次に多いのが食べ物でした。ケーキの写真のパズルはほとんど一日で完成してます。海の見えるホテルのベランダでケーキの食べ放題をやりたい!己の煩悩を思い知りました。

応援ありがとうです(4/26)

↓でドールサイトを廃止するかも、といったことを書きましたら、いろいろご意見をいただきました。温かい応援ばかりで、それどころか具体的な提案もありまして、なんて言ったらいいかわからないほど感謝してます。今、有料ホームページをいろいろ調べてどこをお借りできるか比較検討中です。だいぶ前に更新ストップしていたのに、人形サイトをこれほど気にかけていただきましてほんとにありがとうございます。存続の方向でがんばりますのでよろしくお願い申し上げます。

別れは突然(4/25)

昨日メールが来て知ったのですが、当サイトが人形関係のコンテンツを置いているサーバー、iswebさんと言うところが、サービスを終了することになったそうです。あと一年ほどでドールサイトの用地がなくなります。まじめに料金払っていたのにな……。確かに更新はしていなかったのですが、突然のお別れは辛いものがあります。このままドールサイトを閉鎖すべきか、新しい場所を確保して存続すべきか、頭を悩ませています。それを言ったら、このテキストサイトも借り物なので、どこかに移そうかと考えたこともありました。これと言って不満はないのですが……しいて言えばweb拍手をおけないことでしょうか。ただ、レンタル元のOCNさんがブログのほうに力を入れていて普通のホームページはあまり熱が入らないという話も風のうわさに聞いております。とはいえ、さすがに10年もやっているとたいていの登録はこのURLでやっていますので、それを全部変えるかと思うと頭がくらくらします。日記で愚痴を書いてしまってすいません。また悩んできます。

熱海とか箱根とか(4/21)

 ピエール第九話をアップしました。またもや理詰めの話で、読んでくださる方にはさぞやお疲れだろうと思います。この次から舞台はサンチョの家です。実は、いつか行きたいと思っているペンションの写真を見て部屋のようすを描写しています。二三日現実を逃れて温泉かどこかへ行く……なんて空想だけですが。

三月四月はとんぼはいろいろと忙しく、なかなかPCに触れません。商売柄仕方がないのですが、ちょっとまいっています。先週のこと、この春に職場を辞める同僚のために飲み会がありました。居酒屋で一次会のあと、カラオケの二次会につきあってきました。とんぼはネットでは饒舌ですが、日常ではいたって無口でつきあいのヘタなやつです。が、最後だからという理由でつきあって、いろいろ後悔する羽目になりました。すぎやまこういちヒットシリーズまではよかったんだ、たぶん……。そのあとのアイマス(とかちつくちて)がいけなかったんだ。音痴じゃなくて、いや、音痴だけど、選曲が。あの日以来、同僚がとんぼを見る目がちょっと変わったような気がしてしょうがないです。

桜吹雪とともに(4/12)

 ピエール8アップしてきました。と思ったら余震来ました。昨日も相棒が電車に乗っている時に揺れたそうです。大丈夫だったかと聞いたら、一度停まったけど、車掌さんのアナウンスがあってすぐに動き出した、ということでした。「客が慣れきってて冷静すぎ。ワロタ」と申しておりました。昨日で大震災から一カ月でしたね。あらためて亡くなった方々のご冥福をお祈りします。どうか関東を埋め尽くす桜の花に乗って黄泉路を行かれますように。

 以前、ボカロ曲「金の入り日に手風琴」の二次創作をやったとき、時代設定が大体同じかなという理由で高橋葉介先生の夢幻紳士シリーズを参照したことがありました。「金の入り日~」そのものを昭和初期風の探偵ものにして目撃者たちをボカロさんでかため、犯人役にメイコを設定して(なんと探偵を彼にして)書き始めたのですが、ちょっと凝りすぎて原作を大いにはずれてしまい、没にしました。結局二次はまったく別のパターンで書いたのですが、そのとき集めた資料を先日読み返して、もっとたくさん読みたいなと思っているところです。大昔、とんぼがほんとにガキのころ、この紳士にあこがれたことがありました。柳の眉、半眼に伏せた瞳、妖しく微笑む黒い天使に。甘酸っぱい思い出です。

あゐやゐや~(4/4)

