とんぼ日記2015年

2015年1月~12月の日記です。現在の日記へお帰りの方は上のリンクからどうぞ。

来年予告(12/31)

あと数時間で今年が終わります。↓で書いていたDQ8二次ですが、なんとか来年初頭からアップしていかれそうです。詳しくはトップ→小説一覧→次回予告まで。実は次回予告を書くのはとんぼにとって毎回胸がどきどきすることでもあります。けどまあ、一年の最後で言い訳でもないと思いますので、がんばります、とだけ。みなさまにはよい年の暮れでありますように。

年越しします(12/28)

今日の時点でわかったこと。今書いてるネタが、いまひとつおもしろいと思えない。何か一つ、乗り切れない。すいません、少し原稿を寝かせて、ちょっとたってから読み返してみます。本当なら今日ぐらいに予告出したかったのに。でもあきらめない、という気持ちで日記書いてます。明日一日、大掃除さぼって考えてみます(おい)。

命名:エルト(12/18)

先日ようやく試験が終わりました。またそろそろ駄文を書きたくなりまして、ただいま懸案のDQ8主をテーマにしたものを考えています。実はだいぶ前に仮題を「ドラゴンボーイ・飛竜少年」としていました。このタイトルは1983年に鳥山明先生が発表された「騎竜少年(ドラゴンボーイ)」を元ネタとしています。「ドラゴンボーイ」では、のちのDBの悟空に似た主人公、唐童が華の国の姫を故国まで送っていこうとして、直前の橋の上で機械兵と戦闘になる、という感じのお話になっていました。

現在のところ、大まかに主人公に8主、姫にもちろんミーティア、機械兵にキラーマシンをあてて考えています。もちろん戦闘シーンが中心になると思われますが、小さな、ミーティアの回想シーンに出てきた幼さのカップルがどうやってキラーマシンを倒すか、要検討。

で、いったいなんでまたキラーマシンがトロデーンあたりをうろういていたのか、なんですが、竜神族の里から派遣されてきたことにしようかな、と思っています。戦闘にならないとお話になりませんから、キラーマシンはとりあえず敵方です。8主をターゲットとする殺人マシンなのではないかと思っています。

 老人の声が、驚いたような口調で問いただした。
「そんなばかな。なんでそこまでしてわしの孫を死なそうとするんじゃ」
男の声が答えた。
「長老様方のお考えが俺みたいなもんにわかるわけもないんでして……」
「あの子は長老会議の決定通り呪いを受けて地上へ放逐されたんじゃ。その上まだ命を取れとは!わしの娘はヒトの男を愛した。それは確かに一族にとっては罪かもしれん。じゃが、孫は何一つ悪いことをしとらんぞ!!」
「わかってまさ、わかってますよ、まったく。けど、どうしてもお孫さんが目障りだって方が長老会議の中にはいらっしゃるんです」
あわてたように男は説明していた。
「刺客を送りこむ件は、竜神王もご承知なのか?」
「いや、ちがうんじゃねえですか?竜神王様どころか、他の長老方にも黙ってこっそりと、みたいです。そうじゃなかったら、あんなモノを地上へ送ったりせんでしょう」
老人の声が深いため息をついた。
「古代の殺人機械とはなあ。すべて失われたと思っていたぞい」
「どっこい、こっちにはけっこう残っているようなんでさ。特に砂漠の地下には一大基地があったようです。ツクリモノですから絶対にターゲットを諦めないし、甘くもないから子供相手でも容赦しません。たぶん殺しが終わったらその命令は消去されて、証拠も残らないようになってんでしょう」
「くそっ。わしの今の体では守ってやることができるかどうか」
「十分用心してくだせえ、グル……」
 小さなミーティアは上体を起こして周りを見た。老人の声がしたと思ったのだが、そんな人間は見当たらなかった。

という感じで始める予定です。その前に状況設定もしなきゃならないし、飛竜~と名付けたんでなんとかフライングシーンも入れたいし。これからもう、やることいっぱい。今年中にあっぷできたらいいなあ、と思ってはいるんですが。気長にお待ちいただければ幸いです。

あと、とんぼが今まで書いた8主は”エイト”と”エルト”がいます。”エイト”は「捜神アレフガルド」に、”エルト”は「こちら季刊『武器の友』編集部」に出演でした。ワンライのときはごちゃまぜだったのですが名前を「エルト」で統一したいと思います。そんなわけで今回もグルーノ老のお孫さんはエルト君でいきます。どうかよろしくお願いいたします。

深く静かに妄想中(11/19)

>こんばんわ~の方、いらっしゃいませ。とんぼの愛(と妄想)をつめこんだお話を気に入っていただいて、嬉しいやら恥ずかしいやら、ただいまモニタの前でもだえています。ゲーム本編ではヘンリーはさっさと離脱してしまうので本心はうかがいしれないのですが、とんぼとしては5主のことをずっと気にかけて、心配してくれているといいなと思ってまして。でも親分なのであまりはっきり口に出せないのでは、というところが妄想部分です。ご指名の「運のいい男」と「温度」はヘンリーが珍しく堂々と感情をぶつけてます。自称親分のくせに、ヘンリーはけっこう気が小さいと思うのです、特に5主に関しては。またイタイ感じの妄想を始めましたら作品にしますので、よかったら読みに来てください。コメントありがとうございました。

8888888(11/14)

