とんぼ日記2016年

2016年1月~12月の日記です。現在の日記へお帰りの方は上のリンクからどうぞ。

実は引越しまであと一週間強(12/30)

↓の書き込みにある「DQ小説同盟アンソロジー」のための寄稿作品「魔界豆腐」の第三稿に修正を加えたものを本日主催様に提出し、最終稿とさせていただくことにしました。結局一か月以上かかってしまいました。最初はちゃんとグランバニア一家のほのぼの話で、“やっぱりお父さんはきみたちが大事だよ”、みたいなテーマになるはずが進む方向をどこかで間違ってしまい、カオスと化しました。

そんなわけで、今年最後の御挨拶をしようかと言うのに頭の中が妙にハイテンションです。ええと、「魔界豆腐」がこのサイトに登場するのは、アンソロジー規約により一年以上先になります。おそらくその前に今もうひとつ手を付けているDQ5ネタが先行すると思われます。で、それとタイアップする形で今度は「ヘンリーアンソロジー」に寄稿する作品を作っていきたいです。日記の下の方で登場した(茶色の字の)習作をなんとか生かしたいと思っていますが、ネタを練っていたら鬱めのほうへ転がりだしたのであわてて止めました。なんとか心機一転して明るい方向へ舵を切っていきたいです。

そんなあやふやな決意表明もどきで今年は終了です。最後になりましたが、更新さぼりまくっていたのに読みに来てくれる皆さま、あまつさえ拍手までくださった読者様にたくさんの愛と感謝をささげたいと思います。どうか来年もよろしくお願いいたします。

エントリーしました(11/25)

このたび「DQ小説同盟アンソロジー」が編まれることになり、昨日参加を希望いたしまして、主催者様から了承いただきました。わーい。このアンソロは2017年04月01日(土)に都立産業貿易センター台東館で行われる「第5回 Text-Revolutions」様で配布されるそうです。珍しいことに”DQ小説同盟参加者だけがエントリーできるアンソロジー”だそうで、中身の相当濃いものになりそうです。

詳しくはこちらへ⇒DQ小説同盟アンソロジー 

とんぼはDQ5で家族ネタをやりたい、と希望を出しております。トリッキーなネタはちょっとテルパドールで煮詰まってしまいまして……それでも書いてるけど。アンソロはほのぼのした雰囲気でいきたいです。ところがどうしたことか、古いネタフォルダから「魔界豆腐」なるアホウなメモが出てきてしまい、それを読んでいるうちにギャグともシュールともつかないカオスが脳内でひたひたと水面をあげております。どうしましょう……。締切は一月なのですが、個人的に忙しかったりしてそれも不安の種です。どうしてもだめだったら、いつぞやワンライと称して短めのネタを連発した中から気に入ったものをリライトすることも考えています。いつのまにか11月も終わりそうですね。ちょっとネタだしに行ってきます。

モロカングラスのミントティー(10/29)

テルパドールのイメージを探してたら、動画サイトで古い映画「シーザーとクレオパトラ」を見つけました。クレオパトラ役はエリザベス・テイラーさんです。やっぱり美人さんだと思いました。クレオパトラが初のローマ入りをするシーンがあったのですが、さすがハリウッドでダンサーのみなさんがエジプトやアフリカの諸部族に扮して華麗なダンスを繰り広げていました。その中に、鳥の翼を模した作り物を両腕に装着して羽ばたくようなしぐさをする女性たち、たぶん女王の侍女たちがいました。鳥ー空ー天空の連想で、これアイシス登場に使えるかな、とか思ってみたり。

>初めまして~の方、いらっしゃいませ。少々留守にしておりましてお返事が遅くなりました、すみません。うちのラインハット組にご賛同いただきましてありがとうございます。今のところ、5主が情報を必要としていて、それを提供できるのがラインハットなので、その結果を携えてわざわざテルパドールヘ来る、みたいなイメージで進めています。強引なのは承知の上。ただあの衣装、というか、上着(その下にたぶんシャツ)とズボン、ケープというかっこうでエジプトっぽい気候の国に登場するとすごく暑いだろうと思います。女王アイシスに会うときはともかく、あとは寝椅子にぐたっと座り込んで天井を仰ぎ、シャツの襟をはだけてバタバタ風を入れていたらかわいいとか思ってしまいました。あ、汗をかいたのを言い訳にして5主といっしょにサウナもありかも。どうも今回とんぼはキャラの皆さんを脱がそう脱がそうとしている感があります。ちなみにモロッコで一般的なドリンクはミントを入れたお茶だそうです。作中に出てきたら笑ってやってください。拍手ありがとうございました。

エジプトの女王なら相手はシーザーかしら(10/24)

先日から拍手でいろいろとかまっていただきまして感謝に耐えません。頭の中はずっと熱砂の砂漠に行きっぱなしです。気が付いたら関東地方は冬が近づいてました。

>みくそん様いらしゃいませ。なんと10年の御ひいきありがとうございます。まじで初のテルパドールです。テルパドールの建国はミネア説とアリーナ説がありますよね。公式小説だとアイシスさまは人間というより精霊に近い存在みたいな感じでした。実はパパスと5主が、衣装のせいでなんとなく温暖な地方の出身に見えるのです。グランバニアはどっちかというとチゾットのせいか寒い感じがするんですけど。今、そのへんのギャップを越えるためにいろいろとねつ造設定を作っているところです。グランバニア王家の先祖の方に、テルパドールから嫁が来てないかなあ、とか。アイシスさまは設定がエジプト風なもんで、イメージはクレオパトラです。だとしたらグランバニアがローマみたいなもん、あたりでうまくいくかしらん。

まだこの程度ですが、ゆっくりまったりたくらんでみようかと思います。健康面までお気遣いいただき、恐れ入ります。待ってくださる方がいる、と思うと北風の中でも心があったかいです。応援ありがとうございました。

アラビアンナイト(10/22)

このところ脳内テルパドールで遊んでいるとんぼです。実は毎度おなじみDQB‐フリービルドで3DS版のテルパドールの王宮と地下庭園を製作してみました。これを眺めながらいろいろ考えて楽しんでいます。機会があったらまた人形サイトの方にでも展示できるかもしれません。

>ココ子さん、いらっしゃいませ。こんなところにおいでいただけるとはうれしいです。テルパドールネタ、見ていただいてありがとうございました。あれから紆余曲折しまして、今テルパドールの王宮地下庭園で戦闘、というところまで考えたあたりです。戦闘、しかも大勢対二人(ヘンリーと5主)、という設定の戦闘を2パターン考えてます。ひとつは奴隷時代、もう一つは青年時代後半でこちらがテルパドール編と思ってます。いただいた拍手でつい自作語りを始めてしまうのは悪い癖です。でもこうやって大筋を考えていくのが一番楽しいところなんでお許しください。男前のビアンカさんのことも褒めていただいてありがとうです!また時々タイムラインにもお邪魔しますね。拍手ありがとうございました。

拍手たくさんありがとうです(10/16)