>みぃめ様、いらっしゃいませ、おひさしぶりです。お元気なようで安心しました。申し訳ないなんてとんでもない。被災地以外はいつもよりも元気を出していろいろやってこそ、東北の復興も滞りなくすすむんじゃないですかね。「ピエール」読んでいただきましてありがとうございました。「本格的展開」なんてうれしいことを言ってくださって。このへんは冷や汗をかきながら進めています。プロ意識かどうかわかりませんが、確かにこだわり持ってるかも。そんなこだわりにつきあってくださる方に心から感謝です。コメントありがとうございました。

>いつも楽しく~の方、ご訪問ありがとうございます。「FLOWER TAIL」は何度か聞いていますが、とても耳に心地よい歌だと思います。イラストともあいまって民族調のいいところたっぷりですね。夢心地でシルクロードとかもうちょっと北の、広い草原の広がる風の大地をイメージしていたのですが、同じ作者の方の「Fairy-taled」を聞いたらまたまた揺らぎを感じてしまいました。東洋と西洋?または過去と未来?対立しているというより、延長上にあるのかも。気が付いたら「FLOWER TAIL」殿堂入りしてたんですね。同じKAITOの「千年の独奏歌」のような多様な展開があるかもしれないと思うととても楽しみです。

すいませンドゥバ(4/2)

ピエール7アップしてきました。次回予告がもう、言いわけの嵐と化しております。“愚痴なぞ聞かぬ!”という方は最後のアップ予定日だけご覧になってくださいね。ほんとうにすいません。関係ないけど、「ん」で始まる名前の動物はいないのか。だからあいさつの魔法に入ってないんですね。「い」ならいそうなので、ごめんなさイ●●は入れそうなんですけどね。犬だと被るから、イタチとかインド象とか。ちょっと疲れているみたいです。おバカな話になりました。

なかなか原稿がすすまないという理由で、昨夜ニコニコ動画のなかをうろついていました。グレートありがとウサギが増えてました。どんどんレベルアップしてます。こう、なんかネタがあると、みなさんでわっとむらがるイメージですね。ピラニアとかだと食いつくすのでしょうが、食われて骨だけどころか、肉が増えて立派なひれや手足まで生えるというのは、いったい何なんだろう。ちょっと前の般若心経しかり、エルシャダイしかり。特に今回のACの件に関しては、大震災や放射能の恐怖から眼を反らせたいという意識が深層にあるのでは、と思いました。が、そのことを相棒に言ったら、「考えすぎ。あれはただの悪ノリ、悪ノリ」とかるくいなされました。から元気も元気のうち、ということかもしれません。

ヨーク師のモデルはキューピー人形(3/26)

「容疑者ピエール」の新しいお話をアップしてきました。実はお世話になっているDQ小説同盟さんへこの作品を登録しようと思ったのですが、挫折しました。DQ小説同盟さんでは登録作品に紹介文と引用を掲載してもらえるのですが、紹介文は書けたのに引用が書けないのです。良く考えたら今まで登録した時はいつも連載が完結してたのに今回は連載中なので、どこを引用していいかわからないのだと思い直しました。 そういうのも作者としてどうかと自分で思いますが……終わったらちゃんと登録に行くつもりです。

今日、スタイルシートでヘンな上書きをしてしまったせいで、いっとき壁紙が表示されないようになっていました。復旧につとめましたが、欠けがあるかもしれません。壁紙抜けがありましたら、教えていただければ幸いです。本当にホームページ制作ソフトを変えたほうがいいのでしょうか。ビルダーと相性が良くないものでいろいろ悩んでいます。

親分お仕事中(3/23)

>容疑者ピエール~の方、熱のこもったメッセージ、確かに頂戴しました。第一部ではヘンリーが出張ってますが、第二部では5主が主に弁護人をつとめ、ヘンリーはたぶん後ろでにやにやしてます。設定を褒めていただいて恐縮です。一年かけてつぎはぎした成果があったでしょうか。応援のコメのほんとにありがとうございました。

拍手御礼(3/20)

たくさんの拍手ありがとうございました。その……つまんなかったらごめんなさい、と先に言わせてください。とんぼはノミの心臓です。相棒の話では節電のためか更新を自粛されるサイトさんが多いそうです。そこをあえて逆らってしまいました。ほんとにいい作品になったかどうかは自信がないです。でも、あきらめないでよかった、と少なくとも今は思ってます。