え~となにかあったんでしょうか?いきなり大量の拍手をいただいて、とんぼはちょっとうろたえております。年末まで更新しない予定のサイトにこんなに優しくいただいていいんでしょうか。ありがとうございます。とんぼに優しくしてくださった方に、明日何かいいことがありますように。

拍手御礼(11/11)

こんなに色々と~の方、お気に召してうれしいです。実は設定ひねくりまわすのが大好きです。昔、とあるサイト様で「重度の設定マニア」と呼ばれたことがありますが、今でも褒め言葉だと思ってます。またなんか思いついたら書きますので、よろしくお願いいたします。

主観的描写なんだよ、たぶん(11/5)

現在、試験勉強中です。過去問を繰り返していますが、合格点いきそうでいかないです。見落としとか、わかっているつもりで○を×にしてしまうとか。さて、↓のアップ以来、コンスタントに拍手いただいています。どうもありがとうございます。相棒に、「小説じゃないとか言って主観入りまくり」と言われました。そういえばそうかもしれません。小説もどき、というところでしょうか。描写の練習シリーズは予告なく撤去するかもしれませんので、どうかあしからず。

真打登場(10/29)

魔神ジャハガロス戦のイベントを描写の練習に加えました。文章を書いていて「かなわないなあ」と思うことのひとつに音楽があります。このイベントでマルチェロが登場すると、「大聖堂のある街」が流れてきます。冒頭の金管楽器の音色が大好きです。ストイックであると同時に華やかで、この曲を聴くと聖堂騎士団の威風堂々とした行進を頭の中でイメージしていたりします。もっともモリーのバトルロード宣言の時も同じ曲なんですけどね。

お茶受けどうぞ(10/22)

このところ更新していないにもかかわらず、拍手くださる方がいらっしゃいます。ほんとにありがとうございます。さて今とんぼはDQ2ネタと8主ネタで何か書こうと思っていますが、12月の中旬にひとつ試験を受けることになりました。そろそろ二か月切って受験体制に突入しています。というわけで小説書く時間はしばらく取れないかもという感じで、現実逃避した挙句3DS版DQ8に加えられたイベント、小さなミーティア姫が8主を見つけるシーンを文章化してアップしてみました。以前(2007年)にやはりイベントを文章化したものをアップしたのですがすぐに下げてしまったのがあったので、いっしょに再録しております。イベントはあともう一個くらいこなす予定。小説じゃなくてすみません。ちゃんと試験勉強もしてきます。

目次を改訂しました(10/2)

本日ワンライシリーズを一括で連作としてDQ小説同盟様へ登録申請してきました。それに伴い、増えるに任せていた目次ページを一枚にまとめました。そのあと確認にいったら、変更したはずの目次リンクが元のままになっています。実は以前にもあった現象で、以前に見たページだと前のまま表示されることがあるようです。ページをリロードすると現行のリンクとなります。よろしくお願いいたします。

DQ好きな人は(9/25)

昨日から引き続き、大量の拍手をいただいております。昔とあるDQ二次サイト主さまが「DQ好きな人はみんなやさしい」と言ってましたが本当にそう思います。

>8好き~の方、いらっしゃいませ。8主をテーマにしたワンライは現在ネタを練り直しています。ワンライとして提出することはもうできないと思いますが、サイトでアップするつもりです。そのときはつぶやきますね。3DS版進行中ですので、その、気長にお待ちいただければ幸いです。

>お疲れ様でした!!の方、文字化けさんではなかったんですね。お返事おそれいります。56話……ワンライは一年ちょっとやってましたし、一年は52週間ですからそんなもんでしょうか。現在、目次をこのままにするか、全部まとめるか楽しく悩み中です。

最終回(9/24)

先週の土曜日19日は、この一年ばかり続いてきたワンライシリーズの最終回でした。壮大な遅刻の上に未完成の状態でアップしております。しかもネタが……。「ドラゴンクエスト」という大ネタを選んだばっかりに、シルバーウィークは3DSを放り出し、仕事以外は家に閉じこもってひたすら書いてました。でも努力すればいい話が書けるわけじゃないんで、これはたぶんとんぼ以外誰にもおもしろくないお話ではないかと思います。

やっとアップしたんで、もう一回DQ8の世界へ戻ろうか、と。小さいミーティア姫はやっぱりかわいいです。癒しがほしい……。

追記:昼間↑のようにアップしたところ、夜にはだいぶ拍手を頂きました。素早いリアクションにちょっと感動しています。ほんとにありがとうです。書くのがつらくなったら、今日のことを思い出すつもりです。

>24日の9時ごろ拍手にコメントをつけてくださった方、実はweb拍手管理画面でコメントが文字化けしていました。かろうじDQ5の文字のみ読める状態です。拍手のほうのサポートで調べたところ、”web拍手へ「 UTF-8 」以外の文字コードでメッセージが送られた際に起きる既知の現象”ということで原因は携帯電話からPC用ページの変換機能で書き込まれたため、だそうです。もしよろしければ上記以外の方法でもう一度コメントいただけませんでしょうか。DQ5って書いてあったし、ぜひコメント拝見したいです。お手数をかけますが、どうかよろしくお願いいたします。

再追記:>ワンライお疲れ様でした!!の方、コメントありがとうございます。いろんなネタに手を出していたのは、お題からピンと来るものがなかったりすると今まで書かなかったような題材でも手を出してきたせいです。おかげでずいぶん発見がありました。苦手なもんもよくわかりましたけど。サイトを終わるとか言っておどかしてすいません。とんぼは宿題をためてる状態なんだと思ってます。ええと↑のコメントと同じ方ではないですよね?でも、もし同じ方なら、わざわざ再拍手ありがとうございます。