先日の脳内場面に拍手でご賛同をいただきましてありがとうございます。ここんとこ更新できなかったのに、あんまりありがたくてどうしましょう、と思ってます。さて5主とビアンカが濡れ髪&セミヌード状態で武器だけ引っ提げて怒り狂っているとそうとう迫力あるんじゃないでしょうか。怒れる母のビアンカさんは、大判のクロス一枚で下は足首まで上は豊かな胸ぎりぎりくらいまで覆うのを片手で押さえ、三つ編みにしてない金髪もこみで復讐の女神みたいなイメージでお願いします。……絵としてはかなりふくらんできているのですが、まだお話として流れない。なんとかならないかとじたばたしています。なんか頭に浮かんだらまた書いてみますね。よろしくお願いします。……ちょっと思ったんですが、普通こういうアイディアていどのことってtwitterに書くのかな。正直何をつぶやいていいのかわからないんでこのところご無沙汰してます。まあ、ぼちぼちとね……。

異邦人(10/14)

↓の書き込みにあった脳内場面、やってみます。キーになる、というか、話の流れていくきっかけにならないかな、と思っているあたりです。場所はテルパドールにある公共サウナみたいなもので設定しました。

 アイルの休んでいる所は広くて長い廊下の隅だった。ホールといってもいいほど大きな廊下で、青緑の薄い布で仕切られている。布一枚を透かして、父のルークが台に寝そべってマッサージをしてもらっているのが見えた。マッサージ師が指につけるオイルの花の香りがかすかに漂っていた。
 腰布一枚の半裸で、長い髪は洗ったばかりで布で包んでいる。アイルのいる側から眠そうに目を閉じた顔が見えていた。
 初めてテルパドールに来たときアイルが驚いたことのひとつは、父がめちゃくちゃ街に馴染んでいることだった。なにせ地元民が父に道を聞くのだから。テルパドールの人々の話す言葉は共通語なのでアイルにも理解できるのだが、どことなく間延びしてのんびりと聞こえる。ルークが大陸特有の歯切れのいい言葉で返事をして初めて、市民は相手が旅行者だと悟るのだった。
 ルークはテルパドールの女たちから別の視線も浴びていた。カイに言わせると“お父さんがモテるのは慣れてるわ。でもちょっと図々しいわよね、あのひとたち”。ブロンズの肌と彫りの深い顔立ちは、砂まみれの旅姿でもテルパドール貴族の若様のように見えるらしい。父の寝顔をぼうっと眺めながらアイルは、でもお父さん、本当は王様なんだけどな、と考えていた。
 暗がりの奥からぼんやりと声が漂ってきた。遠くのスペースでマッサージ師が客と世間話をしているらしい。声がくぐもって聞こえるので、内容はわからない。
 突然、声が変わった。
 アイルはグラスを置いて身を起こした。
「今の、悲鳴?」
台の上で、ルークが目を見開いた。ひと呼吸でマッサージ台から飛び降りた。
「カイの声だ!」
「やっぱり!」
台の脇に立てかけていた杖をひっつかみ、サンダルも履かずにルークは飛び出した。頭に巻き付けていた布がはずれて背後に落ちる。濡れた黒髪が背にばらりと散った。
 サウナの中は薄い布が仕切る迷路に等しい。杖で布をもどかしげにかきわけ、ルークが走っていく。アイルは一生懸命後を追った。
 周りでは浴場の客たちが騒いでいた。マッサージ師も垢すり師も手を止め、みんな薄布の仕切りをめくって何ごとかとのぞいていた。
「下がりなさいっ」
女の声が叫び、びしっと何かが音を立てた。あれは鞭だ、とアイルは思った。母のビアンカが戦闘用の鞭を空中で鳴らして威嚇しているのだった。
「カイ、ビアンカ!」
本来、客が女湯と男湯を行き来することはない。だが半裸のルークは杖で布の間仕切りをばっさりと払いのけ、怒り狂った獣のようにその場へ飛び込んだ。
 幸いそこは、休憩室へ至る通路の一画だった。女湯の客たちは、すでにあるていど身なりを整え、寝椅子の上で水分を補給している状態だった。彼女たちは騒ぎの中心から遠ざかり、なおかつ興味津々とこちらのようすをうかがっていた。ルークとアイルが飛び込んできたとき、きゃあ……と声がもれた。
 休憩室のすぐそばにモザイクタイルで飾ったアーチ形の入り口が口を開けていた。アーチの柱の前にうずくまっているのは、ひょろりとした男だった。うずくまったかっこうで手を伸ばし、がっちりと布の端を握りしめている。
 その布は、アイルの妹、カイが胸の下からぐるりとまきつけた一枚布だった。カイは身動きもとれず、震えていた。
 ビアンカは濡れたままの金髪を結いもせず、自分の胸から下を布で覆い、合わせ目を片手で押さえている。もう片方の手に愛用の鞭をつかみ、カイを見上げる男を威嚇していた。
「お父さん、お兄ちゃん!」
こちらを見上げたカイの声が震えていた。
 ルークが杖の先端をうずくまる男の眼前につきつけた。ようやく男は顔を上げ、ルークと目が合った。
「僕の娘を放せ」
無礼な男が見上げたのは、単なる浴場の客ではなかった。腰布一枚をまとっただけの身体は傷だらけで、胸には大きな焼き印がある。そして並みのテルパドール人より背が高く、胸板は厚く、戦闘に戦闘を重ねて鍛えられた筋肉を見せつけていた。いつもターバンに隠している黒髪が顔の周りに散り、爆発しそうな怒りを溜めた瞳が無礼者を見下していた。

モデルはモロッコの公共浴場、ハマム。このところモロッコの観光案内を夢中で漁っていました。特に陶製のタイルを組み合わせたモロッコ風のモザイクの美しさに心を惹かれています。とはいえ、↑のシーン、うまい使いどころをまだ考え付いていません。というか、DQ5の悪役、光の教団をここへ持ってくるのにはなんとなく合わない、という気がしています。そうすると敵役のツブが小さくなってしまう……。なおかつ、このテルパドールでは完全に異邦人であるヘンリーの出る幕がないという大問題が発生しております。さあ、どうしよう。

>白石さま、こんにちわです。ご心配おかけいたしました。引越しを控えてちょっとごたついているのは確かなんですが、頭の中は相変わらず↑こんな世界でお気楽に遊んでます。テルパドールにしようと思ったのは、今まで……サイト開設以来15年ほんとに一回も書いたことがなかったから、なんですが、参考にしようとネットや書物を探していたら思いがけないほど楽しかったです。そのうちお話としてまとまるといいなあと思いつつ、まったりいこうと思っています。お見舞いありがとうございました。

近況報告とお礼(10/11)

二か月も黙り込んでいましてどうもすいませんでした。それなのに、トップのカウンターが進んでいるんですよ。こんなふがいないサイトにわざわざおいでいただきまして、なんかすいませんというか、恐縮いたします。今は身辺でいろいろやってまして、なかなか原稿書くためのまとまった時間が取れない状態です。キーになる場面は、脳内だけにあります。そのうち日記に一場面だけでも書いてみようかと思います。脳内から外に出してやるだけで動き出す、ということも以前にありましたから。

