ペルポイの癒しの歌

DQ2の都市の中でも、ペルポイは非常に特徴のある町です。町全体が地下にもぐっているのですから。町の中には盗賊ラゴスや歌姫アンナといったキャラが住んでいるという設定になっていました。

 とんぼはSFCが最初だったためアンナには会ったことがありません。ちょっと調べたところ、DQIIの初売りは1987年だったそうです。今(2009年)から22年前ということになりますね。アンナと言うキャラをどう解釈していいかわからなかったので長いことペルポイには手をつけていませんでした。

 が、今年のたしか春ごろ、ペルポイって謎だよね、という話を掲示板でしていました。なんで住人が
1)全員(焚火のそばの男を除く)
2)突然
3)地下にもぐってしまったのか?
というミステリーです。そのことを考えていたらおもしろくなったのと、もうひとつ、アンナがいないなら「アンナがいない」という話を書こうと思いまして、この「ペルポイの癒しの歌」を準備させていただきました。

 前置きの最後に、注意をひとつ。各話のサブタイトルは各話の内容と全然関係がありません。(サブタイトルはファミコン版DQ2の挿入歌「ラブソング探して」の歌詞〈三浦徳子〉からの引用です。)またこのお話はフィクションです。いろんな意味で信じてはいけません(笑)。