今日も金のスライムさがし(9/4)

先月の末からこちら、3DS版のDQ8をプレイしています。いろいろと楽しいです。思った以上です。キャラのしゃべる声についてはいろいろと思うところはありますが、慣れてくると大丈夫だったしどうしても耳障りな時はミュートという手もありますし。

プレイ始めて最初に思ったのは、世界はこれほどに美しかったか……という感動でした。最初のバージョンのときも、DQはグラで勝負じゃない!と思っていたのをプレイ3分で忘れましたから。で、今回、フォートさんに写真撮ってきてくれと頼まれまして。もともと写真を撮るのはリアルで好きなので熱中してしまいました。クエスト手帳は毎回チェックしています。ちなみにどピンクのリボンを巻いたミイラ男は加工できらきらに飾って遊びました。

現在プレイ時間17時間とちょっと。なかなか今忙しくて、長時間は遊べません。でもこつこつ続けようと思います。モリーさんたちがいる以上、一周じゃすまないのはわかりきってますし。さてDQワンライで8キャラコンプリート計画があるのに現在中断していますが、最後に残ったお題「8主人公」は3DS版ネタを狙っています。うまくネタと一致したら、前から狙っていたタイトルをつけようかなと思います。「ドラゴンボーイ~飛竜少年」です。

3DS買っておいてよかった(7/28)

胸がどきどきしています。DQ11が出るんですね。3DSの11プレイ画面というのがネットにあって、見た瞬間これかわいいと思いました。オンラインじゃない、というところもなんか安心感があってうれしかったです。帰ってくる……、大好きなDQが帰ってくる!胸を躍らせて待っています。いろんな噂がとんでいますが、発売日まででいいから夢を見させてください。つか、すぎやま先生、ご自愛くださいまし。

拍手御礼(7/10)

ループおやじさま、お久しぶりです。というか、ずっと見てくださってたんですね。どうもありがとうございます。とんぼも10年選手になりました。最近はおっしゃるとおり週がわりの短編を書いてました。いつもいいネタを思いつけるわけではないのでクオリティはバラバラですが、楽しんでいただければうれしいです。twitterでもサイトでも、またよろしくお願いいたします。あとお返事遅くなってすいませんでした。

御礼かねて(7/7)

世間様はオンリーとか七夕とかいろいろですが、とんぼは十年一日のごとく駄文を書いております。さて、なぜか今回のワンライ、牧場物語もどきのドラクエ二次をアップしたところ、拍手を大量にいただきました。どうもありがとうございます。そのなかに登場人物を特定して、というご希望がありましたので、「ドラゴンクエスト牧場物語」のあとがきに追記しておきました。あれだけのメンツがそろえば、いろんな意味で食うに困らないと思うのですよ。第一次産業's 万歳。お返事はけっこうということでしたが、お礼を兼ねて日記に書かせていただきました。これからもよろしくお願い申し上げます。

メールお返事(6/24)

ev……で始まるアドレスの方、メールありがとうございました。さきほど返信をお出ししたのですが届かなかったようです。この日記に送信した文章を再録いたします。

こんにちわ、サイト王宮のトランペットのとんぼと申します。「犬夜叉」二次創作をお読みいただきましてどうもありがとうございました。

あの一連の二次は高橋留美子先生がまだ連載していらっしゃったころに和風の設定で書くことがうれしくて作ったものです。そのためにあとから設定違いになってしまいました。「犬夜叉」は今でも大好きな作品で、犬夜叉・殺生丸兄弟はとんぼにとって忘れがたいキャラです。

お尋ねの作品ですが、「狩衣」はネタをさらしてしまったので別にネタを持ち込まないと書けないと思います。「天守物語」のほうは多少ましかも。NHKの大河とかで戦国時代のビジュアルイメージはつかめる可能性がありますので。「ちいさいやちゃのお話」はもともと単発を集めたものです。ある意味一番書きやすいかもしれません。

10年も前の作品に続きを、と言っていただけるとは我ながら恵まれた二次書きだと思います。ただ惚れっぽいあまりサイト内容が多岐にわたり、書きたいものがたまっています。犬夜叉系二次だけ「すぐに書きます」とはなかなか言いにくい状況です。どうかご理解ください。むしろ、「こんな内容で読みたい」のような提案があったほうが筋道立てやすいので、リクエストがあったら教えていただければと思います。

最後になりましたが、お返事が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。メールありがとうございました。

以上です。すごく遅くなってしかもメール出せないとかまったく……orz 情けなくてしかたないですが、日記をもってお返事とさせていただきます。ほんとすいません。

重い……かも(6/23)

なんか月曜の夜にワンライアップが目標と化しております。今回はネタが決まったのがわりあい早く金曜日のうちだったので、週末仕事場でずっとにたにたとネタをいじくっておりました。途中でゴロステ(「大盗賊ゴロステの最後」だったかな?で、最後の鍵ごとブオーンに食べられてしまい、それがもとで食あたりを起こしたブオーンはルドマンの先祖に封印されてしまったというお話)を使おうと思ったらこんな話になりました。PS版のあのツボがいけない。顔がかわいらしいんです。