>開設当初から~の方、いらっしゃいませ。当サイトの開設が2001年でしたので、では15年来の御贔屓様でしょうか。長いおつきあいほんとにありがとうございます。長年いろいろなコメントを拝見していますが、”風呂敷の広げ方”をお褒め頂いたのは初めてかもしれません。二次創作者冥利に尽きます。一次創作に寄り添って、でもちょっとだけ違う世界を繰り広げるのが、二次の醍醐味と思っています。ロイ、サリュー、アムのロトトリオは、ロンダルキアの冒険を残しております。実はなんとか書かなければ、というプレッシャーを自分に与え続けた結果、一回自滅してしまいました。今はもっと軽いネタから試していって、ゆくゆくはラスボスバトルへつなげたい、という方向になっています。嬉しいコメントをいただきまして、新しいモチベーションになりました。また原稿がんばります。拍手ありがとうございました。

拍手御礼(8/16)

>はじめまして~の方、いらっしゃいませ。世界に引き込まれると言っていただいてうれしいです。DQ2二次の中で、「雨と太陽の王国」は初めて書いた作品です。手探りだったのですが、書きながらロトトリオの魅力を再発見していったような気がします。うちのDQ5王子コンビもお気に召しましたでしょうか。今ヘンリーのための新しいお話を考えています。考えるだけで楽しい日々です。これからもよろしくお願いします。ご感想ありがとうございました。

近況報告+拍手御礼(8/9)

お暑うございます。先月末からぼちぼち市の図書館へ行き始めました。目的はネタ探しと、ついでに冷房です。世間様はオリンピックだなあと思いつつ、つい現実逃避にむかってまっしぐらです。すっかりサイトをさぼっていたのにコメントをいただきましてありがたいやら申し訳ないやら、汗顔のいたりです。

>こんにちは。の方、面白いと言ってくださってありがとうございます。またなんかネタができたらよろしくお願いします。

>だいぶ前の話で~の方、(前のコメントと同じ方かどうかよくわからないタイミングでしたので、別個にお返事書かせていただいてます。)「ぐうたら姫のお城」さま、拝見してきました。“チョコボのための御馳走レシピ”の豪華さに目がくらむ思いでした。最近DQBやっていたんですが、いろいろと食べ物のレシピがでてきまして。チョコボのための~にあってDQBにないのは調味料だと気が付きました。DQB次回作があったら、黒コショウを取りに行かされるかもしれないですね。ちょっとネタのヒントをいただいた気分です。どうもありがとうございました。

>萌黄さま、いらっしゃいませ。スペタクルツアーズからお帰りなさい!あああ~いいですねえ。観客が全部ドラクエファンという空間……すごいなあ、DQまみれという羨ましさ。ていうか、年代に幅のあるファン層って実はすごいことですよね。ドラクエって日本の財産なんだと思います。とんぼは一度すぎやま先生のコンサートでそんな空間を味わったおぼえがありますが、記念碑的なツアーはきっと桁違いでしょうね。すてきな感想をいただきました。熱気と感動のおすそわけ、とても嬉しいです。でも暑いのもマジなんで、どうかお体にはお気をつけて。

ようこそ、マエストロ(7/22)

>白石妙奈さま、いらっしゃいませ。妙奈さまにドール見ていただくのは冷汗ものですが、なんとか形になっていればうれしいです。小物メイキングは、ある意味自分のためです。いつか似たようなものをつくるかもしれない、なんて思いまして。好意的なコメントありがとうございました。

上げてしまいました(7/21)

何を上げたかというと、DQB男主人公ドールの写真をアップしてしまいました。画像処理ソフトも変わったので不慣れです。もしドール嫌いでなかったらのぞいてみてください。それと、その次のページに載せたのは、DQBフリービルドモードでの自作スクリーンショットです。先ほどまで楽しく説明文を書いていたのですが、読み返して自己満足そのものだと思いました。もうほんとに、暇で暇で仕方ないという方以外にお勧めしません。ごめんなさい。

幸せの予感(7/6)

先日「ヘンリーアンソロジー」への参加を申し込んだところ、無事、執筆者リストに名前を載せてもらう事ができました。間に合ったよ……という感慨と達成感で、少々ぼやっとしています。個人的な面倒ごとはほとんど片付き、あとはとあるグループの集金係になっているので、しつこくねばりづよくがんばるのみになりました。この春からこちら、「死の舞踏」、「はいと答えた男」、と少々鬱なネタが続きましたので、今回はもうちょっとハッピーな感じになるものをねらっていきたいです。だって、ヘンリーだし!

実は参加申し込みに先立って、ビッグサイトまでスクエニオンリーへお出かけしてきました。最近同人誌からはとんと離れていたのですが、嬉し恥ずかしのあの熱気、あのどきどき、とても懐かしく、うれしかったです。エコバッグって便利ですね。戦利品抱えて帰るのに最適でした。見た目、買い物してきたただのおばさんです。口元が妙ににやにやしているだけです。帰りの電車の窓に映る自分の顔を一生懸命引き締めようとしましたがダメでした。

それから↓の書き込みをしましたところ、「メルキドグリーブあるでしょ?」と相棒に言われました。達成してないチャレンジがあるので作れないと思い込んでいたのですが、なんとレシピにのってました。今日はアルミラージ狩りに行こうと思います。

落下28段(6/30)

本日ドラゴンクエストビルダーズ二次「はいと答えた男」後半をまとめアップしました。なんとか6月中にまにあいました。春の初めからすったもんだしていましたが、今のところ転職は面接まで行って感触がよく、転居は転居先の都合で年末あたりというところでかたまってきました。鬱と混乱のあおりをくった二次創作ではDQB男主人公くんをひどいめに合わせてしまいました。でも書いているうちに自分でもすーっとしてきて、最後は幸せな寝落ちにすることができました。

現在DQBでは、ちまちまとフリービルドでラインハット城を作成中です。そのためにDSでDQ5を出してきてどんな形だったかなと図にしてみたりして、たいへん楽しかったです。というか、ドラクエ世界のものは、少なくともスーファミ時代くらいなら、たいていDQBで造れるんですね。カメラがうまく動くようにひとつの階の高さは7ブロックほどにしていますが、ヘンリーの部屋は城の4階にあるので、そこから落ちたらビルダーは即死だろうと思います。どうやってドーム屋根つくろうかな。それからもしDQBパート2があるなら、今度は透明な床材を作ってもらえないでしょうか。二階を作ると下の階のようすがわかりにくくて困ります。

さてしばらく小説アップの予定はないのですが、もしかしたらドールをアップできるかもしれません。まったくの自己満足ですみませんが、よろしければおつきあいください。

拍手御礼(6/22)

>白石様いらっしゃいまし。最初今回の新作はpixivに上げていたんですが、「表紙」として好きな画像をサムネイルにできる機能がありまして。突然それにドールを使いたくなりました。作り始めると楽しいですね、ドールドレスは。最初帽子とゴーグルだけのつもりが、エスカレートしてああなりました。今、1主やローラ姫もあのサイズで造りたくなって困っています。ドール、それと小説もがんばりますね。コメントありがとうございました。