>いつも楽しく~の方、コメントありがとうございました。「光景が目に見えるような」というのは、とんぼにとって最高の褒め言葉です。この作品は法律に詳しい方にお見せするには正直言って冷や汗もののブツですが、ワクワクと言っていただいてうれしかったです。“ボキャブラリーがない”なんて、とんでもない。あと、コメント後半の件ですが、たしか映画「アマデウス」のキャッチに「あなたが聞いた噂は、すべて真実だ」っていうのがありませんでしたっけ。あなたの考えたことは、ほとんどあたってます、とだけ言わせてください♥

ここからもう一度(3/19)

 本日DQ5系二次創作「容疑者ピエール」第一部を再アップしてきました。元に戻しただけなんですが、気持ちが引き締まります。このまま勢いでアップを続けたいのですが、日常生活が(してもしなくても)停電で分断されてまして、なかなかやばいです。一応一週間後には更新の予定です。どうかよろしくお願いします。

追記

>14日8時くらいに~の方、14日のは応援メッセージでしたか。それとは知らず、お礼が遅くなりました。とんぼも関東の者ですが、少しづつ余震の回数も少なくなっている気がします。近所のスーパーにもパンや卵が戻って来たみたいです。首都圏が安定して被災地への支援が少しでも早くなるといいですね。桜の咲くころには、いろいろなものごとが日常に戻るでしょうか。今から、今年の花見は格別だろうという予感がしています。そちらさまも不安な毎日の中、わざわざの応援ありがとうございます。次の更新もきっとやります。あきらめないでがんばりましょう。

買い出し行脚は……成功したんだろうか。役に立つかどうかわからないもので冷蔵庫がいっぱいです。懐中電灯は全滅でした。停電したらお布団の中でじっとしていようと思います。暗い時だったら、本も読めません。この次は通勤ファイトが待っています。帰宅難民はほぼ決定です。
 暗い話ばかりでもなんですので。ボカロ話は今、リンの「SKELETON LIFE」と、レンの「アウトオブエデン」をネタにして構想中です。後者のPVに出てくる花があるんですが、あれはりんごなんでしょうか。正体を知りたいなと思っているところです。

しめしめナマズ(3/16)

 とんぼがPCに向かって作業しようとすると、なぜか余震が来るんですが。そのたびにシャットダウンしてテーブルの下へもぐろうかどうか悩みます。

 「しめしめ~」というのは、とんぼの親族の間だけに通用する冗談です。一族のなかに典型的な雨男がいまして、彼が外出すると雨雲が「しめしめ、外に出てきやがった!」とばかりに寄り集まり、じゃじゃっと雨が降ります。少なくとも、そうとしか考えられない天気の変化を、うちの一家はお盆だの法事だののたびに経験しています。この“しめしめ雲”のグレードアップしたのが“しめしめナマズ”ではないかな、と。考えすぎですね。

 さて、19日(土)に、「容疑者ピエール」の、以前アップしていた部分をサイトに再掲載します。現段階で見て、この作品はかなり理屈っぽくなりました。そのため、小分けにして出した方が消化がいいかと思いなしまして、区切りを変更しました。前は4話だったパートですが、今回は5話に分かれています。が、同じものです。これに続く部分は順番にアップしていきたいと思います。しめしめナマズがおとなしく、作業がはかどりますようにと、今から祈っています。

 きっと明日は忙しいことでしょう。パンと電池を買うために、走るつもりです。並ぶつもりです。どこへでも行くつもりです。
 日本中がたいへんなら、苦しみは分かち合いましょう。でもスーパーの前に並んで待っている間、目を閉じて、自分の作ったお話の中へ漂っていくのは自由かな、とも思っています。

すぐに食べます(3/14)

 文句をつけるのは罰あたりだとわかっていますが、本日冷蔵庫がいっぱいです。「これで停電になったら、中のナマモノはどうなるんだ?」と気付いて青ざめました。ちなみに心配していた親戚知り合いは無事と判明しました。

>14日の8時ちょっとすぎに拍手でコメントをつけてくださった方、大量の「?」になっていました。何かお尋ねの件がおありだったとは考えにくいので、文字化けでしょうか?