で、先日発売になった「ポポロクロイス牧場物語」ですが、プレイ始めました。思ったよりかなり夢中になっております。しかし、このシナリオを導くためにしかたないんですが、話が重い……かもしれません。だって崖から落ちて保護された主人公、なんと食糧不足が原因で、潰れて無人になった貧乏農場へ追い出されるんですから。童話のような可愛いお話じゃなかったんですか……。周辺のようすといい、絶望感といい、ポポロというよりメタルマックスかも、と思っていたら妖精が出てきて不毛の大地を豊穣へ変えるやりかたを教えてくれました。今回、牧場物語伝統の、あっちこっちに気になる女の子がいて好感度をあげるタスクもありました。ポポロクロイスハーレム物語。にならないと信じておりますが。とりあえずまじめに原稿をやりつつ、攻略していきたいと思います。早くやらないと、8月にはDQ8が待っている。8キャラのコンプリートはそれまでお預けとしたいと思います。

少しでも前に(6/15)

私事ですが、6月から仕事の時間と曜日が変わりました。おかげで毎週土曜日の夜23時から一時間、楽しいワンライタイムのはずが、くたくたに疲れきった状態になってしまいました。以前は土曜日一日かけて考えて、約60分で書いていたのですが、まずネタだしの時間がない!という事実に慄然としています。前回は四日遅れ、今回は三日遅れかな?少しでも早く書きたいのですが、これからの修行次第です。

とかなんとか言っていながら、今週の半ばに出る新しいソフトを予約してしまいました。「ポポロクロイス&牧場物語」。大好きなポポロクロイス世界にもう一度行きたい、それだけが動機です。がっかりしないといいなあ。しませんように。ほんと、お願いします。

質問、リンクの付け方がわかりません!(6/1)

さきほど土曜日に書いたワンライのあとがきをつけてページを完成させてきました。新しい制作ソフトを使っての初の作業です。無料ソフトなんで丁寧なマニュアルなんかありません。使い方をこつこつ独習して慣れるしかないと思ってたんですがリンクの貼り方から悩むありさまです。ちょっとづつ進んでいこうと思います。

新しい制作ソフト(5/31)

現在、このサイトを新しい制作ソフトへ移行しようとしています。今までDreamWeaverを使っていたのですが、価格とか料金が(月にン万単位)折り合わなくて、やめることにしました。いろいろと不安だし、今までできたことができなくなる可能性もあります。使い方を自習して頑張ってみようと思います。それにしても、自分でホームページを作る人はほんとに減ってるんですね。ヤマダ電機の社員さんが、みなさんブログかツィッターです、とおっしゃってました。ですよねー、と返して、ちょっとばかりやけ酒、じゃなくてやけパフェあおってみたりしてます。

何分、サイトの図体が大きいのであちこちで変なところも出るかもしれません。気付いた方がいらしたらweb拍手等で教えていただければ幸いです。以上、とんぼのお願いでした。

チーム名候補:ゲレゲレワークス(5/16)

>こんばんわ!の方、お返事遅くなってすいません。モリーさんの件はほんとに驚きました。彼の固有スキルとかって発表されてるんでしょうか。とんぼは、8は何周かしています。好きなシーンていうか、美しいと思ったのは古代船の復活ですね。幻の魚が泳いでいくところが好きです。8では7から表現がぐっと変わっていて、いろんな景色がどれも新鮮だったと今更ながらに思います。夜に空を飛んだときは眼下の景色の美しさに息を呑んだものです。バトルロードは4からの参加が多かったのですが3ds版で5から参加があったら楽しそうですね。5主チーム見たいような(なんて名前だろう……)、でもこれが公式!と決めてほしくないような、どうも複雑です。お礼が遅くなりました。いつもワンライ見ていただいてありがとうございます。本日ちょっと遅刻するかもしれませんが、がんばります。よろしくお願いします。

拍手御礼(5/13)

>萌黄さまシアトリズム参戦おめでとうございます。ちびキャラかわいいですよね。毎度癒されます。コンフィグの中にあるスタッフクレジットはご覧になりました?DQ愛に満ち満ちた動画で胸にきゅんきゅん来ます。プレイヤーカード交換いいですね。通り名は、ときどきおまかせにして遊んでますので不定ですが、もしプレイヤーカードの2ページ目で「遊んでいる楽曲のランキング」一位が「王宮のトランペット」だったらとんぼかもしれないです。楽曲配信も増えるといいですね。楽しいコメントありがとうございました。

二日酔い(5/11)

さきほど9日に書いたワンライ「魔物使いのブギウギ」にあとがきをつけ、リンクをつないできました。先日は放り出してしまってすみませんでした。飲み会等はあまり深入りしないでせいぜい二次会どまりなのですが、先週と今週はちょっとばかり面倒なお酒になりそうです。いろいろと気を使ってくださったみなさん、どうもありがとうございました。

モリーについて調べていたとき、web上に彼は実はまもの使いなのではないか、という指摘がありました。とんぼにとってまもの使い=5主みたいなイメージがありました。優しくて穏やか、寡黙な二枚目……というイメージをすがすがしいほどばっさりと裏切ってくれたモリーが新鮮に見えてきましたです。なかなか楽しいお題でした。

拍手御礼(5/6)

>萌黄さま、こんにちわ。シアトリ楽しいですよ~。買ってから一カ月以上たちますが、楽しく遊んでいます。3DSなのですれちがい通信があるのですが、外へ持ち出すと日によっては5人くらいの勇者とすれちがいますです。ワンライのお話も見ていただいてありがとうございます。パパスは好きなキャラだし見せ場もたくさんあるのですが、ネタがかぶるのを避けたくていっそマイナーなとこでと思ったらああなりました。そう言えばビアンカのお題で書いたのもサラボナの住人の台詞(山の中で女の子とすれちがった~)だったような。ビアンカと5主の話、とんぼも書きたいです。このカップルはとても安定しているので書いていて気持ちいいのです。いつになるかわかりませんが、そのうちに。コメントありがとうございました。