DQB始めました&拍手御礼(6/20)

本日ドラゴンクエストビルダーズ二次「はいと答えた男」前半をまとめアップいたしました。予定では幽霊が三人で、ラダトーム編からさかのぼっていきます。なんかディケンズのクリスマスキャロルみたいになりました。月末には話のオチまで書くつもりです。

今さら言い訳がましいのですが、本当はもっときれいにまとまる予定でした。幽霊一人につきお話一つという感じで四話構成の予定でした。ところが番狂わせが起こりました。マイラ・ガライヤ編のネタが長くなりすぎて、一話に収まらなくなってしまいました。しかたなく、そちらはそちらで「ギガンテスチキンラン」としてpixiv行き、そのショートバージョンを「はいと答えた発明家」としてこちらのサイトでアップしています。そんなことをしていたらいつのまにかとんぼの中でラライが、マイラ・ガライヤ編の登場人物でちょっと冷たい雰囲気の悩める発明家キャラが、お坊っちゃまふうのツンデレ&アメルダの姐御にめろめろというところまで崩壊してしまいました。二頭身ぽいキャラデザインのためか、どのキャラも可愛く見えてしかたないです。

「はいと~」の目次に掲載しているのはとんぼの造ったDQB主人公ドールです。連載が終わったら久しぶりに人形ページに写真を載せたいと思っています。このドールは以前DQ3デフォルメバージョンで賢者ジャックになってくれたのと同じドールです。ないとわかっていますが、もし竜王になれるドールがいたら、衣装をつくってあげたいものです。

>今さらながら~の方、いらっしゃいませ。今さらなんてそんな、ご感想はいつでも嬉しいものです。文面から常連様とお見受けしますが、メインパーティのサマルトリア兄妹との比較して魅力的と言っていただいてほっとしました。歴史関係で細かい部分にも目を注いでいただいて感謝してます。そういうのを調べるのは大好きなんですが、小説に書き込むときはいつも“これ、くどくないかな”と悩みます。実際、今回のお話はダメな人にはまったくダメな種類の話だろうと思っていましたので好意的な評価が心に沁みました。「カンタレラ」は、大好きな曲です。ほんとに華やかで憧れますよね。コメントどうもありがとうございました。

予告更新しました(6/13)

DQBネタ、次回予告ページに予告を出しました。プロローグ(新規に作成)、第一話(4月くらいからpixivに出していたお話)、第二話(これからpixivに上げる予定のネタのショートバージョン)のまとめアップとなります。実は一話がラダトーム、二話がマイ・ガラ、第三話がリムルダール編でした。当然メルキド編を考えたのですが、出てきたネタが鬱だったあげく、ルビス様まで引っ張り出すことになりました。いろいろひねった結果、メルキド編は第四話ではなく、全体を通しての大枠にすることにしました。

どうしてこうなっちゃったんだろうねえ、と、製作途中のビルダードールをつかまえて愚痴っております。が、「冷めすぎて逆に熱い」(チェリコさん談)眼のビルダー君は涼しい顔でした。

追記:↑の第二話の長い方のバージョン「ギガンテスチキンラン」、第一話をこちらへアップしました。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6892553

ネタじゃなかった!(6/12)

>おぐりさま、お久しぶりです。実はこっそり、ヘンリーアンソロジーって誰かがとんぼを釣るためのネタじゃないかと怯えていましたが、やっと安心できました。よ、よかった~、アンソロ、夢のようです。来月にはぜひ参加申請させていただきますので、どうかよろしくお願いいたします。え~とんぼは10年一日のごとく同じことをやっております。紋章学は、今思えば熱意だけで造ってしまってお恥ずかしいのですが気に入っていただけたら嬉しいです。実はDQ4のリメイクでサントハイムの紋章が丸に十字から変わってしまったのがちょこっと残念だったりします。シンプルな方が由緒正しいんだぞ……とかね。新作までお読みいただけるとか、もう感涙ものです。これからもどうかおつきあいください。うれしいコメントをありがとうございました。

DQBネタ、タイトル未定(6/11)

昨日6月10日はロトの日ということで、あちこちにロト一族のイラストがあって楽しかったです。愛されてるな、勇者様、という感じでした。さて先日、勢い余って↓の書き込みをしたところ、拍手をいただいてしまってすいません、というか、ありがとうございます。わたくし事ですが今月の末に説明会をしてもらえることになりました。で、そちらが片付いてから転居を考えても遅くない、と心を決めました。今はただ、小説を書ける環境があればいい。そう決めると案外あっさりいろいろ決まるもんです。

そんなわけで、近日中に保留になっていたDQBネタ、いきます。こんなにぐずぐずになった理由ですが、DQBは4章構成で最初各章につき一話づつと思っていました。そのネタの三番目(一番目と二番目はpixivにアップ済)がふくらみすぎて収拾つかなくなったのが原因です。こちらのサイトにはショートバージョンを使ってアップして、書きすぎてふくらんだ分はせっかくpixivがあるのでそちらへ載せることにしました。うん、両方やったらいいじゃん……。こんなこともわからなかったなんて。近々また次回予告を再開します。よろしくお願い申し上げます。

あと一か月で(6/9)

今月に入って以来いろいろと番狂わせが起こっています。一度出した予告をひっくり返したりしてすみません。プライベートな方は、まがりくねりながら進行中です。月初めにはやることの多さにめまいがしていろいろと身辺を整理していかなくてはならないと焦っていました。

状況は、実は変わっていません。が、ひょんなことからとんぼは生きがいを見つけてしまいました。どこかの奇特な方がヘンリーアンソロジーを編まれるそうです。このあいだラインハットカレンダー企画が動き出したのを見たばかりだというに。

ヘンリーアンソロの参加受付開始は7月の三日だそうです。よしわかった、今のごたごた、あと一か月でカタつけたらぁ!という気持ちになって、あちこち動き始めました。整理のためにひそかにこのサイトの縮小も考えていたのですが、とりあえず中止。改装はあるかも?それまで原稿ができちゃったら(?)また外部のお世話になるかもしれません。いろいろと中途半端ですが、気分はもうラインハットです。なんかもうめちゃくちゃですいません。とりあえず近況報告でした。

拍手御礼(6/3)

>なすの様、いらっしゃいませ。お返事が遅くなりましてすいません。ずいぶん前からおいでいただいているようでおそれいります。なんとWii版ロト編ですか?とんぼはオープニングが大好きです。ロトの末裔が勢ぞろいするラストは胸が熱くなりますね。DQ2、しかも拙作にあわせてプレイしていただけるなんてなんと申し上げてよいやら言葉も浮かばないほどです。DQ2で最も過酷なステージはロンダルキアからラスボス戦まで、その次にたいへんなのが、諸説ありますがとんぼはロレ王子の一人旅だと思います。薬草を忘れずにお出かけください。なんて書いていたら久々にとんぼもDQ2やりたくなりました。今のところいろいろあって混乱状態なんですが、きっとまた落ち着いて原稿書ける日が来ると信じています。落ち込んでいるときに応援をいただいて心が暖かくなりました。ありがとうございました。