どうか、御無事で(3/13)

>八識一さま、ご無事でしたか!よかった、ほっとしました。ここ数日、あちこち動き回っています。というか状況にすっかり振りまわされています。首都圏は計画停電があるそうで。でもあれだけの災害ですから、生活に影響があってあたりまえですね。元気の出るコメントありがとうございます。その意気や、よし!作家のどなたかが前に書いておられたのですが「歯医者さんの待合室で1時間読者の意識を占領できる作品。それが目標」みたいな感じでした。何カ月も影響が続くとというニュースも聞きましたが、あきらめないでがんばりましょう。

 みなさん大丈夫ですか?おケガはありませんか?とんぼは関東にいて、昨日の地震のときは外へ逃げ出しました。ちょっと散らかりましたが、ケガなどはありませんでした。
 あちこちで地震が続いてます。函館には親戚が、新潟には知人がいます。どちらともまだ連絡がつきません。職場はなんとか無事だったようですが、自分の目で確できるのは週明けです。
 実は10日に、準備している作品「容疑者ピエール」のことでコーチの「ぽち」様へメールを書いていました。そろそろ連載できそうなのでその相談でした。“お返事は明日書こう”と思って一晩過ごして、いきなり地震に会いまして。これで原稿がなくなったら、死んでも死にきれないと本当に思いました。
 誰にとってもいきなりふって湧いた災難です。被災した方々の無事を心からお祈りします。

みなさん、大丈夫ですか(3/12)

とんぼは大丈夫です。こちらは前回の御挨拶の再録用です。

 昔、職場の先輩にすごい食道楽がいました。おいしい店をよく知っていて、ときどき連れて行ってもらいました。超高級店だったことはあまりなかったです。知る人ぞ知る、みたいな小さいけどおいしいお店が多かったような記憶があります。
 そのとき驚いたのが、彼女が料理をする人に、「このお料理、●●と××を使ってますよね」とか話しかけること。いや、目に見える食材ならけんとうもつきますが、調味料までなんでわかるんだろう。先輩の聞き方がいいのか、聞かれた方も機嫌よく答えてくれるのを見て、二度びっくりしました。先輩は今、自立してお料理教室を開いてます。
 なんでこんなことを思い出したかと言うと、ボカロ話を書きたくて、その作品のボーカルオフを一生懸命聞いてるからです。この楽器はなんだ?このリズムは何がつくってるんだ?ぜんぜんわかりません。先輩の舌のように、凄い耳を持ってる人もいるんでしょうね。つくづくうらやましいです。

現在、マスク女です(2/10)

>いつも楽しく、の方、いらっしゃいませ。応援うれしかったです。着々と進んでいる、と言われると冷や汗が出そうな状況ですがなんとかやってます。一行も書けない日も、あります。でも、待ってます、と言ってくださる方がとんぼの進む方向をほんのり照らしてくれます。ほんとに、ありがとう。……気管支炎を起こしてごほごほしたり、ボカロ曲に浮気してみたり、DQ2ネタで織物の歴史を調べたり、いろいろやりながら……原稿がんばります。

 相変わらずピエールさんと、ボカロのみなさんで頭一杯の日々を過ごしております。このあいだ、ピエール関係でお酒のことを調べていました。サンチョが語るハーブ酒という設定でいろいろ語ってもらわなくてはならないのですが、悲しいかな、とんぼはそんなもん造ったことありません。仕方がないので、ネットでまず検索してみました。そうしたら意外なほど大量に見つかりました。商品として流通しているもののみならず、家庭で作れる●●レシピとかもありました。みなさんまめでいらっしゃる。サンチョのはあちこちいいとこどりでねつ造しましたが、いつか自分でもつくってみたいと思いました。

お返事遅くなりました(2/8)

 先日縁あって、相模原というところまでまた喪服で出かけることになりました。今回の仏様は90過ぎの大往生だったので、それほどしんみりしたものにならずむしろ華やかな門出のような雰囲気でした。ひ孫さんたちがそろって見送る中、花に囲まれて、というのも理想の人生かなと思ったり。そんなこんなでちょっとPCのチェックができなかったあいだ、いろいろコメントを頂戴しました。お返事遅くなりましてすみません。

>古代や中世の~の方、アドバイスありがとうございます。時代もの=DQ世界で裁判をやるという企画がもともと無理めだったのですが、やはり世界観のくいちがいが今回大きなネックになりました。「ベニスの商人」は研究してみました。大岡裁きのような古典的な、というか大変な古典ですが、展開はいいなあと思いました。神話的、寓話的なおもしろさの原典があるんじゃないかと思います。新約聖書のほうは読み返す必要がありますね。ベニスつながりで、「名判官ダニエル様の再来だ!」というのはおぼえていたのですが、あれは外典でしたでしょうか。うまくピエールの話にカタがついたら、そういう古典的“お裁き”をネタにできないか考えて見るつもりです。