デリシャス イン ダンジョン(4/27)

実は↓に書いたDQ2ネタをtwitter上に出した時、なぜか「お料理上手なサマル」というキーワードをいただきました。なんとなくムーン姫より上手かもしれない、と思いつつ、では野宿するパーティは何を食べるべきか?と考え、たどりついたのが「ダンジョン飯」(九井諒子著 エンターブレイン 2015年)でした。二次創作の考察に資するところ大であり……すっごくおもしろかったです。ファンタジーな世界に日常をぶちこむあの感覚は、魔法世界に近代的学校教育をもちこんだハリー・ポッター以来の楽しさでした。主人公ライオスにどことなく5主のイメージを見てしまいます。美味しいもの(サソリの水炊きとか動く鎧の鬼がら焼きとか)を食べた瞬間の彼の、目を丸くし頬を染めた素直な表情が好きです。実際はドラクエよりもうちょっと、なんか洋ゲー的なパーティ構成なのだと思いますが、エルフのマルシルが三つ編みなため、どこかビアンカをイメージするのかもしれません。DQ2(またはDQ5)の料理ネタはもうちょっとひねくり返そうかと思います。これより下は恒例の拍手御礼です。

>Kさま、いらっしゃいませ。熱いコメントをいただきましたのにお返事が遅くなりましてすみません。パパスさんはもともと大好きなキャラです。二回攻撃、しかも一撃一撃が高ダメージな戦士であり、同時に回復魔法の使い手、パラメータは高く、貴種流離譚そのもののような国王属性の持ち主。本当に存在したらすごい万能キャラです。歴代DQをずらっと眺めたとき、こんなキャラはまさに勇者のポジションなんじゃないかと思ってました。にもかかわらず、パパスは勇者ではなかったんですね。それを言ったら5主も勇者じゃないんですが。サンタローズの洞窟で例の手紙を読んだ後、サンタローズのおじいさんが“天空の剣を装備できなくてパパスはくやしそうにしていた”みたいな話をするところがあります。実はとんぼ、そこのあたりがちょっと好きです。天下無敵みたいなパパスが味わった挫折なんでしょうね。理想化しすぎていたら申し訳ないんですが、実際にいたらパパスはきっと、人の痛みに敏感なところのある、心の大きな人物なんじゃないかと思っています。舞い上がった語りでどうもすいません。でもポートセルミの老人になりかわって一生懸命パパス賛歌をやってみました。「勇者パパス」のラスト、あの時点で5主は彼自身も天空の剣を装備できないと言う現実を思い知った状態のはずです。本当なら「いいえ、その人は(ぼく自身も)実は勇者様なんかじゃなかったんですよ」と正直に言うところかもしれませんが、あえて老人(元スリ)に賛成してみました。あの老人の台詞、すごく「!」がいっぱいあって、5主に対してうれしそうに興奮して話しかけている感じがするんです。その老人、5主、そしてパパスの残影の三人で乾杯!みたいなラストをイメージしていただけたらうれしいです。ご感想ありがとうございました。

追記 今読み返してみたんですが、ゴールドオーブがいつ落っこちたかは定かではないみたいですね。すでに天空城が沈んでしまっているので、ずっと昔に落ちて城も湖に沈んだ、というイメージで書いてました。「勇者パパス」に限って“ゴールドオーブ脱落は過去のいつか”の設定でお願いします。ポートセルミ⇒ルラフェンはベネットの台詞ですね。ポートセルミで話をしているのでああなったのですが、ルラフェン在住のベネットさんが話すならルラフェンの伝説でしょうから、そのほうがいいかもしれません。もし「勇者パパス」を中編に直すとしたら、そのところは変えようかと思います。いろいろとご指摘ありがとうございました。

拍手御礼(4/14)

毎週ワンライの後に拍手くださるみなさん、ちゃんと日記に書きこみできなくてすいません。ワンライのあとがきのところに書いて自分で満足してしまうみたいです。日曜になると、ときには驚くような数の拍手を頂いております。こんなレガシーなサイトにほんとに恐れ入ります。ありがとう。

>こんにちわ、の方、いらっしゃいませ。いつも読んでいただきましてありがとうございます。自分でも恋愛書くのが苦手だと思っているせいか、この三人はカップルができそうでできない状態にとどまってほしい、みたいな願望があります。「個性が掛け算で魅力的」、まさにそんな感じを目指していたので、そう言っていただいてうれしかったです。それとスタンダードDQ2パーティに関してはもう数年前から書く書く詐欺をやっているようで申し訳ないです。ワンライはとても楽しいんですが、長編も書きませんとね。モチベーションあげていただきました。感謝でございます。

拍手御礼(3/30)

>ドラクエヒーローズの~の方、いらっしゃいませ。ドラゴンクエストヒーローズ(DQH)は、プレイしていないので今のところ書けないと思います。好きキャラ満載ですごく楽しそうだし、実際楽しいと聞いているのですが、家の収納の状況からして、新しくPS4を置く場所がなさそうなんです。ちょっと情けないです。発明家のお姉さまがなんかいいなと思っているのですけどね。とんぼの方がDQHの面白い二次があったら読みたいです。こんなお返事ですみません。