少々お待ちください(6/1)

本日、次回予告を更新しました。ドラゴンクエストビルダーズの二次を予定していましたが、いろいろと時間をとられることが起こり、アップのめどがたちません。というか、HP作成ソフトに触れるかどうかわかりません。少し落ち着くまでお待たせするかと思います。一度予告めいたことをしておいて申し訳ないです。

祝、DQ30(5/28)

昨日今日はとっても幸せでした。ネットのあちこちにDQ30周年祝いがあふれていて、ファンアートもぞくぞくでてきてお腹いっぱいになりました。なんと幸せな時代に生きていることか。両手のひらにあごを埋め、にまにましながらモニターを眺めております。

>ヒーローズの購入予定をご質問の方、ええと答えは「ありません」です。ヒーローズの最初のが出たとき、とんぼには手に負えないんじゃないかと思いましたので見送りました。今回……実に華々しいですね。30周年の記念でもありますし。横目で見ておりますが、やっぱりとんぼには無理そうなのであきらめています。こんなお答えですいません。

”美”は見る者の目の中に(5/27)

>白石さま、わざわざのお返事ありがとうございます。テキストものは、読む側の脳内にできあがったものが最終結果ですから、イメージ通りのふりつけがいちばんよろしいのじゃないでしょうか。次回も……いつになるかわかりませんが、がんばりますです。よろしくお願いいたします。

拍手御礼いろいろ(5/24)

>長編完結おめでとうの方、祝福おそれいります。デルコンダル戦のことを覚えている方がいるなんて嬉しい驚きでした。サリューのロンダルキア戦はメガンテのしどころなんですが、いかにして彼にメガンテをさせないか、をただいま画策中です。待っていると言ってくださる方はとんぼのモチベーションです。コメントありがとうございました。

>べがっちょ様いらっしゃいませ。おなつかしい……。ドールは以前よそ様で購入したリカ幼稚園サイズで、この子に「ドラゴンクエストビルダーズ」の男主人公の服を着せようと造っているところです。久々に「旅人の服あります」更新できたらいいなと思っていますが、転職騒ぎがありましてうまくいきますかどうか。まったりいこうと思っています。

>白石妙奈さま、よくおいでくださいました。あのとき一言つぶやいてくださったおかげで、小説がひとつできました。ほんとに生みの親と思ってます、ありがとうございます。ロンダルキア戦についてめちゃくちゃなねつ造設定をやらかしたのでどうしても説明口調になりがちだったのですが、それを回避したいとがんばってました。もつれなく流れると言っていただけるとたいへん報われた思いです。ダンスの件なんですが、目次ページにある通り、DIVAではなく実写のPVを参考にさせていただきました。さきほどDIVAのほうを確認してきましたが(DIVA F 2nd grace edition)、こちらも素敵でした!サマルトリアの王子様に月下でバイオリン弾いてもらえばよかったかなと思いました。二次創作ってたいてい書いた後にアイディアでるもんですね。ともあれ、連載終了後のフォローまでいただきましてありがとうございました。また何か書き始めたら、どうかよろしくおつきあいくださいませ。

拍手御礼(5/22)

昨日最終話をアップしましたところ、記録的な拍手をいただきましてどうもありがとうございました。管理を見にいって“ほえっ?”とか変な声がでました。こんなサイトで小説読んでくださるだけでもありがたいのに反応までいただいてしまって、駄文書き冥利につきます。

昨日書けなかったことをちょっとだけ。「死の舞踏」のページはどれもdance_makcabreというファイル名に数字をつけて管理をしています。でもね、こないだ調べたらね、la danse macabreが正しい綴りなんだそうです。ダンスのcはフランス語だとsなんだとか。今日、DQ小説同盟さまに「死の舞踏」を登録に行ってきました。ファイル名を変更しようかと思いましたが、今までのファイル名に愛着があるのでやっぱりやめました、というお話。

それともうひとつ、これは相棒に指摘されたのですが、DQ2二次メインパーティのほうではロンダルキア編が未定になっています。「今回のネタはいっさい使わずに書くんだよね?そうだよね?」「えー、あー、はい……」と返事しました。まあ、シドーについては今回のアナザーでトンデモやりましたので、メインではちゃんとしたシドーでいきたいと思っています。さいごにごちゃごちゃとすみませんでした。

サマルトリア城の舞踏会(5/21)

DQ2アナザー「死の舞踏」最終話アップしました。今回使った小道具にロト装備があります。FCとSFCでは装備できる武具に違いがあることは有名ですし、一部の武器防具はロト装備を上回る性能も持っています。というか相対的にロト装備が弱くなっています。……そんなわけで特にとんぼがプレイしたときは2主=ロレ王子がロト系アイテムを装備していなかった時期もあるんですが、そのへんはちょっと見逃していただけるとありがたいです。なんか最後まで言い訳になってしまいました。やっぱりトンデモネタをつっこむとあちこちに破たんがきますね。

実はサマルトリア城の舞踏会というシーンを描くのは2002年に「花のサマルトリア」(メインパーティ)を書いて以来二回目となります。14年前なんだ?と気付いて自分でも愕然としました。で、あのときもサマル兄妹はダンスをしています。とんぼはメイン、アナザーどちらの兄妹ペアもたいへん好きです。

さて、本当ならここでDQB(ドラゴンクエストビルダーズ)二次をアップするお話をしたかったのですが、最近転職いたしまして、それに伴って転居することになりました。色々やることが多くてすんなり次回作に続けられそうもないのですが、なんとか合間合間に上げていきますのでどうかよろしくお願いいたします。

追記:>死の舞踏完結~の方、ずいぶん前からおいでいただいていたようで、たいへん恐れ入ります。「死の舞踏」は、構造上すべての原因が冒頭のラスボス戦で発生します。そこをぼかしてお話を作ったので、第一話あたり意味不明なものになりました。ハラハラしたと言っていただけるのはちょっとした勲章ですね。最後までおつきあいありがとうございました。

拍手御礼申し上げます(5/12)

昨日アップして以来、大量の拍手をいただいています。すごい反応で少し面食らったほどですが、最終話前でこんなに見ていただけるなんてほんとにうれしいです。二~三話かけてタメをとったかいがありました。最後まで気を抜かずにがんばりますので、どうかよろしくお願いいたします。

>いつも楽しく~の方、ご指摘ありがとうございます。「酔の極み」だとぐでんぐでんの大トラですね。「酔」を「粋」に訂正してきました。変換ミスが多いので、教えていただきまして本当に助かりました。重ねて御礼申し上げます。アナザーのムーン姫は最後ちょっとだけ登場の予定です。実はアナザーパーティの別のお話は?とtwitterで言われて苦行スイッチが入りそうな予感がしております。今は、何かネタが浮かんだら……あたりでよいでしょうか。

つっこみご容赦(5/11)