>影分身といえば~の方、先日YouTubeへ行って忍者ものを総ざらいしてきたばかりです。「サスケ」の有名なオープニング&EDには、なにか心を揺さぶるものがありますね。影分身もしていました。つべだったので、外国からつけられたコメントが楽しかったです。まさかこんなネタに反応していただけるとは思っていませんでしたので、サプライズでした。どうもありがとうございました。

 1/26は、当サイトの10周年記念です。と言っても日記を更新しただけという悲しさですが。とりあえず、御用と御急ぎでない方は、とんぼ日記へおたちよりいただければうれしいです。
 あまり関係ないですけど、「影分身」ってなんだか知ってますか?武道家とかがすばやく動き回って一人なのに複数いるみたいに見える技だそうですが、普通の人間にはまず不可能です。でもこのあいだ、人間ではありませんが、見てしまいました、影分身。ぼやっと立っていた街角で、むこうから犬を連れたご夫婦がやってきました。ヨークシャー・テリア(かな?犬の種類は詳しくありません)の多頭飼いのようでした。ご夫婦はバッグから何か取りだしているようでした。おもちゃかおやつでしょうか、犬たちが興奮して飼い主たちの足元にまとわりつき、キャンキャンと大騒ぎでした。その一行は通り過ぎ、数分して同じ道を戻って来ました。
 思わず目を疑いました。だって、犬が4頭しかいない。さきほどめまぐるしく動き回っていた犬は、6,7頭いると思い込んでいたんです。いや、本当にそう見えたんです、あまりにもぱっぱっと飛び回るせいで!

コメント感謝(1/29)

サイト10年になりましたの書き込みのあと、拍手等で励ましてくださったみなさま、どうもありがとうございました。サッカーの国際大会があったりして世間様が賑やかな中、こんなしょうもないサイトもかまっていただいてほんとに恐れ入ります(祝、日本チーム決勝進出)。26日に筋肉痛たいしたことないとか書いていたら、ほんとにぶり返しました。足がつって自宅の風呂で溺れかけました……。

>八識一さま、いらっしゃいませ。こちらこそ長々の御無沙汰まことにもうしわけないです。ええ、十年でございます。さすがにもう年です……ごほごほ。それは言わない約束だよ、おっかさん、クラスの。そういえば「八百万言堂」様も10周年ですか。いや私ら、DQ5で主人公たちがドレイ暮らしやってた間じゅうずっと小説書いてたことになりませんか?何と申しますかその……お互いがんばっちゃいましたね。だがしかし!まだ20年選手のプサンがいる。まだ半分でございます。作品としては(あちらもこちらも)相変わらず趣味一直線で走っていたりします。昔よりも臆面もなく趣味を追求していたりします。それがアマチュアの創作活動の醍醐味ですよね。コメントに池波、山本なんていう大御所の名前が出ちゃうとおおさすが八識さん!と思います。職人の書いたもんはやっぱりいいですよ。久しぶりにお話できてうれしかったです。遅まきながら、今年もよろしくお願いいたします。

>お誕生日~の方、祝福ありがとうございます!こんなやつですがまだがんばっていますので、どうかよろしくお願いします。

ご協力感謝(1/27)

>AS様、コメント拝読しました。「女給仕斬り」になってしまっていたところはさきほど訂正してきました。ご指摘ありがとうございました。ボカロ関係では、おかげさまで無事に同盟入りを果たすことができました。いたって更新のとろい書き手で申し訳ない思いをしております。ネタ探しに動画サイトをうろついていますが、目移りするのが悪い癖です。「千年の独奏歌」千日祭、ちょこっとのぞいてきました。いつまでも愛される曲はやっぱりいいですね~などと思いつつ、あらためて匠の技……動画コメントに感嘆しております。

 それから、ご推薦のサイトさまへうかがってきました。テパのセリフが採集してあったのはたいへんありがたかったです。古いDQ2の攻略本(SFC版で、なんどもお世話になったとんぼの宝物)の地図も見ながら、ゆっくりたくらんでみようと思います。よく考えると設定上あの村のまわりでは河は干上がっているはずですね。染物はそのために衰退した可能性もあるなと思いました。周辺地域から隔絶した村……衰退する産業……食料は、燃料は、どうやって手に入れている?……なぜ人々は村から出ていかない?それと、満月の塔って、干上がった川を歩いて行かれなかったのか?だとすれば、どんな障害があったのか?