もうすぐシアトリズム(3/25)

さきほどDQ8キャラのワンライコンプリート計画として、お題「トロデ」で「錬金王トロデ」をアップしてきました。なんたってもうすぐシアトリズムなんであせってます。ソフトが届いたら小説書けるかしら、本気で。発売までにあと一本、DQ8主人公のワンライを書きたかったんですが、どうやら少しあとになりそうです。8主は好きなのでじっくりネタを選ぼうと思います。シアトリは無料ダウンロードでDQ5のお城の「王宮のトランペット」が落とせるそうです。うれしいなあ。大好きなメロディだし、懐かしいし、そんなにリズムが複雑じゃなさそうだし。最後のは重要です。でも蓋を開けたら死にそうな激ムズだったりしたら笑ってやってください。個人的には「空飛ぶベッド」が入っていたら親指がつるかペンで液晶をたたき割るかもしれないと思ってます。

DSと書いてデボラさまと読む(3/24)

>こんばんわ!の方、いつもコメントありがとうございます。フィフスとデボラのファミリーは、ずっと扱ってきたルーク&ビアンカファミリーとだいぶ勝手がちがいますがけっこう楽しく書けました。こちらのヘンリーとマリアは凄い苦労人だと思います。今回のワンライの下書き見るとけっこうひどいこと書いてあるんで……
「デボラ嬢、ノークレーム、ノーリターンですがよろしいですか」
「あの、取り説ご用意しました。迷子札はいつもつけておくこと、日が暮れてからおやつをあげないこと、涙目でかわいくしてもダメなところはちゃんと叱ること……」
すいません、これでもとんぼは5主のファンです。タバサ(5王女)はデボラによく似ていてかなり男前な姫を想定しています(「お父さんを泣かせたの、誰。前に出なさい!」みたいな)。ほんといつかこの一家の話を書けたら楽しいですね。そしたらまた遊びに来てください。お待ちしております。

激ムズ(3/21)

さきほどワンライ38をアップしてきました。こちらはDQ5のアナザーパーティーの話です。トロデさんのお話もそろそろ上がりそうです。「錬金王トロデ」なんちゃって。というか早く書くもの書かないとシアトリズムがやってくる!予約済みです。ていうか、体験版やってます。今日、やっと、やっとのことで「冒険の旅」の激ムズ、最後まで行きました。最初にやった時これは人間業じゃねえと思って封印したため、取りかかりが遅くなりまして。いつも最初に死なせちゃってごめんなさい、ロトさま。最後まで行けるようになったら、ミスタッチを少なくして、全員生還を目指します。ちゃらららっちゃ、ちゃらららっちゃのところであわてふためいてパッドから指を浮かせる癖をなんとかします。

とか言いながらドラクエ仲間兼ボカロファン仲間の方に思いっきりそそのかされています。先週のDQ2アナザーパーティー↓を使って、ボカロの名曲「カンタレラ」を小説に仕立てられないか?と。こんな苦行スイッチにひっかかるもんか、と抵抗している最中です。が、「カンタレラ」はボルジア兄妹がテーマですので、そこをサマルトリア兄妹で、とか、サマル妹とロレ王子……暴君王女が恋するなら青い人だろう……ネタ違い失礼……とか、もうめちゃくちゃ。苦行スイッチ、ほんと怖いです。

正規版ワンライ復活(3/14)

本日のワンライはtwitter上で正規のものが復活したため、そちらにしました。DQ2ネタ:サマルトリアの王女で「美しい淑女」です。なんと10年前に一度書いたきりのDQ2アナザーパーティーのお話。DQ8キャラコンプリートも続けたいと思っています。あとはトロデとエイト(8主)ですね。エイトはあるていどネタがあがっていますが、トロデはどうしようかな。錬金術について書いたメモを読み返そうと思います。

ちょっと遅刻(3/7)

↓のために今ゲルダの話を書いていたのですが、明日がちょっとたいへんなので本日中にアップを諦め、明日の夜とさせていただきます。まあ、正規のワンライではないんですけどね。とりあえず。

抜粋しました(3/1)

小説一覧の中にDQ8ワンライ抜粋を造りました。ワンライの中でDQ8キャラのお話だけ集めた目次です。だんだんたまってくるとなんだかうれしいもので、というコレクター心理でしょうか。メインキャラはあとは主人公エイトを残すのみですが、個性的な脇役も多いので、どれだけ集まるか楽しみです。

ほんとはもっときちんと構想して長編書かなきゃと思っているんですけどね。ワンライは書きっ切りでほうりだしておけるのでラクなものでつい……。これに慣れてはいけない、と自戒中です。

拍手御礼(2/22)

>こんにちは、の方、お気づかいありがとうございます。とんぼのところではたまたま別のソフトの不具合がIE不調と重なったため、あわやこのPC廃棄か、とまで思いつめました。今はブラウザをchromeにしてます。ソフトの方はいじくってたらいつのまにか治りました。短気は起こすものじゃないですね。なんとかモチベーション上げてワンライ36はクリアしましたです。応援ありがとうございました。

深刻な不具合が発生しました(2/21)

ちょっとパソコンのぐあいがおかしいです。今書いているこの日記も、自分でブラウザを確認できいないと思います。今晩ワンライ37書けるかどうかわからない感じになっています。少々反応が遅れます。ご容赦ください。

