DQコンサート感想2003

2021年10月7日、作曲家すぎやまこういち先生の訃報がもたらされました。先生を惜しむ人々の祈りの声がネットにもあふれ、とんぼもファンの一人として愕然としていました。そのとき、このサイトを作って間もないころに初めてドラクエコンサートへ行った時の感想を、当時のサイトの掲示板に書き込んでいた(2003年8月29日)のを思い出して、追悼を込めて「とんぼ日記」に書きました。お元気だったころの先生の思い出です。日記で流れて行ってしまうのが惜しくなって、こちらのページへ載せることにしました。

ドラクエコンサートへ行ってきました。 掲示板より復刻

8/28は、東京芸術劇場でドラゴンクエストコンサートの行われる日でした。とんぼは友人一名といっしょにコンサートへ行ってきました。2000の座席が完売したとかで、劇場は満員でした。青年、壮年から熟年のお客様も多かったのですが、小学生らしい子どもたちもきていまいた。途中でうるさいかな?と思いましたが、少なくとも私の席の周りでは、騒がれて困ることはなかったです。だって、ドラクエですもんね。神奈川フィルハーモニー管弦楽団のみなさんが音あわせをしている間、期待と緊張が会場内でふくらんでいくのが手にとるように分かりました。

噂に聞いていたとおり、コンサート冒頭「序曲のマーチ」、その最初の音が鳴り響いた瞬間、まさに”鳥肌の立つ”状態になりました。今回はDQ5メインということで、天空編の序曲のマーチ、勇壮で華やかで、心をわしづかみにされました。
(とんぼのメモより:漆黒の夜空、晧々たる満月、流れる雲がかかり、一部がうすく白くなる。下界から天空へ急速に上昇する天空城。やがて雲海をわって、城は夜風に乗り、堂々と滑っていく。はるか下では地面がとぎれ、城は暗い海の上を羽ばたいていく。)

すぎやまこういち先生は、思ったとおり、とてもダンディでおちゃめな方でした。舞台の袖からさっそうと登場されたとき、会場はアイドルを迎えたような拍手でした。タクトを手にすれば無敵の先生ですが、マイクを握ると親しみやすい笑顔でお話してくださいました。DQ5のシナリオが家族の絆を描いていることに触れ、「日本中の子どもたちにDQ5で遊んでほしい」とおっしゃったとき、拍手したかったです。舞台の登場で片手を高く上げて、オーケストラを讃えて両手で、どんなポーズも粋に決めていらっしゃいました。

「王宮のトランペット」の話をしてもいいですか?コンサートの曲目は、最初DQMで使われた作品が3つ続いたので(テリ―もキャラバンハートも懐かしかったです)、この、大好きな曲はそのあと、実質的にDQ5作品の最初にきました。すぎやま先生によると、”ピッコロトランペット”という小さなトランペットを使用してバロックの雰囲気を出されたとか。気分はもう、グランバニア城の中でした。とんぼはこの曲を、CDなどでしょっちゅう聞いています。が、なんと新鮮だったことか。トランペットとバイオリンがメロディを受け渡していくのが快かったです。(とんぼのメモより:真っ青な天空の下、今日も城はにぎやかだった。人々が訪れ、生き生きと働いている。”ごきげんよう”、”今日のご予定は”、”お聞き下さいまし”…いろいろなことが起きる。が、いつも変わらぬ勇気をもって歩き続けよう。階段を上れば、城のてっぺんに出る。遠くに海がきらめいている。友は今ごろ、なにをしているだろうか。)

ちょこちょこ出てくるとんぼのメモ、というのは、コンサートが終わった後、なんだか興奮してしまって、すわってメモ帳に感想を書き付けたときのものです。悔しいことに、クラシック音楽の知識がないので、楽器や奏法の名前がわかりませんでした。それで、とんぼにできる範囲で、その曲を聴いたときのイメージを書き留めたものです。「大海原」や「地平の彼方」は、イメージを呼び起こす力が実に強くて、すわったまま心だけが飛んでいくような気分を味わいました。ドラクエのフィールドの音楽はどれも好きですが、5のは特別です。涙がにじんできました。

第一部の最後が、戦闘の音楽でした。少なくともすぎやま先生は、そうおっしゃたんです。チャチャチャチャ、チャチャチャチャ、チャチャチャチャ、チャチャチャチャ、と小刻みにあがっていくアレがはじまって、いっしょに盛り上がっていました。で、まるで主人公の哀れみをあらわすようなゆっくりした部分になって…それからいきなり、私は塔の上にいました!目の前には500年の眠りからさめた巨大な怪獣ブオーンが。(冗談じゃない、セーブとってないよ!)

もちろんCDでも一般の戦闘音楽(戦火を交えて)の直後に中ボス戦(不死身の敵に挑む)が来るので、こうなるのはわかっていてもいいはずだったんですが、本当にふいをつかれた気分でした。「まじで手に汗を握っちゃった」ハンカチでふきふき、隣にいた友人が言ったものです。

長々とすいません。もちろん見所/聞き所はほかにもたくさんありました。アンコールが競馬のファンファーレで(すぎやま先生って、多才な方です)、会場内のお父さんたちが大笑いしていたりとかね。が、とんぼは会場内で、膝の上にスライムのぬいぐるみを乗せている人を見つけてしまいました。とたんにうらやましくなりました。この次コンサートに行くときは、そのときのテーマになるシリーズの主人公のお人形を絶対連れて行くつもりです。

この感想、全部入るのか?字数制限は…

興奮のし過ぎで意味不明だしポエムまがいが混じって冷や汗ものですが、とんぼにとって当時の興奮を思い出すよすがです。これを書いたころは2021年までサイトをやっているとは思ってもみませんでした。このサイトはとんぼにとって、言ってみれば世界をのぞき見る穴で、その穴を窓にまで広げてくれたのはドラクエで、窓の向こうで笑顔をくれた方の一人が、すぎやまこういち先生でした。ありがとうございました。心からご冥福をお祈りいたします。