 どんなテパになるか、これからイメージを増やしていきます。御支援ほんとにありがとうございました。

サイトが10年になりました(1/26)

当「王宮のトランペット」、2001年の1/26に開設したため、本日で無事10年目となりました。いつもおいでくださるみなさま、どうもありがとうございます。最近なかなか更新に来られなくて申し訳ないです。今日は御礼と、近況など報告などさせていただきます。

近況と言っても、一月の前半がプライベートで忙しかった、なんて話はどうでもいいですね。というか、ふくらはぎの筋肉痛以外もう残ってませんし。このところやっている原稿のことなどお話したいと思います。ひとつは、昨年からの懸案「容疑者ピエール」。このお話は、とんぼとしてはヘンリーにかっこよくピエールの弁護をしてもらい、無罪の判決で終わるつもりだったのですが、法廷での振る舞いについてアドバイスしてくださる方にいろいろうかがった結果、ちょっと違うお話になりそうです。とんぼ自身が、弁護側に対抗する役として設定したキャラ(ヴェルダー卿)に興味が出てきて、もっと書いてみたくなりました。彼は5主人公やヘンリーたちよりひと世代上の人間です。その世代の人々にとって、先王パパスはどんなふうに見えたのか、それが気になってきました。↓こんな感じです。アントニアは、オジロン夫人のことです。

 アントニアの話では、この二人、ヴェルダー卿、サンチョは、同年代でしかも知り合いだということだった。ほかならぬパパスの側近どうしだったのである。
「お二人ともパパス陛下が大好きだったのですよ」
とアントニアは言った。
「そう言う意味では、うちのオジロンもね」
「素敵な方でしたもの、パパス小父様は」
と少女のころ、自分自身ひそかにときめいたひとの名をビアンカは懐かしく口にした。
「一本筋の通った男らしい性格で、でも困っている人を見るとその筋を曲げてでも助けに飛び込んでいってしまう方でしたよ。また惚れ惚れするほど強くってねえ」
ぽっとアントニアはほほを染めた。
「私の年代のグランバニア人でパパス様に憧れなかった人なんていなかったんじゃないかしら」
そのパパスに、とビアンカは思った。サンチョは同行を許され、ヴェルダー卿は城に残されたのだった。

根っからのグランバニア側の人間にすればマーサたちモンスター寄りの人々にパパスをいわば取られた感があったのではないでしょうか。人間対モンスターの対立は実はグランバニアの中にこそあったのではないかと思いました。もともとフィールドで出くわせば殺すか殺されるかの間柄です。この対立を国王である5主人公がどう解消するか。被害者ハーヴェイの本当の死因の謎解きにくわえて、それがもう一つの謎解きです。どうやって解決するかまだとんぼにもわかっていませんが、原稿 あきらめないでがんばろうと思います。今WORDでB5で117ページ目……ただし大幅に書きなおす可能性あり。

パパスと言えばもうひとつ、「神の塔」一階のイベントを使った話を書きたいと思って最近ネタをひねくっていました。実はこのシーンをラストに持ってきて、ひとつ構想してみたのですが、どうもひねりが足らなくて困っています。いっそ、エルヘブンでの追加イベントもこみで考えてみましょうか。こちらはまだネタ段階ですね。

で、ずっと考えているのがDQ2ネタの「テパ」。なぜ取りかかっていないかというと、ついにゲームボーイが動かなくなってしまったのです。いつもイベントのところはプレイで確かめるようにしてるんですが、今回は記憶を頼りにやるしかないようです。テパのイベントは二つありますね。ひとつは水門の鍵を開ける話。もう一つはドン・モハメに水の羽衣を織ってもらうイベントです。どっちにしようかと思ったのですが、鍵の方は水門がメインで村はあまりでてきませんので、やはり織物でしょうか。織物、機織り、というと、とんぼは七夕の織り姫とか鶴の恩返しなどが思い浮かびます。なんとなく女性の仕事、というイメージがありますが、ドン・モハメはじいさまですね。頑固爺ぃ、というのが大事なんじゃないかと思いました。