追記:不具合はホームページソフトなのですが、IEも変だ、と心配していたらIEのほうはセキュリティソフトのせいらしい、という報道があったそうです。てっきりローカルのPCそのものがあかんと思ってました。ワンライはなんとかなりそうです。あとはネタが出て原稿書けばいいだけだ……大丈夫かな。

小ネタてんこもり(2/8)

>捜神アレフガルド読みました~の方、熱い感想をありがとうございます。珍しいくらい気持ちよく書けた話なので、気に入って下さる方がいらっしゃるとたいへんうれしいです。DQ1ネタをてんこもりにした(レミーラとか、最初に町を出るときは布の服と竹槍、とかね)のですが、理解して下さる方がいらっしゃると楽しいもんですね。シナリオ上勇者パーティになることは決定していたんですが、やっぱりどの勇者にも見せ場をつくりたくてがんばりました。そこを格好いいと言っていただけるとまことに報われます。ラーレさんは「太陽の石になりました」という洒落をやりたくて太陽女神にしたんですが、けっこう目立ってしまって総合ヒロインのローラ姫の出番を完全に奪ってしまいました。こんなDQ1あるかい、という気がしたんで、ほとんどむりやりローラ=ルビス>ラーレという図式をつくってしまいました。(その分、先週のワンライで一生懸命ローラ姫書いてます……って言いわけです。)>これ、漫画かアニメで見たい~!!うん、とんぼも見たいです。でもまあ、無理なんで、しょうがないんで脳内シアターやってます。というか、とんぼはたぶん、妄想満開の脳内シアターを文章で説明する形で小説を書いてるんでしょうね。キモい解説すいませんでした。またなんか書いたら、遊びに来て下さい。お待ちしています。

拍手御礼(1/28)

先日サイト開設記念のことを↓に書いたところ、たくさんの拍手ありがとうございました。なんか、いつもやってるんですが、ほんとすいません。たくさんの応援ありがとうございます。ぼちぼちとがんばりますね。

>遅ればせながら~の方、お祝いありがとうございます。 気楽に長く続けていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。

何度でもありがとう(1/26)

2001年の今日、サイト「王宮のトランペット」がスタートしました。今日でまる14年ということになるでしょうか。昨年は良い年でした。前から書きたかったDQ5ネタの作品と、それまでやったことのない混合ネタも書けました。また新しい試みとしてワンライも初めました。それぞれの作品に対して応援をたくさんいただきました。とんぼは、幸せです。ただ、14年前と同じ体力はないようです。先日重ねた無理が思い切り祟りました。充電期間を長めにとって、ゆっくり書いていきたいと思っています。こんなサイトですが、よかったらまた一年おつきあいください。

さて、先日連載を終わった「捜神アレフガルド」の主人公が答える「DQキャラに戦闘について50の質問」ができました。小説一覧のその他のDQ作品の項目にあります。楽しかった連載の思い出に、ちょっとはっちゃけたかもしれません。よろしかったらご覧ください。

生存報告と御礼(1/23)

とんぼです。先日は発熱のため失礼いたしました。原因は扁桃腺炎/扁桃炎によるものだったようで、あのあと病院へ行き、薬を出してもらいました。この病気は先生曰く扁桃腺が真っ赤に腫れているんだそうです。どうりで食べ物を呑みこみにくかったわけでした。高い場合は40度の高熱になることもあるそうですが、とんぼも2日ほどふらふらしました。やっとゼリードリンクからおかゆに、おかゆから普通の食事になりました。今日は久々にお仕事に行ってきました。なお、扁桃腺炎は感染、乾燥、疲労などの要因が結びついて起こるそうです。疲労というの、心当たりがありすぎです。

 ここからは熱でお返事できなかった分の拍手御礼です。

>こんばんは!~の方、いらっしゃいませ。デボラさんは相棒の青とんぼがたいへんひいきで、その関係でとんぼも好きになりました。なかなか男前な姐さんでかっこいいひとですよね。作中には出てきませんでしたが、レックスの妹タバサはお母さんそっくりな性格だと思います。フィフスはそのたくましい女性二人にいろいろな面で守られている“お姫様”型主人公、というところでしょうか。なんか空想し始めたら楽しくなりました。とんぼの旧作もお読みいただいたようでおそれいります。これからもよろしくお願い申し上げます。

>捜神アレフガルド~の方、お返事遅くなりました。いつも読んでいただいてありがとうございます。誰かが読んでくれると思うのはすごくうれしいことです。また次も書こう、と思えますからね。新作できたらぜひ見に来て下さい。

>捜神、了読~の方、こんにちわ。え~と、うちのルビス=ローラ説+ルビス→勇者(1,3)説は、「雨と太陽の王国」が初出でした。実はこれ、2001年に書いたブツで、実に大昔です。そのあと設定はあっちこっち(ロトシリーズ20のお題「ルビス」など)で使いまわしてはいますが。とんぼは15年くらい同じようなことを書いているらしいです。おかげで設定ブレがなく、おっしゃるとおりある種のインパクトになったかもしれません。いちおう第12話は、ルビス=ローラ→勇者という設定に矛盾がないようにしたつもりです。旧作から語っていただくのは嬉し恥ずかしというところですね。長いおつきあいありがとうございます。