DQ2アナザー「死の舞踏」第七話アップしました。作中でサマル兄妹が踊っているのは「カンタレラ」の踊ってみた動画のふりつけです。というか、それを見ながら書いてました。戦闘の動作もそうですけど、踊りの動作を詳しく説明するって思った以上に大変でした……のであちこち専門用語ふうをちりばめてごまかしております。なんか踊ってるなと思っていただければ幸いですので、どうかつっこみご容赦ください。

セピア色のイメージで(4/30)

DQ2アナザー「死の舞踏」第六話アップしました。ここまでで仕込みは終了し、第七話から謎解きという形になります。うん、たいしたことないんですけど。とはいえ、ぼろ隠しにきゅうきゅうとしております。六話はその前のちょっとした息抜き、なつかしいセピア色の思い出という感じでお願いします。今回のアナザーの参考のために中世ものをいろいろ眺めていたんですが、衣装とか小物とか建物とかやっぱいいなあ。光と闇の境がくっきりした時代ですよね。

追記:全開に引き続き、DQBネタ外部アップしました。今回はリムルダール編で「森と木のカフェ」。こちらになっております。http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6719059

追記:>(゚⊿゚)ツマンネ  まあ、すいません。

こんなところでご挨拶(4/21)

↓昨日外部(pixiv)にアップしたDQB(ドラゴンクエストビルダーズ)二次に、高い評価をつけてくださった方々がいらっしゃいました。思いがけないことだったのでなんとかお礼を申し上げたいと思ったのですがpixivさんのシステムがまだよくわからず、こんなところでお礼を申し上げています。評価も閲覧もうれしいものですね。どうもありがとうございました。ここの常連様だったらいいんですが、pixivでたまたま見た方だったら伝わりませんですね。とりあえずこれからtwitterに出かけてこんなのやってますよとつぶやいてきます。

もう一回意味不明で(4/20)

DQ2アナザー「死の舞踏」第五話アップしました。今回、初回に負けず劣らず意味不明になっております。アーサーとアロイスだけが了解していて、その中身を他人には秘密にしている状態ですので。五話あたりから、今までアロイスにあった視点がアリスへ移ります。最後までぼろを出さずに書けますかどうか。うまくいったら拍手御喝采。

追記:本日DQB(ドラゴンクエストビルダーズ)ストーリーモードを終章までクリアしました。クリアしたとたんにつるっと出てきたネタをついつい短いお話にしてしまいました。ただ、今のところ本サイトではDQ2アナザーでやってますので新しくページを作る手間がかけられない状態です。しかたなく、pixivさんへアップしてきました。こちらでもそのうちアップしますが、興味のある方はこちらへどうぞ。http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6683580

拍手御礼(4/13)

>えにしだ缶さま、こちらでわかるのは拍手してくださった方の一日の人数と総拍手数です。そこからおひとりで~と判断してました。いつもありがとうございます。すごく嬉しいんです、ほんとに。うちのサマルトリア君は、基本形がサリュー、変形がアーサーです。アーサーのお話は多くはなく、これで打ち止めのつもりだったのですが、思いがけないくらい反応をいただいてしまったために欲がでてきて困っています。もしまた彼のお話を書くことがあったらよろしくお願いします。あとお返事遅くなってすいませんでした。

マイラ・ガライヤ(4/9)

DQ2アナザー「死の舞踏」第四話アップしました。はい、予告より一日早いです。実は十日の日曜日に思わぬ遠出が入りました。それで今週のうちに片づけておくはずの作業の予定が狂いましてこうなりました。……だって、超とつげきマシンの使い方がわからなくて、練習してたんです。サソリを轢き殺すのに飽きて雪原のギガンテス相手に突進を繰り返して毎日楽しくヒャッハーしていました。その前は大砲引きずってあちこち行って、カイカンもいいところのトリガーハッピーだし。(←全部「ドラゴンクエストビルダーズ」。あとついつい、「マイヤ・ガマイラ」と言ってしまうのはとんぼだけですか。)

でも資格取りたい教室の先生には↑の言い訳はたぶん通らないんでまじめに課題をやってます。そういうわけで事情により、第四話早めのアップとなりました。やっとサマルトリア王家の内紛からロンダルキアの件へお話が進みます。サマルトリアの方が原因、ロンダルキアが結果というところです。最後になりましたがこのところアクセス拍手ともに数を戴いています。ほんとにありがとうございます。中だるみしそうな気持をぐっと支えてくださるみなさまに心から御礼申し上げます。

意地悪な王子様(3/30)

DQ2アナザー「死の舞踏」第三話アップしました。2主親として設定したアンデレ、ローゼ夫妻の出番はたぶんここまでです。快活で屈託なく見せかけた狸親父的な前国王とほんわかしたその奥様という設定はけっこう気に入っております。今回、語り手の視点を担当するアロイス自身がいろいろと秘密を持っているので多少書きにくいですが、いちおう伏線のつもりなんでご了承下さい。あと、たぶんそうなるだろうなと思っていたんですが、性格の悪いサマルトリアの王子を書いていたらやっぱりヘンリーっぽくなってきました。人物描写のバリエーションの貧しさにため息がでます……。

最近おひとりでたくさん拍手をくださる方、いつもありがとうございます。景気よくパチパチパチパチっとしていただくとこっちも元気が出ます。短期連載はいつも四話前後が一番苦しいところですが、じっくりがんばってみますのでよろしくお願いします。

目標、優雅な二次創作(3/20)

DQ2アナザー「死の舞踏」第二話アップしました。サブタイトルは「禁曲」で、「カンタレラ」の歌詞を引用しています。今回サマルトリアのシーンで背景に使った薔薇の庭園と白いドーム型のあずまやはその動画、グレース・エディションを見て書いてます。やっぱ宮廷の陰謀劇はグレースです、グレース。掛け声だけですけど。

DQBは進行中。相当病がこじれてきてます。町中を歩いていて綺麗に整った壁とか見ると、ブロックになったところを想像している自分に気がつきました。ちょっとやばいです。でもとりあえず目標(どっかの島にラインハット城を建設したい)もできましたので、まったり攻略していきたいと思います。

燃料感謝、とDQB(3/11)

しょっぱなからたき火にガソリンがんがんぶちこむ勢いで拍手をいただいております。これはもう逃げられないと腹をくくりました。思えば前二作では、サマルトリア兄とサマルトリア妹は同時に出てきていないので、今回初めて会話を書くことになります。よっしゃ、がんばる……つもりなんですが、こっそりゲーム買っちゃいました。連載祝い的な感じでドラゴンクエスト・ビルダーズを、その……。主人公のビルダー君なんですが、ゴーグルと青い服のせいでなんとなく2主に見えます。なんか愛しいです。このあいだ初めて着ている鎧が壊れました。フィールドを堂々と下着一枚で行く彼が男らしいです。でもって旅人の服を着せたら3主に見えてきました。しばらく進んだところでやっとこのソフトを薦めてくださった方の言ったことがわかりました。勇者の記憶を持ったこいつ、何者?謎はとんぼの大好物。DQBもネタになるといいなと思いつつ、原稿も頑張ります。