テパそのものが、外界からのアクセスを拒むようなところにあります。なんとなく排他的な感じがします。ん~、排他的と取るか、ひっそりと隠れている、と取るかまだ決めていません。後者はなんとなく落人伝説を連想しています。産業として織物は盛んなのでしょうか。少なくともテパのまわりに河がありますね。あれで織りあげた反物を染めて、河でさらしていたのではないかと考えてみました。このイベントには雨露の糸とザハンの織り機が必要なんですよね。雨露の糸は前に書いてザハンも舞台として扱ったことがあります。今確認したら雨露は2005年、ザハンはなんと2001年でした。ついこないだのような気がしていたんですが……

10年もこんなサイトにお付き合い下さった皆様、改めて御礼申し上げます。その間に知り合ったオンオフの知人の皆様、とんぼの付合い下手のせいで疎遠になった方もいらっしゃいますが、心はいつも感謝の気持ちです。草葉の陰から、じゃない、そっと電波に乗せて、も違うけど、とにかく、ありがとうございます。

昨日、たまたま池袋のデパートに居ました。商品を眺めていたところ、全館放送が入りました。「さきほど地下の食品売り場でクッキー三万五千○○○円お買い上げのお客様、忘れ物がございますので、売り場までおもどりください」???一個三千五百円くらいのクッキー缶、それでも高級品ですが、十個ぐらいお買い上げでしょうか。一緒に居た友達と、「きっと遅めの年始回りか何かで、手土産なんじゃないの?」などと話していました。「個人じゃなくて会社とかかな?いまどきリッチだねえ」。「大缶十個持って回るのも難儀だねえ。社用車かしらん」。個人的には、体格のいい執事を従えたお嬢様とかがいいなあ、などと空想してみたりしたんですが、5分ぐらいして再度放送がありました。「さきほど地下の食品売り場でクッキー三千五百○○円お買い上げの~」……どうやら単位を読み間違ったようです。

やっぱりお嬢様はいませんでした、というお話。

同盟にいれてもらいました(1/7)

昨年から懸案だったボーカロイド系二次創作の同盟参加が実現しました。ひとつはVocaloid SS Links様、もうひとつはVOCALO SEARCH様です。ちゃんと書かないとな

あ、と己に活をいれております。SS Links様のほうは、すでに2日に登録が終わりまして読んでくださる方がいらっしゃるようです。この場にて御礼申し上げます。おもしろいのは、作品ごとに何回呼び出されたかわかるようになっているので、一連のとんぼ作品の中での人気の有無がわかること。「SPICE!」の健闘に驚いています。レン君人気だね……。実はいまさらながら、鏡音リンオリジナルを扱っていないことを痛感しています。そのうちなんか書きたいです。

>萌黄様 丁寧なご挨拶おそれいります。昨年は何度もおいでいただきまして、ほんとにありがとうございました。今年もお暇な折に遊びにいらしてください。できるだけ“ワクワク”をご用意してお待ちしています。

あけましておめでとうございます。今元旦の夕方です。さきほど年始回りから帰ってきて、どっと疲れました。私の悪い癖で、理解していないことでもとっさに相槌をうってしまいます。うろ覚えの親戚の名前がたくさん出てくる会話は特に苦手で、解放されるとほんとうにほっとしました。リアルよりネットに居る方が気が楽というのは、社会人としてどうよという思いもありますが、本音です。今年は何をして遊ぼうかなと今から考えています。

あけましておめでとうございます(1/1)

 2011年の日記を始めました。今年も低空飛行ですが、それでもあきらめずに飛んで行こうかと思っています。これを今読んでいる方にも、今年はいいことがありますように。

>あけまして~の方、丁寧なご挨拶おそれいります。え~とんぼは現在充電中です。やりたいことはいろいろありますが、なかなか形になりません。頻繁なチェックありがとうございます。原稿がまとまったらきっと次回予告を更新しますので、どうか気長にお待ちください。今年もよろしくお願い申し上げます。

 現在、大晦日の午後です。やることはあらかた終わって、というか妥協して、買い物もとりあえず行ってきました。今晩は長いことさぼっていたバックアップを取ってやる予定です。前回の日付が今年の夏だったりしております。いろいろありましたが、今年もサイトの運営はとても楽しかったです。私、とんぼの楽しみにみなさんおつきあいくださいまして感謝の言葉もありません。
 現実のとんぼは、ごく人付き合いの狭い、そして付合い下手な人間です。たぶんネットがなかったらもっと内側にこもったやつになっていたでしょう。こんなところでなんですが、御訪問のみなさん、今年一年お世話になりました。来年もたらたらサイトやっていますので、おひまなおりにお越しください。お待ちしています。