で、最後にやっぱりもったいなかったんで、ローラ姫のパート。

 はっとして彼女はみじろぎした。冷たく湿った岩牢の中、薄い掛け布の下で身が震えた。
「夢を見ていたのかしら」
こんなにはっきりした夢は久々に見たとローラは思った。
「アレフガルドの女神、なんて……」
息のかかりそうな近さに寄った顔は、ローラも知る竜王のものだった。くっきりしたアイラインの強い目力、溢れるほどの悪の華やぎは彼以外にありえない。その眼前に刃唸りをあげて剣をつきだした若者がいた。美々しい青い鎧、金の霊鳥の紋章が印象的だった。
「さがれ!」
うっとりとその横顔を彼女は思いだした。すっきりした目鼻立ちの涼しげな横顔だが、瞳には闘志を湛え、竜王を睨み据えていた。
「ほう、ナイト気取りか?」
ナイト、私のナイト?固いベッドに腰掛け、ローラは肩から掛け布をストールのように巻き付けた。
「いつか迎えにみえるのかしら、私の騎士様が」
忘れないわ、とローラはつぶやき、もう一度夢の中の若者の顔を思い浮かべるために目を閉じた。

 以上、第12話から割愛した部分から引用でした。冷静で思慮深く凛とした女神と、ふわふわぽややんなお姫様が同一人物というのは、とんぼのような二重人格好きにはこたえられませんのです。さてさすがに疲れてきました。今日はこんなところにして、ワンライのお題を見に行って来ます。書けるかな?

熱出ました(1/19)

拍手たくさんありがとうです、こめんとも全部よんでます。熱、でました。38.5ド。ちょっとやすみます。

ご声援感謝(1/18)

昨日連載を終えて以来、大量の拍手をいただいております。こんなにたくさんの方が連載読んでくださったんだなと思うと(半分くらいは昨日同日アップしたシャークアイのワンライだとしても)有りがたくって本気で涙出ます。

>おかめさま、いらっしゃいませ。昨日最終話アップしてワンライやって、そのあとなんか気持ちよく疲れてすっかり寝ちゃいました。こんなにすっきり完結できた連載は珍しいです。ラーレさんはDQ1本編には登場しないのでどうしても抹殺しなくてはならなかったのですが、本編に太陽の石が出てくることを思い出して“竜王の質問”を使って結末をつけることを考えつきました。おかげでパーティの4人は陰ながら勇者アレフの旅立ちを見守る予定だったのにラダトームで話しかけてしまいました。ラスボス戦その後、というシーンがかなり長くなって他のページの三割増しというありさまです。おかげでローラ姫の登場シーンが割愛されることになりました。ローラ姫のまったく出てこないDQ1話と言う噴飯ものになっております。

 結末せつないと言っていただいてうれしかったです。おかめ様には連載のそもそものはじめからモチベーションをあげていただきまして本当に恐れ入ります。おかげさまで最後まで書けました。もしかしたらワンライその他で今回の勇者パーティの面々がどっかに出てくるかもしれません。うちのでこぼこパーティ、可愛がって頂ければ幸いです。応援ありがとうございました。

とうぜんふろしきは唐草もよう(1/17)

主人公共闘企画「捜神アレフガルド」第十二話をアップしました。今回の連載はこれで終了。楽しいお祭りが終わったような気分です。最後に出てきた太陽の石ですが、古いDQ1攻略本だと岩が下にくっついているんでああいうことになりました。考えたんですが、あの石、大きいんでしょうか。とんぼのイメージではフィフス(5主)は太陽の石をふろしきに包んでいる感じです。大きい場合、背中にしょって胸の前で風呂敷のはしを結んでいるかも。一行はあのままラダトーム市の門を出て塀に沿ってぐるっと歩いて、石を預けに行く予定です。

連載中いろいろと応援していただきましてありがとうございました。カウンタはちゃんと数えてなかったんですが、第一話を出した直後は89万代でした。ほんとお世話になりました。エピローグはないのですが、同企画様で「DQキャラに戦闘について50の質問」が設定されています。そのうち仕上げますので、よかったら見に来て下さい。よろしくお願いします。

怪獣大決戦(1/7)

主人公共闘企画「捜神アレフガルド」第十一話をアップしました。やっと5主が戦闘に参加してくれました。というか、おまえは武器を使えないんかい、とか書いていてつっこみたくなります。ドラゴン状態では素手で殴ると言うか噛みつきあっていますので。それと実は今回がラーレ様初登場シーンだったかも。最初はもうちょっと女神らしい感じだったんですが、ルビス様が出てきたので差別化のためにツンデレ妹キャラになりました。描写ではわかりにくいですが、彼女はツインテールです。次は10日後に最終話です。最後までおつきあいいただければうれしいです。

あけましておめでとうございます(1/1)

年も明けまして、また新たな日記が始まりました。長いおつきあい、みなさまには本当にありがとうございます。経済が動き、自然災害も多いこの世の中ですが、いやたぶんそれだからこそ、とんぼは想像の国に閉じこもって遊んでいるのだと思います。そんな自己満足なやつにつき合ってくださる方がいらっしゃるなんて、世の中捨てたもんじゃありません。今年もぼちぼちやっていきますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

さて、今年の予定ですが、連載中の「捜神アレフガルド」はあと二回となっています。そのあと充電期間をおいて懸案のDQ2ものにいきたいのですが、今年はいろいろあるじゃありませんか、シアトリズムとか、闇の竜とか。そっちへ浮気したい、じゃなくて、浮気しなかったら構想をすすめたいと思います。

同時進行しているワンライのほうはできるかぎり参加したいです。てか、今週まさかワンライあるのかな。本の上のスライムさんは過激なのであるかも。あとでtwitterのぞいてきます。最後になりましたが、どうぞ良いお正月を。