>白石妙奈さま、いらっしゃいませ。物語の生みの親というべき方に巡回していただきまして光栄です。なんとか産声をあげました。たゆさまが声をかけてくださらなかったらこのお話は始まらなかったことでしょう。今、裏方では筋に矛盾したところはないか、トリックに穴はないか、一生懸命チェック中で冷汗かいています。ポカやってたらどうかお笑いください。コメントありがとうございました。

まずは意味不明から(3/10)

DQ2アナザー「死の舞踏」第一話、まずは意味不明なプロローグからスタートしました。最後の方でつじつま会う予定になっております。でも予定なんで未定ですっ。すいません、第一話は登場人物紹介の感があります。アーサーとアリス、なんともブリティッシュな名前になってしまいましたが、他意はありません。気分はどっちかというと中世イタリアです。もともと「アーサー」はサマルトリアの王子の公式名のひとつです。ついでに「アリス」はたしかムーン姫の公式名のひとつだったかと思います。

名前に関してひとつ。次回予告にちょっと書いたのですが、作中Aで始まる名前は原則ロトの末裔ということになっています。トリックの一部を構成する原則なんですが、作中の登場人物たちにとって常識に類するのでことさら口に出して言うことはありません。これからサマルトリア貴族連続毒殺事件及びアーサーが絶望している件について同時進行でいきます。

今回アップ前から拍手やつぶやきなどで応援していただきました。すばらしい燃料でした。弱気にならず最後まで粘って作品にしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

>いつも更新~の方、いらっしゃいませ。なんとか連載始まりました。気長にお付き合いいただければうれしいです。お返事が遅くなってすいませんでした。

緊張をステップに(3/1)

先日次回予告をアップして以来、早めの拍手を大量に頂いております。いつもすごくうれしいです。根性入れて原稿の仕上げ磨きをしてきますね。慣れないものを書いてるんで、今回ほんとに緊張してます。このプレッシャーがないととんぼは作品仕上げられないのですいません、よろしくお願いします。

>頑張ってください~の方、は、はい、鋭意努力する方向で調整する決意でございます。何言ってんだろう自分。ちょっとカオスでごめんなさい。というか、ハリウッド的なハッピーエンドじゃないんだ……、すいません……。

新連載予告(2/29)

春からDQ2二次ネタで8話ほどやってみようかと思っています。これまで二回しか書いたことのないアナザーパーティで、少々ビョーキっぽいスタイルになりました。タイトルは「死の舞踏」。中世ヨーロッパの絵画に見られる構図で大貴族や聖職者はじめいろいろな人々が骸骨と手を取り合って踊っている、というものです。ええもう、タイトルからして中二病全開ですが、おつきあいいただけるとうれしいです。現在準備ページができ、次回予告も入りました。どうかよろしくおねがいします。

>元々父の影響で~の方、嬉しいお言葉をいただきました。ドラクエってこんなに楽しいんだ、かっこいいんだ、すごいんだ、と行間でわめきたてておりますが、聞き取っていただいて何よりです。ドラクエ好きのお父様、素敵ですね。うらやましいです。また応援よろしくお願いします。

追記:拍手御礼
>萌黄さま、スペタクルツアーのご感想いただけるなんてまあ願ってもないことです。ぜひぜひお願いします。たのしんできてくださいねっ。あとサマルトリア兄妹のゴスロリスタイル、想像したら胸がきゅんとしてしまいました。うちのはキャラ崩壊も甚だしい作品になりそうですが、なんとか外ツラだけでもきれいに仕上げたいと思ってます。お返事ありがとうございました。

引越し完了(2/22)

ロリポップさんにてサーバの引越しが無事終わりました。実際は一時間どころか十数分だったようです。が、もしご迷惑のかかった方がいらっしゃいましたら、どうもすみません。これからもよろしくお願いいたします。

拍手御礼(2/21)

>萌黄さま、いらっしゃいませ。あいかわらず楽しいご感想いただきいました。○作劇場お持ちだったとはうれしいです。姫と従者パターンいいですよね。「騎竜少年」はなんとなくクリアリを連想してました。8主くんはクリフトとはちょっとタイプが違いますが、ミーティア姫もアリーナとは違うんですが、なんか愛しくなってます。前に8主が小間使いから兵士になる試験を受けるお話を読んだことがあるんですが、ひそかに応援する姫っていいなと思いました。また主姫ネタ出てきたら書いてみたいと思ってます。

「ドラゴンクエストスペタクルツアー」なんですが、とんぼは残念ながら行かれそうにありません。ただ、相棒の青とんぼが行くかもと言ってたので、いろいろお土産&レポート待ちです。萌黄さまも楽しんできてくださいね。とんぼもドラクエ卒業する気はないでございます!コメントありがとうございました。

お知らせ(2/19)

先日サーバーをレンタルしているレンタル元のロリポップさんから、サーバーを移設するとお知らせがありました。移転中はサイトが表示できないそうです。大家さんの言うことですから今回の移設は確実だと思います。ただ、店子のとんぼの好きな時に移設していいということですので、来週の月曜22日の午前中、あまり閲覧のない時間に移設しようかと思います。

というわけで22日(月)AMは閲覧不可の時間があります。

ロリポップさんの予想では、当サイトのファイル量なら1時間もかからないだろうということでした。そのあいだご不自由をおかけいたしますがどうかよろしくお願いいたします。

拍手御礼(2/12)

>ドラクエ8の~の方、いらっしゃいませ。姫と主人公というなんとも王道なこのカップルがとんぼはとても好きです。子供のころの彼らを想像するのは楽しかったです。小さなミーティア姫はイベントがあるので衣装が判明しているのですが、ちび8主@小間使いというのがよくわからなかったので、DQ8の酒場のマスターみたいな上着をイメージしてました。評価していただいてうれしいです。拍手ありがとうございました。

竜王様のためならば(2/8)

いつも楽しく~の方、いらっしゃいませ。ビルダーズの件、今日一日ずっと悩んでました。「世界観」とか「設定」とか、なんとまあとんぼの心をくすぐってくださることか。たしかあれですよね。竜王様が勇者に問う例の質問から始まる話ですよね。あ~、やってみたいー。vitaとビルダーズ、手に入れることはできると思うんですが、時間の方がないんです。あ、でも、やってみたいし……とか言いながら、一日悩んでました。ほんとに始めちゃったら日記でご報告しますね。拍手ありがとうございました。

なんでこんなに(2/7)

一言だけ。大量拍手、ありがとうございます。ちょっとへこんで帰ってきて、さきほどweb拍手確認しました。ご飯食べた後にもう一回見たら増えてました。モニターが一瞬、涙でブレました。なんでこんなに皆さん優しいかな。ありがとうです。

目標は遙か遠く(2/5)

DQ8二次8主姫ネタ「ドラゴンボーイ 飛竜少年」最終話アップしました。ワンライの時から狙っていた8キャラコンプリート、晴れて達成……と思ったら、まだいました。竜神王さまがいらっしゃいました!お題のまとめによると第38回に「ホフマン、デボラ、竜神王、甘い息・焼け付く息、皮の帽子、ラーミア」として登場されてます。やばいでございます。何がやばいと言って、竜神王ネタを採るにはゲーム最終盤の過酷なファイトをこなさなければならないのですが、とんぼはまだちゃんと成功してないです。すいません、最終話のあとがきに書いた「また今度8二次書く」というの、だいぶ先の目標ということにしてください。

現在のところ抱えているネタとしてはDQ2のアナザーパーティのものがあります。ロトトリオが冒険を終わって帰ってきたあとの後日談という感じになりますが、かなり暗めなお話です。とりあえず進めていますので、今月の終わりまでには次回予告を出せると思います。こちらもどうか、よろしくお願いいたします。

アレフガルドのためならば(1/30)

>ドラクエビルダーズ~の方、とんぼは興味津々なんですが、プラットフォーム……PS4とPSPVitaでしたっけ、をもっていないので、ふんぎりがつかない状態です。ヒーローズのとき買っておけば、と後悔しています。余裕があったらそのうちプレイしたいと思っていますが、こんなんでお答えになるでしょうか?

開き直り(1/26)

DQ8二次8主姫ネタ「ドラゴンボーイ 飛竜少年」第三話アップしました。元ネタをちらちら引きつつラストへ向かうあたりが、書いていて気持ちのいいところです。実は本日は、サイト創設15周年となります。毎年この日になると、一年書き続けてこられたことが不思議な気がします。けしてとんぼ一人だけの力で持続できたのではないです。心が折れそうになったときコメントつけてくれたり拍手くれたりしたみなさま、ほんとにありがとうございました。twitterでもおつきあいくださった方々にもあらためて御礼申し上げます。今年から来年にかけてオフで環境の変化を予定しています。以前だったらいろいろあわてふためいたところですが、ちょっと開き直ってみました。あわてるのは最後の最後でいい、今このときは書く楽しみを満喫していたいと思っています。よかったらまたおつきあいください。

拍手御礼(1/23)

>いつも素晴らしい~の方、ストレートに褒めていただいて胸にギュンと来ました。さて現在DQ2ネタは、ずっと書いてきたのと別パーティ、アナザーDQ2トリオのお話として進行中です。実は困ったことがひとつありまして。このネタ、ワンライ第37回にアップした「美しい淑女」の拡大版です。で、これがけっこう病んだ感じになりました。世間様ではDQ30周年というおめでたい節目だというのに、なんということでしょう……。内心忸怩としておりますが、ともあれ最後までプロットつくってみますね。出来上がりましたらまた遊びに来てください。コメントありがとうございました。

ダイエットは明日から(1/17)

ヘンリー好きのくりこさんが、「ヘンリーイラスト集」を計画なさっているそうです。うれしいなー。あまりヘンリー絵を見ることがないので、いっぺんに10枚とか20枚とか見たら狂喜乱舞しそう。とんぼにとって最高の燃料ではないかしらん。これがこじれるとイラストをネタにSS書き始めますよ、とんぼは。

さてと、第二話アップいたしましてから、いろいろ拍手いただいております。モチベーションアップありがとうございます。この話は真夜中に上げたのですが、飯テロ成功しましたかどうか。ついでに言うと、今夜は中華鍋いっぱいのポテトシューストリングを醤油でいためてからシュレッドチーズを山盛りにして、ふたをして三分たったところで大きくかきまわしてかつおぶしをたっぷりふって出来上がりという簡単料理でございました。あとは野菜炒めと味噌汁です。チーズネタを考えているとダイエットを忘れます……。

チーズ天国(1/16)

DQ8二次8主姫ネタ「ドラゴンボーイ 飛竜少年」第二話アップしました。今回チーズの好きな旅人のセリフをつくるために、和風かつチーズを使った食べ物を血眼で探してしまいました。クリームチーズとりんごジャムのカナッペは人様に聞いて、パンプキンとチーズフィリング入りのパイ(作中では和風にするためのまんじゅうの具になってます)と焼き豚とチーズ入りのちまきはそれぞれ料理の本等からひっぱってきています。チーズ爺さんのセリフに乳製品の漢語呼びがいろいろでてきますが、すべて「和名類聚抄」、「延喜式」、「大般涅槃経」(及びその現代語訳をネットに上げてくださったいろいろなサイト様)によりかかって書いております。というか、竜神族のみなさんはまじでどんなチーズ料理を食べてたんだろう。ちまきにぶちあたらなかったら、本気で“できたてチーズの刺身”にするつもりでした。刺身こんにゃくとかのノリで。

拍手御礼(1/8)

ずいぶん久しぶりに~の方、常連様歓迎いたします、いらっしゃいませ。フォースの登場するクロスオーバーというと「捜神アレフガルド」でしょうか。自分でも楽しんで書いた作品なのでお気に召してうれしいです。「捜神~」は、実は勇者たちの共同戦闘のほうにウェイトがあるのでストーリー的にはだいぶ無理をやらかしました。何一つ矛盾せずにロト編につながるかというと自信がないと言わざるを得ません。DQ4男勇者フォースですが、なかなか書き安いキャラなので「捜神~」のあとに書いたDQワンライで4ネタのときは時々出演しています。ただ長いお話にするには少々ネタが不足ですが、いつかフォースの長編を書きたいです。その時はどうかよろしくお願いいたします。コメントありがとうございました。

まずはクリアリ風から(1/6)

DQ8二次8主姫ネタ「ドラゴンボーイ 飛竜少年」第一話アップしました。以前のバージョンのDQ8ではミーティア姫は、馬になってもお姫様で一人称が名前でも嫌味がない上品さがありました。3DSのちびミーティアは意外に活発で、かわいいだけじゃないあたりがいいなと思いました。今回第一話ではむしろ姫のほうが小さな8主を引っ張りまわしています。8主が多少言葉が不自由気味なのは、彼にとっての外国語をしゃべっている状態、ということでお願いします。

追記:6日を通じて、たくさんの拍手ありがとうございました。初日からのリアクションはとてもうれしいものです。またtwitter上で広げてくださったみなさまにも厚く御礼申し上げます。

拍手御礼(1/4)

 >はじめまして~の方、年頭のご挨拶おそれいります。「犬夜叉」は今でも大好きな作品で、好きと言ってくださる方のご訪問はうれしいかぎりです。犬二次を書いていたころ、7歳と2歳くらいの兄弟を町中で見かけると、それはもうなめるように観察していました。小さい子がお兄ちゃんぶるのってほんとかわいいです。それを殺生丸様で想像するのが楽しくて、「犬夜叉」系統は趣味全開で書いておりました。二次の犬父にもお褒めの言葉を頂きましてうれしかったです。男前の子煩悩は正義だと認識しております。コメントありがとうございました。よかったらまたお遊びにおいでください。

あけましておめでとうございます(1/1)

ついさきほど、↓のように2015年最後の書き込みをしていました。早いものです。年が明けました。次回予告の通り、今年の初物はDQ8ネタです。連載が始まったらまたいろいろぼやくと思いますが、よろしくお願いいたします。これからまた原稿に戻りますが、ひとことだけいいですか?なんで竜神族は和風なのに、チーズ好きやねん?!チーズを使った和食……どうしよう……。